外部講師による講演や体験活動を進めています!

11月13日の金曜日の夜は「令和2年度 学校保健委員会」兼 第8回学校運営協議会をランチルームにて開催しました。学校保健委員会は「学校における健康に関する課題を研究協議し、健康づくりを推進するための組織である。学校保健委員会は校長、養護教諭・栄養教諭・学校栄養職員などの教職員、学校医、学校歯科医、学校薬剤師、保護者代表、地域代表などを主な委員とし保健主事が中心となって運営」することとされています。本校でも毎年子どもの心身の健康に関する内容で講演等話し合いを進めています。昨年度は「子どもの姿勢」今年度は「コロナ禍における子どもの心」と題して、本校のスクールカウンセラーの市野伸幸(いちののぶゆき)先生にご講演いただきました。毎年11月の第二金曜日に開催しています。

また、今日は昨日に引き続き「多文化共生教育」の一環として、全学年が二日間にわたって、三重県環境生活部ダイバーシティ社会推進課多文化共生班の国際交流員のウィルソン ロッシさんに来ていただき、ブラジルのお話やクイズを学年に応じて話していただきました。

また、6年生は防災学習で三重県の防災センターから起震車体験や液状化現象、防災の心得等について、外部講師を招いて学習を進めました。「防災新聞」感想をまとめるそうです。

第1・第3愛護園の年長さんが来てくれました!

本校では、保幼小連携推進事業の一環として、毎年、校区内の保育園や幼稚園さんと連携し、交流会を行っています。
昨今、子どもたちの姿勢の維持ができないことや弱いことが指摘されています。この事業でも、保育園・幼稚園が小学校1年生と連携して姿勢体操「わくわくたいそう」を考え、みんなで取り組んでいます。今日もみんなでいっしょに体操を楽しみました。また、本日のメインでもある「あきまつり」のお店屋さんごっこで、みんなで楽しみました。最後に、1年生から「英語のペープサート劇」の発表も行いました。

11月19日(木)は亀山幼稚園の年長さんが来てくれます。姿勢体操「わくわくたいそう」

お別れの際に、学校でとれた「アサガオのたね」をプレゼントしました。

スポーツDAY集会 を開催しました

11月11日(水)スポーツDAY集会を開催しました。児童会や各グループの高学年の進行で実施しました。準備や片付けも6年生、5年生、4年生がよく動いて、スポーツDAYを盛り上げてくれました。参観は6年生の保護者のみとさせていただきました。苦渋の選択で、申し訳なかったですが、無事終了することができました。ご理解ご協力ありがとうございました。その様子は、ダイジェスト版となりますが、2学期の個別懇談会の際、待っている間等にご覧いただけるよう準備をしているところです。お子様へ、「どうだった?」「何がよかった?」など家庭での話題にしていただけるといいかと思います。

ピンクシャツデー

ピンクシャツデーキャンペーンは、カナダうまれの「いじめ反対運動」です。実話から誕生しました。

ピンクシャツデーは、ピンクシャツを着たりピンク色のものを身に着けたりすることで「いじめ反対」の意思表示をする日です。

こどもから大人まで誰もが参加することのできる、シンプルなポジティブキャンペーンです。

現在は約180もの国や地域にも広まり、世界的キャンペーンとなっています。

【ピンクシャツデー運動のはじまり】

ピンクシャツデー運動のシンボルがピンクシャツとなった理由、それは、カナダの学生が起こした行動に由来します。

ピンクシャツデーとは、2007年にカナダで誕生した「いじめ反対運動」です。この運動は、「いじめ反対」のメッセージとともに、いじめの問題を個人や当事者間だけの問題ではなく、社会全体の問題と捉え、いじめの定義や、傍観者になることなどを含め、いろいろないじめの問題について考える機会となっています。
**********************************************
舞台はカナダのハイスクールです。ある登校日に9年生の男子生徒(日本では中学3年生)が、ピンク色のシャツを着て登校したことをからかわれ、さらに暴行を受け、耐えきれずに帰宅してしまいました。
それを聞いた12年生(日本では高校3年生)の男子生徒2人が、いじめに反対するために何か行動しようと考えました。

「いじめなんて、もう、うんざりだ!」「アクションを起こそう!」

その日の放課後、2人はディスカウントショップへ行き、ピンクのシャツやタンクトップを大量に買い込み、その夜、クラスメートたちにメール等で、明日、一緒に学校でピンクシャツを着ようと呼びかけました。
翌朝、2人が校門でピンクシャツを配り始めると、思いもよらない光景が目に飛びこんできました。
それは、すでにピンクシャツを着た生徒たちが次々と登校してくる姿でした。ピンクシャツを用意できなかった生徒は、リボンなど、ピンク色の小物を身につけて登校してきました。

ふたりの意思は一夜のうちに広まっていたのです。

2人の気持ちは一夜のうちに広まり、2人が呼びかけた人数よりはるかに多くの生徒たちが、ピンクシャツやピンク色のものを身につけて登校したことで、その日、学校はピンク色に染まったそうです。
数日後、いじめられた生徒はピンク色のポロシャツを再び着て登校してきました。
この行動がきっかけとなり、現在カナダでは毎年2月の最終水曜日を「ピンクシャツデー」とし、賛同者がピンクシャツを着て「いじめ反対」のメッセージを送っています。

いじめに対して、学生たちは言葉や暴力ではなく行動で意思表示をしようと立ち上がったのでした。

カナダの学生たちが起こした行動が地元メディアで取り上げられると、瞬く間にカナダ全土へと広がり、アメリカのトークショーやスペイン最大の新聞でも紹介されるなどして、世界へと広がっていきました。メディアで彼らのことが紹介された翌日には、アメリカ、イギリス、ノルウェー、スイスから彼らの元へ多数の賞賛や感謝を伝えるメールが届いたといい、大きな反響が伺えます。この行動がきっかけとなり、現在、カナダでは毎年2月最終水曜をピンクシャツデ―とし、この日、学校・企業・個人を含めた賛同者がピンクシャツを着て「いじめ反対」のメッセージを送っています。

さて、本校でも、11月の児童会目標に合わせて、児童会が「いじめをなくそう運動」の一つとして、この行動に参加しています。毎週水曜日の朝は、児童会が中心となって「ピンクのビブス」と「自分たちで作った標語入りのピンクのたすき」をつけて、あいさつ運動をしつつ、いじめ反対の気持ちを全校のみんなに伝えています。

三重県でも、三重県いじめ防止条例の施行を受け、いじめの防止等に関する県民の理解を深め、社会総がかりでいじめの問題を克服していくため、同条例に規定するいじめ防止強化月間(4月、11月)に合わせてピンクシャツ運動を実施しています。

学校だよりNo8を配布しました!

本日学校だよりNo8を配布しました。電子版を共有します。

PDF版  R021105 学校だより No8.docx

予定通り到着します。

安濃サービスエリアを出ました。みんな元気です。予定通り、17時30分ごろに到着します。全員で、帰りの会をしてからの解散となります。ご理解ご協力をお願いします。

いま、関ジャンクション通過しました。

 

修学旅行④スペイン村出ました。

予定通りスペイン村を出ました。途中、安濃サービスエリアで、トイレ休憩します。

安濃サービスエリアから、20分ぐらいで、学校に到着します。

今のところ実施計画の行程通りでいけてます。

17時30分到着予定ですが、最終のメール配信は、安濃サービスエリアを出る時に再度連絡します。

修学旅行③

二見の海岸線を散策しつつ、夫婦岩に着きました。この後シーパラダイス、スペイン村。3時15分まで楽しみたいと思います。

今日も最高の天気です。修学旅行②

みんな元気に朝を迎えました。ちょっぴり眠そうな子たちもいますが、みんな元気に起きることができました。

今日も良い天気になりそうです。シーパラダイスとスペイン村が主な目的地です。

朝のホテルの周りの様子

最高の天気です。修学旅行①

熊野古道のたたずまいは、写真のもの以上に、新鮮で、歴史を感じるものでした。お天気も最高で、熊野灘の海の青さが映えています。

侵食された鬼ヶ城の千畳敷はみんなが感動時ていました。

ミキモト真珠島での体験活動も集中してたのしくとりくめました。

ホテルの食事も美味しかったです。お代わりもしていましたね

修学旅行団結式‼

明日から一泊二日で6年生は修学旅行に行ってきます。行き先は、熊野市、伊勢市、鳥羽市、志摩市です。三重県が誇る世界遺産「熊野古道の散策」や真珠島での体験活動、海の生物に親しめる二見シーパラダイスや三重三大アミューズメントパーク「スペイン村」など楽しみがいっぱいです。三重県は南北に長い地形で、熊野市まではかなりの時間を要しますが、気を付けていってきます。初めてのコースで、大変有意義な行き先となっており、みんな楽しみでワクワクしています。
今日は6限目「修学旅行の団結式」を行い、注意事項などを最終確認しました。バス4台で楽しく、気を付けていってきます。

さて、今日も4年生・5年生が体育インストラクターの実技指導を受けました。準備体操の段階から、みんな運動を楽しんでいました。

5年生は昨日「ミニ音楽会」を行いました。打楽器を中心に各クラスで選曲し合奏し、全体で合唱もしました。

かめやまお茶の間10選(実践)アンケートご協力のお願い(3・5年生)

△▼かめやまお茶の間10選(実践)アンケートご協力のお願い!▼△
亀山市は、子育て家庭に向けた応援メッセージとして『かめやまお茶の間10選(実践)』を作成しました。(各ご家庭に下のチラシが配付されています。)
この度、『かめやまお茶の間10選(実践)』強化週間(10月24日~30日)が実施されることにともない、亀山市教育委員会生涯学習課から各小学校の3年生・5年生の保護者様にアンケート協力の依頼がありました。ご面倒ですが、ご回答をよろしくお願いいたします。アンケートは期日(11月6日)までに、担任へご提出ください。

外部講師による授業も少しずつ再開しています‼(3・1年生)

10月20日は3年生が、亀山茶業組合の「お茶マイスター」さんに来ていただき、お茶の種類やお茶の入れ方について学びました。

また、1年生は跳び箱の指導を亀山市教育委員会からの派遣で津市の体操実技のインストラクターに来ていただき、跳び箱の踏み切り方や跳び方について教えてもらいました。担任は、一人ひとりのサポートや声かけなど個別指導に当たれるので、とても効果的です。他学年でも可能な限りどんどん活用していきます。

コロナ禍における救急救命のポイントは❓

コロナ禍における救急救命と題して、講習会を行いました。講師は、亀山市消防本部から来ていただきました。本校では、毎年、講習会を計画し、いざというときに、冷静に対応できるよう、練習しています。
今年度の講習会は「コロナ禍」における対応ということで、けが人の健康の確認方法や人工呼吸、心臓マッサージ(胸骨圧迫)などが感染症を意識する内容に変わっていました。飛沫防止にタオルをかけることや人工呼吸はけが人の年齢によって対応を変えること、胸骨圧迫を中心に行い、AEDを併用していく、などが変更点でした。その年の状況に応じて講義内容も変化・修正があることから、毎年勉強することが大切だと改めて痛感しました。大変勉強になりました。教職員も積極的に実技練習に参加していました。亀山市消防本部の救命士さん、ありがとうございました‼

おー寒(さむ)‼

今朝は、起きると「お~さむっ」と思わす言ってしまうほど気温が下がっていました。これは20度を下回ってるなと思い、エアコンの温度計を見ると、16度でした。寒いはずです。思わず暖房を入れてしまいました。
さて、この間まで、酷暑‼猛暑!と騒いでいたのがウソのように、お彼岸さんが過ぎると、秋本番です。「天気が変わりやすい」のも秋の特徴とよく言われます。「〇〇〇心と秋の空」ということわざもあります。また、「秋の日の鶴瓶(つるべ)落とし」と言われているように、日没が急に早くなっています。最近夕方5時を過ぎるとあっという間に暗くなり、6時ごろには真っ暗ですね。季節の天気や気候を感じつつ、交通安全や体調管理に気を付けていきましょう‼
ところで「つるべ」と言っても今の子どもたちには、ピンと来ないかもしれませんね。芸人の鶴瓶さんをイメージするか、それも、家族に乾杯も見てないと、知らないかも。秋の日の釣瓶(つるべ)落とし、ことわざの意味をイメージするのは難しいですね。

しかし、・・・・今日は「寒いです」。ついつい教室を締め切りたいところですが、教室の換気があります。これから気温が下がり、冬になっていっても、これまで以上に換気が意識されるよう、指導を徹底してまいります。「教室の換気」は、これからが最も重要であることを、子どもたちにも教職員にも、みんなで共有し、取り組んでいきたいと思います。■PTAより、体育館の換気用に大型扇風機を購入していただきました。夏場の熱中症対策含め、有効に活用させていただきます。また運動場の観客席のフィジカルディスタンス確保のための間隔をとるライン引き(セパレートラインマーカ)もあわせて購入していただきました。ありがとうございました。