野登り和紙づくりに取りかかりました

11月11日、5,6年生が、蒸したミツマタの枝の皮から白皮を取り出す作業を行いました。朝からPTA役員さんや地域の方が準備をして、午後からは学校運営協議会やまちづくり協議会からも協力をいただき、皮剥ぎの作業に取りかかりました。初めての作業で根気のいる仕事でしたが、子どもたちは「おもしろい」と言いながら、最後まで集中して取り組んでいました。野登に群生するミツマタにじかに触れながら、今後、木から紙をつくる工程を学んでいきます。

音楽会がありました

11月7日、亀山市小中音楽会があり、4・5・6年生が出場しました。「翼をください」の合唱と「アラジン・メドレー」の合奏を披露しました。出番前はとても緊張していましたが、本番になるとどの子も集中してすばらしい演奏ができました。かなりむずかしい曲でしたが、休み時間に一生懸命に練習する姿も見られ、見事な発表をすることができました。たくさんの方に拍手をもらって、子どもたちもうれしそうでした。

1年生が縄ないを体験しました

11月6日、1年生が地域の方から縄ないの仕方を学びました。最初はむずかしそうにしていましたが、6人の縄ない師匠からていねいに教えていただき、自分からできるようになりました。子どもたちは、わらがだんだん縄になっていく過程を楽しんでいました。

ふれあい集会がありました

11月2日、ふれあい集会があり、地域から約30名の講師の先生方に来ていただきました。「お茶のお菓子」「組みひも」「工作」「ペーパーアート」「ネイチャーゲーム」「ニュースポーツ」「かんこ踊り」「昔あそび」「紙すき」の9つのブースに分かれ、それぞれの活動を楽しみました。子どもたちは初めての創作やゲーム等でも、集中して活動に取り組み、充実した時間を過ごしました。

ふれあい集会の後、体育館で行われていた敬老会に参加し、歌や合奏を披露しました。たくさんの方に観ていただき、緊張しながらも見事な発表をすることができました。観ていただいていた地域の方からも温かい拍手をいただきました。

また、職員室前で開催中の二人展にも、たくさんの方々が鑑賞に訪れていました。

ハロウィンといきいき集会を楽しみました

10月31日、昼休みにハロウィンを楽しみました。給食の時に、子どもたちは仮装した教員からお菓子をもらえるキーワードを教えてもらい、その後、校長室で英語で名前を答えるなどして、ハロウィンの気分を味わいました。楽しくで英語に親しむことができました。

5限目はいきいき集会でした。任命式もあり、前期から後期の児童会役員へ引き継がれました。前期の児童会役員は、これまでを振り返って全校児童にがんばったことや、成長したことを語りました。また、1年生や2年生の学習発表もありました。1~3年生は、「世界が一つになるまで」を美しい歌声を響かせていました。温かい集会でした。

 

二人展を開催します

11月1日(金)~7日(木)、野登小学校の職員室前廊下で、日本画(ミツマタ手漉き和紙画一部)の宮﨑観峰先生と、ミツマタ手漉き和紙アートの星合恒先生の作品を展示します。

野登小学校では、地元に自生しているミツマタを活かして和紙づくりを行い、卒業証書を作る予定です。今回の二人展も、「ミツマタ」にゆかりのある作品を展示していただきました。子どもたちも迫力のある作品に「すご~い」と感心して見入っていました。

上記の期間は、8時30分~17時に観覧できます。職員玄関からお入り下さい。なお11月2日(土)は敬老会と並行して開催していますが、3日と4日は休日ですので観覧できません。ご了承下さい。

 

教育懇談会がありました

10月29日、参観と教育懇談会がありました。久しぶりの参観に、子どもたちははりきっていました。教育懇談会には40人ほどの参加者があり、高田短期大学の岩間先生が、「わが子が自分の夢を実現させるために ~やる気スイッチを入れるための家庭での役割~」という演題で講演をされました。やる気スイッチを入れるためには、「受け止める」「目標の設定」「家族としての役割」「3つ(叱る・ほめる・観察する)の意思表示」が必要というお話を聞きました。その後、各学年に分かれて分散会を行い、子どもたちの生活やしつけについて交流しました。

1・2年生が校外学習にでかけました

10月24日あいにくの雨となりましたが、池山公民館で、地域の方など5名の講師さんのご協力の下で自然教室を行いました。どんぐりや松ぼっくりなどの木の実や枝などを使って工作をしたり、丸太をのこぎりで切ったりしました。あっという間に時間がたち、「もっとやりたかった」という子どもたちの声がたくさん聞かれました。作品は児童玄関に展示してありますのでまたご覧ください。お世話になった方々、ありがとうございました。

 

 

防犯教室をしました

10月18日、不審者が校内に侵入したという設定で防犯訓練を行いました。亀山警察署や田中駐在員の協力を得て、実際の場面を想定しての訓練でした。不審者が侵入した時にどのように対応すればいいか、教職員にとっても意義のある訓練になりました。子どもたちは教師の指示にそって静かにすみやかに体育館に避難し、その後の「いかのおすし」等の講話を静かに聞くことができました。さまざまな災害に備えて、自分の身を自分で守れるようになるために今日のような訓練を重ねていきます。

 

こわかった、お化け屋敷

東映太秦映画村に行ってきました!

勇気を出して、お化け屋敷に行った子どもたちは、出てきた時に、声をそろえて「こわかった〜!!」と口をそろえて言っていました。

ほかにも、アトラクションや買い物をするなど、それぞれが自由時間を存分に楽しむことができました。