お別れ遠足に行ってきました。

順延の順延で、やっと実施できたお別れ遠足。曇り空でしたが風がなく穏やかな日で、楽しいひと時を過ごしました。まずは、みずほ台にある公園に出かけ、広い広場で遊びました。遊具やドッジボール、氷鬼などで遊んだ後、すみれ組さん対さくら組ばら組で鬼ごっこをしました。すみれ組さんをみんなで捕まえたり、すみれ組さんがみんなを捕まえたり、先生たちも交じって、それはそれは楽しい鬼ごっこでした。

その後、動物公園に場所を移してお弁当をいただきました。戸外で食べるお弁当は格別。満足そうにお弁当を頬張るみんなの顔が印象的でした。すみれ組さんと過ごすのも、残りわずかとなりました。今日のお別れ遠足が、楽しい思い出としてみんなの心の中に残りますように…。

 

ひなまつり

3月3日、ひなまつり会を楽しみました。ひなまつりにちなんだパネルシアターを見たり、歌を歌ったりした後、先生たちが扮する、お内裏様やお雛さま、三人官女が登場し、クイズを楽しみました。ふれあいデーで来園された未就園のお友達も一緒に楽しいひと時を過ごしました。

豆まきしたよ~

今年は124年ぶりに、2月3日が立春ということで、前日である本日2月2日に、幼稚園でも節分の子ども会を楽しみました。豆まきの歌を歌ったり、鬼のパンツのダンスをしたり、パネルシアターを見たりしました。

その後みんなで豆まきを楽しみました。ふれあいデーに参加してくれたお友達は、遊戯室の青鬼さんにめがけて、お家の人と一緒に豆をまきました。幼稚園のお友達は、園庭の赤鬼さんにめがけて豆まきをしました。「おには~そと!ふくは~うち!」の声に誘われて、突然、本物の赤鬼さんと青鬼さんが現れびっくり!!ちょっと怖かったけど、負けずにみんなで力いっぱい豆をまきましたよ。最後は桃太郎さんが来て、鬼を退治してくれました。降参した鬼さんは、すっかり優しくなり、一緒に記念撮影をしてくれました。青鬼さんは鬼のパンツの下に、可愛いイチゴのパンツを履いている、おちゃめな鬼さんでしたよ。心の中の鬼さんも追い出せたかな?本日、お面と升を持ち帰りますので、ご家庭でもぜひ豆まきを楽しんでくださいね。様々な邪気を払い、暖かい幸せな春を迎え入れましょう。

あけまして おめでとうございます。

いよいよ、今日から三学期のスタートです。始業式では「あけましておめでとうございます」と新年の挨拶をしたり、園歌を歌ったり、園長先生のお話を聞いたりしました。

卒園や進級に期待をもち、自信をもって過ごせますように、そして寒さに負けず、丈夫な体作りに心がけて、元気に過ごせますようにとお約束をしました。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

今朝は厳しい冷え込みでしたね。幼稚園でも水道管や水槽の水、バケツの水などが凍り、近年ではあまり見られない現象に、子どもたちが興味深々で見たり触ったりしていました。三学期初日のひと時、珍しい冬の自然に触れることができました。

 

二学期 終業式

一学期が短かった分、いつもより長かった2学期も今日で終わり、終業式を行いました。二学期にはいろいろな行事や楽しいことがありました。運動会、保育参観、クリスマス会、いろいろなところへ園外散歩にも出かけました。コロナ過で制限されたこともありましたが、その中でもいろいろなことを経験し、子どもたちが心身ともに大きく成長できたことをうれしく思います。

明日から長い冬休みに入ります。冬休みにはクリスマスやお正月など、子どもたちのわくわくするような行事が待っていますね。しかし、新型コロナウイルスの猛威は未だおとろえることなく、身近に迫っています。くれぐれも、手洗い、うがい、マスクの着用を励行し、人混みを避け、不要不急の外出は控えていただき、年末年始を健康にお過ごしください。そして、三学期の始業式で元気な姿で会えるのを楽しみにしています。   良いお年をお迎えください。

手作りおもちゃ ありがとう!!

例年、中部中学校の3年生との交流会があるのですが、今年はコロナ禍で残念ながら交流会は実施できませんでした。しかし、お兄さんお姉さんたちが、交流会に向けて手作りおもちゃを準備していてくれたようです。『せっかくなので、遊んでください』と中学校の先生が、手作りおもちゃを届けてくれました。中学生が作ったとは思えないほど、丁寧にきれいに仕上げてあり、また、子どもたちが喜びそうな色合いやキャラクターで見た目も楽しい感じに装飾されてあり、感心しました。既製品とは違った、温かみのある手作りおもちゃに子どもたちは夢中になり、時間を忘れて遊んでいました。

園外散歩楽しんでます!

ぽかぽか陽気だった先日、園外散歩に出かけました.銀杏並木ではたくさんのイチョウの葉っぱが舞い落ちていました。葉っぱの絨毯の上を歩いたり、葉っぱを集めて舞い散らせてみたりと、思い思いに楽しむ姿が見られましたよ。きれいで色鮮やかな紅葉を楽しみながら歩く散歩は、とても気持ちが良かったです。

その後は歩道橋を使って一号線を渡り井田川駅まで向かいました。歩道橋から下を眺め「トラックや」「あの車!お母さんの車と一緒」「うどん屋さんがみえる」など会話も弾み、いつも通る道路を違った目線から見ることができ新鮮なようでした。

井田川駅近くの旧井田川小学校跡地では、休憩しながら井上先生から、由緒ある場所であること、そこに建立されている像は働きながらも勉学に勤しんだ「二宮金次郎さん」であることなど話を聞き歴史に触れました。

井田川駅ではちょうど亀山行きの列車が到着し、電車や運転手さんの様子を見て「かっこいい」「この電車乗ったことある」などと話していました。また、大きなスーツケースを持ったお客さんが、電車に乗り遅れそうだったのですが、出発しそうになる電車に向かって「ちょっと待ってください」と声をかける優しいお友達もいました。井田川駅を発車する時には、運転手さんが子どもたちに向かって手を振り、警笛を鳴らしてくれました。

 

 

 

 

人形劇観劇「いかりのギョーザ」

人形劇団『どむならん』さんによる人形劇を観劇しました。フライパンがしゃべって動くとても楽しいお話で、会場が子どもたちの笑い声や拍手であふれていました。日常では、なかなか味わえないプロによる人形劇は、その表現力や演出に大人も引き込まれるほどです。子どもたちの心の中にも、きっと楽しい思い出として残ったことでしょう。

消防車と救急車が来園しました。

10月26日に消防署との連携による避難訓練を行いました。署員の方が消防車と救急車に乗って来園すると子どもたちは大喜びでした。避難訓練の様子を見て講評をいただいたり、消防車や救急車の見学をしたり、放水の様子を見たりしました。年長児はホースをもって放水体験もしました。一年に一度の消防署との連携による訓練。貴重な体験をし改めて防災に対する意識が高まりました。

芋ほりしたよ!!

園の畑に植えたサツマイモが収穫時期を迎えたので、年長組さんが代表して芋ほりをしました。大きいのから小さいのまで、また、長いのから丸いのまで、いろいろな形のサツマイモが収穫できました。苗の数が少なかったので、年中組さんと年少組さんは見学でしたが、掘れたサツマイモを見せてもらったり触らせてもらったりして喜ぶ姿が見られました。年長組さんは1個ずつお土産として持ち帰りました。