側面は四角形!底面は多角形!!でも・・・~5年算数科「立体をくわしく調べよう」~

今日、5年4組で、「立体をくわしく調べよう」の単元で、角柱の性質について学習をしていました。底面と側面の定義について、納得いくまで話し合っているのがトテモステキでした。誰かが正解らしきことを言って進むのではなく、友だちの意見に対してさらに意見を言ったり、ペアやグループで意見を出し合ったりしながら、皆がスッキリ納得がいくまで話し合っていました。まさしく授業での仲間づくり&主体的で対話的な学びでした。トテモ(・∀・)イイネ!!(2/26)

笑顔いっぱいの思い出づくりできたらいいなあ(#^.^#)~6年生の教室~

卒業式まで土日を入れてもあと20日あまりとなりました。今日は6年生の教室をまわらせてもらいました。私がレンズを向けるとハニカミながらも笑顔で答えてくれる子どもたちでした。1組が発熱やインフルエンザによる学級閉鎖になり心配ですが、残された日々を笑顔いっぱいの思い出づくりの日々にできたらいいですね!ちなみに、メール配信させていただいたように、今週末に予定していた「6年生を送る会」は、来週3/5(木)1~3限に延期となりました。例年通り参観をご希望の方は2回ギャラリーまでお越しください。”(-“”-)”(2/25)

たくさんのご来校&ご参観ありがとうございました~2/21(金)授業参観・学級懇談会・PTA学年集会~

21日(金)は、今学期最後の授業参観・学級懇談会・PTA学年集会に多数ご参加いただきありがとうございました。インフルエンザの影響で延期になっていた4年1組の1/2成人式や1年昔遊びなども開催しました。また、各学級でも色々な授業を参観いただきました。続いての学級懇談会やPTA学年集会でも熱心な話し合いをしていただきありがとうございました。感謝”(-“”-)”(2/24)

What do you want ? ~4年外国語活動で発展学習(^^)/~

「Hello!!」「What do you like ? 」「What do you want ? 」・・・(*^-^*)4年生の外国語活動の発展学習として、休み時間に子どもたちが職員室や校長室にインタビューに来ています。子どもたちのドキドキワクワクが伝わってきてすごく可愛いです。トテモ(・∀・)イイネ!!(2/24)

黒田さんステキでした!(^^)/~3年総合UD(ユニバーサルデザイン)出前授業~

昨日20日(木)、3年生の総合で、UD(ユニバーサルデザイン)出前授業がありました。来ていただいたのは鈴鹿市を拠点に活動してみえるボランティア団体「ハートフル・アクセス」の方々です。「ハートフル・アクセス」は、高齢者も若者も、障がいのある人もない人も、すべての人の人権が尊重され、皆が安全で快適に暮らせるハートフルでユニバーサルなまちづくりを「協働」で目指すことを目的に、今から18年前につくられました。心のバリアフリーを目指す様々な活動をされており、学校へは、子どもたちに貴重な体験や「やさしさの気づき」などを語っていただいています。本校にも10年ほど前から3年生の出前授業に毎年のように来ていただいており、今年度は、秋の車いすやアイマスクなどのバリやフリー体験に続いての出前授業で、子どもたちはとても楽しみにしていました。
まず、井上さんからまちのバリアフリーについてのお話を聞き、次に視覚障がいがある黒田さんのお話を聞きました。黒田さんは、大人になってから病気で視力を失われましたが、サウンドテーブルテニスで去年の国体で優勝するなど、アクティブに活動されています。今は、三重県で開発された「SSピンポン」の普及にも努められています。SSピンポンは、サウンドテーブルテニスを改良して作られた新しいスポーツで、健常者と視覚障がい者が共に楽しめるユニバーサルスポーツとして注目されています。三重とこわか国体ではデモンストレーション競技として披露される予定です。また、黒田さんは、4月8日(水)に、東京オリンピックの聖火ランナーとして鈴鹿市内を走ることも予定されています。そんな黒田さんはトテモステキでした。SSピンポンに、クラス代表の人が挑戦し、黒田さんと対戦しました。代表の人が黒田さんに質問して、最後に合唱曲「心のパレット」を歌いました。子どもたちはとても前向きにユニバーサルデザインをとらえ、障がいを持った人もそうでない人も一緒に暮らしやすくするためにできることを一生懸命考えていました。トテモ(・∀・)イイネ!!(2/21)

また来年(^^)/放課後のお楽しみ(#^.^#)~放課後子ども教室「井田っ子スマイル」文化講座~

17日(月)、本年度最後の「井田っ子スマイル」文化講座が開催されました。子どもたちは自分の希望した講座を笑顔いっぱい楽しんでいました。トテモ(・∀・)イイネ!! 井田川小の放課後子ども教室は8年前に、松上博則教育協議会会長のもと、楳谷コーディネータを中心に始まりました。文化講座と学習教室が年間通して開かれ、子どもたちの居場所づくりはもとより、学力向上にもご支援いただいています。感謝感謝感謝です。”(-“”-)”楳谷コーディネーターより、ボランティアスタッフの求人情報も頂いていますので、もしご協力いただける方がありましたら、校長か教頭までお声がけください。(2/20)

どの本になるかな???~井田っ子絵本賞~

今、図書委員会で「井田っ子絵本賞」の取組を進めています。井田っ子絵本大賞は、9冊のおすすめ絵本の中から、子どもたちの投票によって、絵本賞を選びます。
どんな本かなど詳しくは、教室掲示用の「図書館だより1月号」 「図書館だより2月号」を見てください。1/24~2/14には赤塚先生や図書委員会の人が昼休みに読み聞かせの会を開いてくれました。各学級でも担任の先生やボランティアの先生が読み聞かせをしてくださっています。感謝”(-“”-)”トテモ(・∀・)イイネ!!取り組みは2月末までです。果たして絵本賞はどの本になるのでしょうか??楽しみですね!!(#^.^#)(2/20)

 

金曜の放課後にもうひとがんばり(#^.^#)~井田っ子スマイル学習教室~

毎週金曜日の放課後、2~6年の人のうち希望者が、「井田っ子スマイル学習教室」に参加しています。先週は土曜授業で、休日の自由にできる時間が少なく、いつも以上に宿題を学習教室で終わらせ、安心して週末を過ごせたようです。多くの子はまず宿題をします。分からないところや間違えているところは、優しくていねいに教えていただいています。また、担任の先生も時々覗いて、ボランティアの先生に子どもの苦手なとこを伝えたりもしています。早く終わったら、自主学習や自分が持ってきた問題にもチャレンジしています。また、ボランティアの先生との交流もあります。ボランティアの先生方に感謝”(-“”-)”がんばっている子どもたちにトテモ(・∀・)イイネ!!(2/18)