避難訓練を行いました

3月11日(月)、児童には予告をせずに、昼休みに抜き打ちの避難訓練を行いました。突然の緊急放送でしたが、子どもたちは身体を丸め、机の下等に潜り込むなどして落ち着いて行動していました。その後体育館に全員が集まり、東日本大震災の被害や復興の様子、今後起こりうる大地震への備えの大切さについて、学校長より話を聞きました。最後に全員で1分間の黙とうを捧げ亡くなった方への弔意を表しました。

感謝に包まれた6年生を送る会

3月1日(金)、6年生を送る会がありました。多数の保護者や地域の方も参観し、各学年の出し物等を観ていただきました。1、2年生はすばらしい演技力で「かさこじぞう」の劇をしました。3年生の劇は、笑いいっぱいの「ももたろう」でした。4年生は、「チキチキバンバン」の演奏を、美しい音色で聴かせてくれました。5年生は、6年生にアンケートをとり、修学旅行等の思い出をリアルな劇にしました。6年生からは、一人ひとりの特技を動画にした「6tube」で会場を沸かせました。地域の佐藤様と市川様からも、「野登りエール」とサックス演奏「栄光への架け橋」のプレゼントがありました。6年生から5年生の引き継ぎ式では、それぞれから力強い決意や感謝の思いが 語られました。先生の出し物や「USA」の全校ダンスのサプライズもあり、体育館全体にあたたかい空気が流れていました。

小中連携講座がありました

2月22日(金)、中部中学校から2人の先生が来校し、6年生に中学校の説明と英語の授業をしました。6年生は、中学校の英語の先生の問いかけに、元気よく反応していました。4月から始まる中学校生活に、期待が膨らみました。

 

ルンビニ園のお茶会に招待されました

2月21日(木)、ルンビニ園でお茶会があり、6年生が招待されました。入学前にお世話になった保育士さんに会えた6年生もいて、成長を喜んでもらえました。園児が運んでくれたお茶やお茶菓子を、6年生はやや緊張した面持ちでいただきました。おだやかで落ち着いた時間を過ごすことができました。

白川小学校と交流しました

2月20日(水)、6年生が白川小学校の6年生と英語の交流をしました。今年度2回目の交流で、子どもたちも前より打ち解けた様子で、英語のゲームや会話を楽しみました。今回は、修学旅行の楽しかったことを英語で紹介し合いました。それぞれの思い出を興味をもって聞いていました。

 

ろうけつ染めの展示について

12月に行ったろうけつ染めを、コミュニティにて展示しました。

展示期間は、2月20日(水)から2月27日(水)までです。

また、ろうけつ染めは卒業式にも展示します。

ぜひ、ご覧ください。

なわとび集会がありました

2月7日(木)、好天に恵まれ、なわとび集会が行われました。今日の日をめざして、各たて割り班で練習を重ねてきました。本番では、どの班も大きな声を掛け合いながら、協力して一生懸命に跳んでいました。一人ひとりも跳ぶ時間を長くしたり、速く走れるようになったりして、記録を伸ばしていました。なわとび集会を通して、またそれぞれに成長した姿が見られました。

 

薬物乱用防止教室が開かれました

2月7日(木)、5・6年生を対象に、小坂薬剤師さんから、たばこや薬物の恐ろしさについて授業をしていただきました。身体への影響等についてわかりやすく教えていただき、子どもたちは薬物の害を強く印象付けた様子でした。

「野登の子どもをはぐくむ会」が行われました

2月5日(火)、野登コミュニティで、今年度2回目のはぐくむ会がありました。地域や保護者、教職員が30名ほど集まり、子どもたちの様子や学校評価について話し合いました。スマホの使い方やあいさつ等、地域全体で見守っていく課題も出され、野登地区の強いつながりを感じました。

3年生が茶もみ体験をしました

2月4日、市川大楽園の市川さんから、お茶もみの仕方や美味しいお茶の入れ方を教わりました。3年生は、柔らかなお茶の葉の手触りを楽しみながら、お茶のいい香りに包まれ、気持ちよさそうでした。また、教えていただいたとおりに自分たちでお茶を入れ、いつもと違う香りや味を楽しんでいました。野登にはお茶製造に関わってみえる方が多く、地域の産業を学ぶ大事な機会のひとつです。