1学期の終業式がありました

7月19日、終業式がありました。学校長からは「チャレンジ」「会話」「お手つだい」の夏休み3つのススメについて話がありました。生徒指導担当からは、4つの車に乗らないために、自分の身を守ることの大切さについて話がありました。子どもたちからは、夏休みの8つの約束や1学期にがんばったことの発表がありました。最後に2年生からスイミーワールド、6年生から「キセキ」の合奏の学習発表があり、1学期をみごとに締めくくりました。明日からの夏休みを充実したものにしてほしいと思います。

 

高学年でプール集会をしました

今年は、全校でのプール集会ではなく、1~2年生、3~4年生、5~6年生で行うことになりました。今日、5~6年生では、25mの水泳リレーと、じゃんけん列車をして、残り時間自由遊びを楽しみました。じゃんけん列車では、そうたさんとあいなさんが先頭になりました。児童会が司会進行をし、スムーズにすることができました。

交通安全教室を行いました

7月2日、野登駐在さんや地域の見守り隊の方のご協力を得ながら、交通安全教室を行いました。低学年・中学年・高学年に分かれ、実際に学校前の横断歩道や信号を使って、正しい歩き方を学びました。横断歩道の1メートル手前で待つことや渡る前の左右確認、手を挙げることなど、自分の身は自分で守るための大事なルールをしっかり教えていただきました。

 

和文化を体験しました

6月27日、6年生が「十二単と束帯の歴史と着付け体験」を行いました。平安時代の貴族の暮らしを学びながら、実際に十二単と束帯を身にまとってみました。本物に限りなく近い平安時代の衣装を身につけて、子どもたちは緊張しながらもうれしそうでした。実際に体験したことで平安時代への関心が高まったようで、講師の先生にたくさんの質問をしていました。

たてわり班活動をしました

6月27日、全校がたてわり班に分かれて、集団遊びをしました。この日は、「フルーツバスケット」や「じゃんけん列車」を、英語を使ってゲームをしました。6年生を中心に、みんながたてわり班の交流を楽しんでいました。

赤ちゃんを抱っこしました

6/25、実際の乳児に触れながら、5年生が出産や新生児のことについて学びました。全員が生後3か月の赤ちゃんを抱いて、その重みや表情を感じ取りました。最初はこわごわだった子どもたちも「かわいい」「もう一回抱っこしたい」と、まだ生まれて間がない乳児に、興味津々でした。

 

川の生き物調べをしました

6月21日、校区を流れる安楽川に入って、生き物を捕まえ観察しました。「亀山の自然環境を愛する会」から2名の方を迎え、生き物の捕まえ方や生き物の名前などを教えていただきました。ヨシノボリやヌマエビ、糸トンボのヤゴなど、たくさんの生き物を捕まえました。

プール水泳が始まりました

6月18日、気温と水温が上昇し、3年生以上がプールに入りました。まだ冷たさの残るプールで、はじめは固まっていましたが、次第に身体も水に慣れ、伏し浮きやバタ足の練習をしました。まだまだ梅雨時で入れない日もあると思いますが、水泳のできる日を心待ちにしながら、泳力を伸ばしていきたいと思います。

避難訓練をしました

6月17日、地震から火事が発生したという想定で、避難訓練を実施しました。子どもたちは緊急地震速報を聞いて、机の下に潜り、静かに次の指示を待っていました。その後の運動場への避難も冷静に行動し、すみやかに集合することができました。このような訓練の場を大切にし、自分の身を自分で守る方法を学んでほしいと思います。

5年生が宿泊研修に行ってきました。

6/13(木)、14(金)の二日間、5年生が鈴鹿青少年研修センターに宿泊研修に行ってきました。旭化成鈴鹿製造所での工場見学、野外炊飯、キャンプファイヤー、創作活動などたくさんの活動を行いました。これらの体験を通して、新しいことを学んだり、友だちとの協力の大切さを感じたりして、子どもたちにとって大変実りある宿泊研修にすることができたと思います。

また今回は、亀山南小学校との交流があったことで、活動の端々で南小の友だちと楽しく触れ合い、笑顔あふれる子どもたちの様子が見られました。