サトイモの収益を寄付しました

12月9日(月)、3年生がふれあいフェスタで販売したサトイモの収益を義援金として亀山市社会福祉協議会へ手渡ししました。

義援金は社会福祉協議会を通じて、台風19号の被災地へと届けられます。

このサトイモは3年生が総合的な学習の時間に地域の方々の協力を得て育てたもので、先日のふれあいフェスタで参加されたみなさんに販売していました。

社会福祉協議会の会長さんからは「心のこもった義援金と気持ちを確実に届けます。ありがとう。」というあいさつをもらいました。

最後に、子どもたちから、社会福祉協議会のみなさんに届けていただくように「よろしくお願いします」、サトイモ作りをお手伝いいただいた地域の方に「ありがとうございました」とあいさつしました。

かんこ踊り

かんこ踊り保存会の方々のご協力で、かんこ踊りの勉強をしました。

伝統ある踊りと大きな太鼓に興味津津でした!

太鼓やほら貝を鳴らさせてもらい、貴重な体験をしました。

 

 

七輪体験!

1月31日に昔の道具の体験として、七輪でさつま芋を焼きました。

はじめて七輪を使う子どもたちが多く、火を付けるのにも時間がかかりましたが、

無事にさつま芋を美味しく食べることができました。

この貴重な経験を通して、大きく成長してくれたと思います。

 

【3・4年】 人権集会

1月30日に内の広場で、人権集会を行いました。

サイコロを振り、止まったお題に対して答えるすごろくトークをしました。

グループに分かれて、自分の考えや気持ちを伝えあったり、聞いたりしました。

うなずきながら話を聞くことで、気持ち良く会話ができることを知りました。

 

 

「お茶摘み」「製茶」を体験しました。

10月5日にお茶摘み体験、製茶体験をしました。

地域の方の茶畑で一心三葉になっている葉を一生懸命見極めて摘むことができていたと思います。

学校に戻ってから摘んだ茶葉をレンジを用いて乾燥させ製茶体験をしました。

どんな味になるのか・・・飲むのが待ち遠しい子どもたちの様子がみられました。

体験を通じて、子どもたちは大きく成長してくれています。