ストーンペインティング、たのしかったよ!

11日(火)は、「環境わごん」の方に来ていただいて、環境(自然)の学習とともに、校区たんけんで拾った石を使って、思い思いにペインティングを体験しました。

スタッフの方々にやさしく教えていただき、楽しい時間を過ごしました。「もっとやりたかったなぁ」「いつ いえにもってかえれるの?」と、家に持ち帰ってお家の方に見せるのを楽しみにしています。

6/14(金) 生活「町たんけん(あんらく) 小林商店さん」に行ってきました。

前日から雨が心配でしたが、幸いなことに雨が降る前に出発でき、帰りは少し雨が降っていましたが、無事、町たんけんに行ってきました。店内を見学させてもらった後、知りたいことをインタビューしました。はじめは、みんな緊張した様子もありましたが、挨拶も大きな声で、丁寧にできました。最後に、楽しみにしていたお買い物。まだ学習していない100の位の計算や筆算も頑張って書いたり、考えたりしていました。

話し方教室がありました

6月7日(金)、山上和美アナウンサーが、子どもたちに話し方教室を行いました。低学年、中学年、高学年に分かれて、発達段階に合わせた授業をしていただきました。相手に伝わる話し方をするには、声の大きさや表情に気を付けることや、みんなの前で緊張せずに話すためのコツなどを教えていただきました。子どもたちは、姿勢よくはきはき話す練習を熱心にしていました。

救急救命法をしました

6月5日(水)、教職員が救急救命法を学びました。

実際に北東分署の消防士から、救急救命法を教えていただき、人形をつかって体験しました。

大人の人形と、子どもの人形の胸骨圧迫の違いや、プールで体がぬれていた場合の対処の方法など、くわしく教えていただきました。

万が一に備え、どう動けばいいのかを再確認できました。

水泳指導が始まりますが、引き続き子どもの命を守るよう努めます。

水墨画進呈式がありました(6月3日)

地元の日本画家の観峰先生が、野登に自生しているみつまたで作った和紙に水墨画をかいてくださいました。この和紙は、昨年度の宮﨑PTA会長が手本として作ってくださったものです。

校長室で観峰先生と、宮﨑前会長から、児童会会長が水墨画を受け取りました。

児童会会長から感謝の言葉と、みつまたで卒業証書をつくるという決意を述べました。

また、今年度は観峰先生から水墨画を教えていただく予定です。

この進呈式の様子を、朝日新聞・伊勢新聞と、ZTVの「マイタウン亀山」(6月7日~6月14日)でご覧いただけます。

 

いきいき集会がありました

5月31日(金)、いきいき集会がありました。6・7月の児童会目標「雨の日の過ごし方を考えよう」「暑さ対策をしよう」の守り方を、各学年の代表が発表しました。委員会からの発表もありました。そして4年生と3年生が学習発表をしました。4年生はごみについて学習したこと、3年生は地図記号について、大きな声で工夫しながら発表しました。学習したことをまとめて、表現する場として良い機会でした。子どもたちは興味をもって聞いていました。最後に全員でサイコロドッジのゲームをして盛り上がりました。

2年生が、生活「町たんけん(へんぼうじちく)」に行ってきました!

5月27日(月)、暑い日になりましたが、約1時間かけて、「穴虫の郷」までみんなで頑張って歩きました。道中では、田んぼや畑のお仕事をしている方に質問したり、目的地「穴虫の郷」では、穴虫の郷を管理されている、かさいさんから穴虫の郷について、いろいろ教えていただいたりしました。

第1回のクラブ活動がありました

5月23日(木)、地域の方を講師に迎え、4~6年生がクラブ活動に参加しました。今年度は。「将棋」を新たに設立し、「手芸・工作」「レクレーションスポーツ」「料理」「パソコン」の5つのクラブが活動しています。子どもたちは、異学年との交流を楽しみながら、それぞれのクラブ活動に熱中していました。

 

2年生が校区探検に行きました

5月24日(金)、2年生が原尾にある千蔵寺まで、まち探検に出かけました。熱中症にならないよう準備を整え、はりきって歩きました。千蔵寺は子どもたちのおすすめポイントの一つです。千蔵寺では、樹齢100年を超えるような大木が2本有り、子どもたちは見上げながら探検ボードに観察したことを書き込んでいました。来週以降には、小林商店や穴虫の郷に出かけます。