運動会の練習に熱が入ります

運動会まであと一週間となりました。暑い日が続いていましたが、ようやく秋らしい天候になり、練習にも力を入れて取り組めるようになりました。子どもたちは大きな声でかけ声を掛け合ったり、振り付けや立ち位置を確認したりして、最後の仕上げに熱が入ります。当日が楽しみです。たくさんの方に見ていただけたらと思います。

「クリーンデイ」に校舎周りをきれいにしました

9月18日、下校集会の時に全校でゴミ拾いをしました。すみずみまでゴミを拾ったところ、ゴミ袋いっぱいのゴミが集まりました。お菓子の袋やペットボトル、吸い殻等、なかなかゴミゼロにはなりません。最後に6年生が「ゴミをへらそう」と呼びかけました。

また、環境ボランティアの西村さんが校庭の木々をきれいに剪定して下さいました。シルバーさんにも草刈りをしていただき、校舎周りがすっきりしました。7日には奉仕作業で校舎内や体育館をきれいにしていただき、運動会を前に、学校が見違えるように美しくなりました。

 

5年生が稲刈りをしました

9月9日、厳しい暑さの中、5年生が稲刈りをしました。よく実った稲を鎌で一束ずつ刈っていきました。地域の森川さんに今年もお世話になり、一面の田んぼがきれいに刈り取られました。11月にはおにぎりにして新米をいただく予定です。

運動会の練習が始まっています

9月28日の運動会に向けて、ダンスの練習が始まりました。先生の指導をしっかり聞いて、すでに振り付けを覚えた子どもたちも多い様子です。音楽に合わせて楽しみながら踊っています。「家でも踊っているよ」とうれしそうに話している子もいました。

避難訓練がありました

9月4日、地震を想定した避難訓練を行いました。一人一人が「おさない」「はしらない」「しゃべらない」の約束を守って、真剣に訓練に取り組むことができました。いざという時に、自分の身は自分で守れるよう備えてほしいと思います。

さわやかあいさつ運動がありました

9月3日、児童の登校時に、野登地区の自治会長やまち協役員の方々が、校門前でさわやかあいさつ運動を実施しました。地域の方からの「おはようございます」の声に、子どもたちは元気よくあいさつを返していました。校内でも児童会があいさつ運動を実施しています。これからもさわやかなあいさつが交わされるといいですね。

2学期が始まりました

9月2日、2学期の始業式が行われました。元気な子どもたちの姿が久しぶりに体育館に戻ってきました。始業式では、学校長より夏休み前の「3つのすすめ」のふりかえりがあり、それぞれに夏休みを思い出していました。夏休みに活躍した野球チームや子ども会の表彰もあり、みんなから温かい拍手を送られていました。夏休みの経験を2学期からの生活に活かしてほしいと思います。

平和について学習しました

8月6日、低学年、中学年、高学年に分かれて平和学習をしました。低学年では、「地雷のない世界へ」「カンボジアの地雷」の本を読み聞かせ、探知犬等の話を通して平和について考えました。中学年では、「真っ黒なおべんとう」の絵本を読み聞かせ、8月6日の広島の惨状について、映像を通して子どもたちに伝えました。高学年では、野登地区の方から、戦争体験について直接お話をうかがいました。実際に体験した方のお話を聞く機会が減りつつある中で、貴重な体験話を聞かせていただくことができました。子どもたちはそれぞれに戦争の悲惨さを学び、平和のありがたさを実感した様子でした。

 

交通安全の看板を作りました

8月5日、通学路の安全を促す看板づくりを、ののぼりくらぶ(放課後子ども教室)の活動として行いました。8名の子どもたちが参加し、ペンキで字をなぞったり、ペンで思い思いの絵を描いたりして看板を完成させました。子どもたちの描いた絵や言葉が、車を運転する人たちへの注意喚起になればと願います。