3学期始業式

1月8日(水)、3学期の始業式を行いました。

校長先生からは、目標を持つことの大切さについてのお話がありました。

①目標は、自分のため・人のためになること

②焦らず、力がつくまで、こつこつと続けること

③いやになったり、なげだしたくなったりしたら、周りが励まし助けてあげること

この3つが目標を実現するためのポイントです。

また、お子さんの目標を聞いてあげてください。

生活指導の先生からは、SNSなどインターネットとの上手な付き合い方についての話がありました。

 

2020年もよろしくお願いします。

2学期終業式

77日間(授業日)の2学期を終えて、終業式を行いました。

たくさんの表彰を披露し、みんなで それぞれの頑張りを喜び合った後、

校長先生から、2学期のたくさんの頑張りは、なかま、おうちの方、地域の方、たくさんの人の支えがあったおかげだということ、

頑張った手ごたえは、自分をよくしようとする覚悟をもち、ちょっとだけいつも以上に努力して得られるというお話をしていただきました。

生活指導の先生からは、冬休みを安全に、心を温かく過ごすためにすること、守ることについてのお話がありました。

冬休みが楽しみと言う子、友だちに会えなくてさみしいと言っている子、いろいろな気持ちの子どもたち。どの子にとっても、ちょっとだけいつも以上に努力する気持ちを大切に。そして、努力したことによって自信をもち、それがさまざまな活動の意欲につながるように。そんな経験ができる有意義な冬休みになってほしいと思います。

 

 

 

1年生 人権集会

12月16日 一年生で人権集会を行いました。

仲間集めゲームをしてから、同じグループの友だちと、好きな遊ぶや好きな色、将来の夢などを話しました。

クラスのちがう友だちと始めて話をしたり、好きな食べ物が同じで喜んだりしていました。

これからもたくさんの友だちを作り、話したり遊んだりしていきます。

6年生 薬物乱用防止教室

薬剤師の方から、「薬の正しいのみ方」「アルコールについて」「タバコについて」「薬物乱用の危険について」のお話を聞きました。

子どもたちのふりかえりには、「アルコールには、記憶力や成長に害があることを知りました。20才を過ぎて、お酒をのむことがあっても、一気飲みなどは断ろうと思いました。」「たばこをすい続けると体を老化させ、やめるのが難しいということは知りませんでした。家族にも伝えたいです。」「薬物を使わなくても、生活に喜びを見つけていきたい。」などが書かれ、考えを深める姿が見られました。

今日の学びを生活につなげ、生かしていきたいと思います。

 

サトイモの収益を寄付しました

12月9日(月)、3年生がふれあいフェスタで販売したサトイモの収益を義援金として亀山市社会福祉協議会へ手渡ししました。

義援金は社会福祉協議会を通じて、台風19号の被災地へと届けられます。

このサトイモは3年生が総合的な学習の時間に地域の方々の協力を得て育てたもので、先日のふれあいフェスタで参加されたみなさんに販売していました。

社会福祉協議会の会長さんからは「心のこもった義援金と気持ちを確実に届けます。ありがとう。」というあいさつをもらいました。

最後に、子どもたちから、社会福祉協議会のみなさんに届けていただくように「よろしくお願いします」、サトイモ作りをお手伝いいただいた地域の方に「ありがとうございました」とあいさつしました。