令和7年度用中学校教科用図書見本の展示について

 令和7年度から、「中学校の」教科用図書が新しくなります。

 展示会のご案内文書につきまして、日本語、英語、スペイン語、ポルトガル語のそれぞれを添付させていただきます。よろしければ、お運びください。

アウトリーチとわくわくひがしっこ

 6月5日(水)、今年度最初のアウトリーチ活動(文化芸術)として、3人の方にお越しいただき、4年生がソプラノ&ピアノコンサートを鑑賞させていただきました。

 4年生の音楽科「鑑賞」には、「歌の響きを感じとろう」という単元がありますが、オペラ歌唱などの「本物」に接する機会はとても貴重で、なかなか贅沢な時間となりました。

 ただ単に鑑賞するだけでなく、ミュージカル仕立ての一幕に参加させていただく場面もありました。ラチェットを使って音を出すことで、ねじまき人形に扮した方が元気になっていくという演技だったようで、児童たちも大満足のようすでした。

 コンサートの時間、校長は別室で「亀山東小学校放課後子ども教室『わくわくひがしっこ』 第1回推進委員会」に出席させていただきました。

 今年度の教室数は18あり、学習アドバイザー、安全管理員、コーディネーター合わせて50人以上の方に支えていただいているということで、今の子どもたちが少しうらやましくなりました。こんなに幅広く充実した内容の教室から選んで参加できるのですから!

 会議後、実際に活動しているところを回らせていただきましたが、児童の目の輝きで、まさに「わくわく」しながら楽しんで活動しているのがよくわかりました。今年は「亀山文化年2024」ということで、さまざまな企画があると伺っています。将来、「ひがしっこ」のなかから、文化芸術等で才能を発揮してくれる人が現れるかもしれませんね。もちろん、才能を開花させ、有名になるのがすべてではありません。生涯にわたって続けていける趣味や、ふとしたときに気分転換できる何かが見つかれば、それはとても幸せなことだと思います。

 「楽しもう川柳」の教室におじゃました際、「今日は『夏』がテーマです。校長先生も、ぜひ」と言われ、戸惑いました。正直、俳句や短歌ではなく、季語も切れ字もない川柳を、かえって難しいものに感じました。子どもにもわかるものにしたいし、がんばっている子たちを前に降参もできず……苦し紛れにひねりだした一句が、「かきごおり花火に見とれ水ばかり」でした。お粗末!

 その後、なんと「楽しもう川柳」教室の児童が、私の川柳を短冊に書いて届けてくれました。ありがとう!校長室に飾ってあるからね!

 「推進委員会」冒頭、校長あいさつのなかで、性懲りもなく犬の話をしてしまいました。お恥ずかしい限りです。その後、「うちは豆柴で」「うちには犬がいません」「うちにはいます」と繋げていっていただいたあたたかさに感謝です。また、夜の散歩中には、学習アドバイザーを務めていただいている方ともお互い犬連れでお会いでき、楽しいお話をお聞かせいただきました。亀山東小学校の大きな「強み」のひとつは、地域の方々にあたたかく繋がっていただけていることだと日々、感じています。

プールそうじ

 6月4日(火)は好天に恵まれ……恵まれすぎて暑い日となりました。6年生によるプールそうじには絶好の日で、はりきってプールとプール周りをきれいにしてくれました。

 大・小それぞれのプールについて、壁チームと床チームとが編成され、泥や水をすくったり流したり、汚れをこすり落としたりと、まさに大活躍でした。先生たちから見る限り、想定以上の成果をあげてくれたようです。

 また、プールサイド、更衣室、トイレ、シャワー周辺の担当となった児童も、それぞれの場所で力を発揮してくれました。さらに、縁の下の力持ち的役割だったのが、道具洗いと整理の担当児童です。各担当の活躍を支えてくれました。道具の準備なくして、そうじはできませんからね。

 このように、見てきたかのように書きましたが、実は校長は、3年生の「はじめての金づち」が心配で、そちらに付きっきりで、6年生の活躍をリアルタイムでは見られませんでした。6年生のみなさん、ごめんなさい。とても感謝しています。3年生の釘うちはやはり児童によってまちまちで、おっかなびっくり金づちを振るう子もいれば、妙に大胆に打つ子、先生から「終わり」の指示が出てもやめない子がいて、「付き添っていてよかった」と思いました。

 報告が遅れましたが、6月3日(月)から、廣森多美子介助員が着任しました。介助員が1人欠員状態であった本校にとっては、とてもありがたいことです。今までに介助員経験はないとのことですが、見守るおとなが増えることは、子どもの安全に直結しますので、大切なことだと捉えています。

「ネットトラブル防止教室」と自慢の小学生

 6月3日(月)の午後、4年生から6年生を対象に「ネットトラブル防止教室」をおこないました。

 KDDI株式会社の方、亀山警察署・生活安全課の方、防犯協会の方にお越しいただき、まさに今、各地で起こっているトラブルの実例を挙げながら、自分の身を守るためにすべきことを教えていただきました。

 ゲームのなかでのやりとりが「決闘」になる話や、ネット依存による健康被害が命の危険を引き起こしかねない話、ネットで知り合った人に会いにいったら怖い思いをした話など、どれも誰にでも起こるかもしれないお話ばかりでした。

 対面のやりとりでは普通の会話なのに、スマートフォンの画面に表示されると誤解されかねない文面の例も、印象的なお話でした。「かわいいよね」という意味で使ったはずの「かわいくない?」が、「全然、かわいくないよ」という否定の意味にとられたり、自転車か車で送ってもらうか、交通手段を尋ねたつもりの「なんで来るの?」が、「どうしてお前なんかが来るんだ」と拒絶の意味にとられたりするということですが、なるほど、あり得ますよね。

 また、「将来への大きな影響」というのも、重要なキーワードだったと思います。軽い気もちで書き込んだ悪口やいたずら動画のせいで、進学や就職に影響がでるというのは、事実です。下着姿や裸の自撮り写真を送ってしまったことで、とんでもないことになるというのも、けっこう聞かれる話です。

 最初、校長のあいさつのなかで、自身が体験した「以前、フィッシング詐欺にひっかかって、自分の知らないところで勝手に買い物をされていた話」と「荷物の配達にきたら留守だったという宅配便を装ったメールに騙されかけたけど、ギリギリに気づいた話」をしたときは、「えー!」という声があがりました。そして校長から、「ネットの世界では、小学生でも被害者にも加害者にもなってしまうことがあるから、今日の話は真剣に聴きましょう」と呼びかけました。結果、多少ざわざわすることがあったものの、多くの人が最後まできちんと聴けたので、お越しいただいた方々から、お褒めの言葉をいただきました。

 今回は3学年の合同授業でした。早くに集合、整列した学級が、静かにきちんと待てていたので、校長から、「あなたたちは、自慢の小学生です」と話しました。実は、2日の日曜、愛犬と散歩しながら、「第25回 花しょうぶまつり」に行ったのですが、会場で、学校運営協議会の会長とお会いできたほか、何人かの亀山東小学校の児童、保護者から声をかけていただきました。亀山公園で、おそらくもう帰るところだったのに、わざわざ戻ってあいさつしてくれた子がいました。出店のお手伝いをしながら、とてもていねいに話をしにきてくれた子がいました。テニスコートの付近で、スポーツ・デイのことでねぎらっていただけた保護者の方がみえました。私は散歩中、愛犬に夢中で気づくのが遅れてしまうのですが、こうして声をかけてくださる子たち、保護者の皆さんと接するとき、亀山東小学校が自慢できる学校だ、と実感するのです。しかし、私は欲張りなので、「もっともっと自慢できる学校にしたい」と願っています。

 ちなみに、「花しょうぶまつり」で買った亀山みそ焼きうどんが、絶品でした。ほんとうにおいしかったです。

 明日、6月5日(水)は、亀山市内の小中学校の一斉定時退校日となっています。職員が定時で学校を離れますので、よろしくお願いします。

PTA奉仕作業

 6月1日(土)、第1回PTA奉仕作業を実施していただきました。かなり蒸し暑い日となってしまいましたが、こまめに水分補給しながら最後までご協力いただき、各所が見違えるほどの状態となりました。

 最初のPTA会長あいさつで、「まずは子どもたちがプール水泳できるように、プール周りを」とおっしゃっていただきました。結果、プール周辺の草抜き、よしず張り、パネル張りに限らず、運動場周辺や地階周辺の側溝、門周辺の垣根の草抜き、ゴーヤ畑のネット張り、陰涼寺山の草抜き、枝運び、フェンスの蔓の除去……と、まだまだ書ききれない環境整備をしていただきました。

 これで、子どもたちの活動がとてもしやすくなりましたし、安全性が高まったことは間違いありません。

 ご参加いただいた皆様、ほんとうにありがとうございました。

 また、準備から最後、次年度への申し送り事項の洗い出しまでご尽力いただきましたPTA環境安全部の皆様、ありがとうございました。トラックをお貸しいただき、環境センターまでごみの搬出をしていただいた方々、さまざまな道具をお貸しいただいた方々に対しましても、言葉では言い尽くせない感謝の思いでいっぱいです。

スポーツ・デイを終えて

 昨日、スポーツ・デイを実施させていただきましたが、各ご家庭で、どのような話題があがったでしょうか。今回は、5月30日(木)から始まる「第1回 Kameyama Sports Week(カメヤマ スポーツ ウィーク)」としても意義のあるものとなりました。

 昨日の夕刻、亀山高校さんに出張させていただきましたが、その帰路、車の窓からお声がけいただいた保護者の方がみえました。また、今朝、交差点で登校を見守った後にも、お子さんを送ってきていただいた保護者の方から、「良いものを見せていただきました」というお言葉をかけてもらいました。

 1年生のえびかにダンスのかわいらしさ、2年生が段ボール箱を運ぶひたむきさに、目を奪われました。

 3年生がキラキラのポンポンを振る愛らしさ、4年生がソーランを踊る力強さに、心を奪われました。

 5年生が旗を振る際の「バサッ」という音まで揃えようとしていた真摯さ、6年生のパフォーマンスに込められた思い、そして指先まで意識していることがわかる表現力に、圧倒されました。

 「おとなになっても忘れられへんわ」と素直な心を言葉にしていた子、児童会の子たちの、おさえようとしてもおさえきれない涙とふるえる声に、心を動かされ、子どもたちから、とても素晴らしいものをもらった思いでした。

 ご観覧いただいた地域の方からは、「ちょっと前に入学した1年生で、ここまでできるか」などと驚きの声があがりました。各学年の子どもたちの努力はもちろん、手前味噌で恐縮なのですが、授業時間を確保しながらも、子どもたちを励まし、伸ばし、まとめようとしてきた職員の努力も報われる思いでした。

 保護者席からの応援や拍手、ありがとうございました。子どもたちの「やる気パワー」が格段に向上したと思います。

 また、ライン引きから道具類の準備や片付け、駐車場の案内、整理、さらに写真撮影など、PTA各部の皆様には、たいへんお世話になりました。この場をお借りし、お礼を申し上げます。

スポーツ・デイありがとうございました

 本日、無事にスポーツ・デイを実施することができました。

 最後の(3回目の)閉会式で話しましたとおり、とても心ゆさぶられる良いものを見せてもらいました。子どもたちに、心から「ありがとう」と言いたいです。

 もちろん、子どもたちを支えて、日々の体操服の洗濯からさまざまな準備までご協力いただいた保護者の皆様、素直な子どもたちに育つよう、見守っていただいた地域の皆様のおかげはとても大きいです。重ね重ね、感謝申し上げます。

 本来でしたら、このホームページに今日中に子どもたちのがんばる姿をアップしてご覧いただきたいところではありますが、急ぎ対応の必要なことが多々あり、明日、落ち着いてからアップさせていただきます。どうぞ、ご容赦ください。

 取り急ぎ、感謝の思いだけ、お伝えさせてください。ほんとうに、ありがとうございました。

スポーツ・デイ前日

 本日は好天でした。火曜から延期となったスポーツ・デイが、明日は実施できそうで、ほっとしています。

 放課後の前日準備は職員作業という形でおこないましたが、PTA厚生部の方々にお助けいただき、たいへん助かりました。なかなか石灰の線を引きにくいライン・カーに対して、「ゆっくりだったら書けそう」などと試行錯誤しながら、ご尽力いただきました。ありがとうございました。風が強かったため、テントの設営は明日の朝ということになりました。

 さて、午後、6年生のあるクラスでは、「アドジャン」をしていました。じゃんけんのように、掛け声とともにお互いに手を出し、ふたりの指の数の合計で「お題」が決まるというものです。「好きなかき氷のシロップの味」や「好きな都道府県」、「今、楽しみなこと」などの「お題」で盛り上がっていました。5が出たときは、「東小のいいところ(校区でもよい)」という「お題」でしたが、みなさんなら、どう答えますか?「校長先生がかっこいい」と答えた人がいたら、ごちそうしたかったなぁ。

道徳という名の漢方薬

 今日もいろいろな学級の授業を見せてもらいに行った校長ですが、昨日に続いて、(実はけっこう好きな)道徳科の授業に注目しました。2年生や4年生の道徳科です。

 2年生の『つのがついた かいじゅう』の授業は、友だちが粘土で作った犬に、よかれと思って角をつけてしまったという話です。悪気はなくても、「してはいけないこと」って、ありますよね。おとなもいろいろ考えさせられます。よかれと思って席を譲ろうとしたら、「年寄り扱いするな」と怒られることもありますし、考え出すと止まりません……。

 4年生の道徳科は、『絵はがきと切手』です。友だちから送られてきた絵はがきが、料金不足だったら、そのことを友だちに伝えるか、伝えないか。

 意見が対立すると、授業は盛り上がります。伝えないでそっと受け取っておくのが優しさかもしれない。だけど、友だちが別の人にも料金不足で送ってしまう可能性もある。

 私は昔、完全にこじつけですが、「友だち」の英単語「friend」の最後には「end」がついているから、あなたが何か間違ったことをしたときに、「やめな!もう終わり!END!」と言ってくれるのが本当の友だちじゃないかというトンデモ説を語ったことがあります。また、「おまえらしいな」と言ってくれる人は、自分のことをちゃんとわかってくれる友だちだから、大事にしなさいと教わったこともあります。

 本当の友だちって、どういう人を言うのでしょうね。

 持論ですが、道徳は、漢方薬のようなものだと思います。急になにかを変える効果はなくても、じんわりと体質改善するように自分のなかにしみていくもの……。

 今、起こっているけんかをとめるのは、道徳では無理です。でも、何日、何週間、何年、何十年か先の人間関係をあたたかくしてくれるかもしれません。

 亀山東小学校のみんなに、道徳が少しずつしみていってくれますように。

スポーツ・デイの延期&「親切」

 天気や雨雲の状況等をもとに、朝から相談をかけさせていただき、明日28日(火)に予定されていたスポーツ・デイを、30日(木)に延期させていただきます。

 保護者の皆様、PTA厚生部の皆様、学校運営協議会の皆様はじめ、関係の皆様にはご迷惑をおかけしますが、子どもたちの安全・安心のため、ご了承ください。

 

 さて、写真は本日午後、5年生のクラスでおこなわれておいた「特別の教科 道徳」の授業のようすです。道徳教育は学校生活のあらゆる場面でしますが、「特別の教科 道徳」あるいは「道徳科」は、教科書に沿って授業をします。

 この日のテーマは、「親切」でした。「親切」って、簡単なようで難しいですね。「親切の押し売り」のようになっても困りますし。

 でも、個人的には、迷ったときには勇気をだして実行すべきなのが「親切」なのではないかと思います。「情けは人の為ならず」というように、誰かのためにしたことが巡り巡って、自分がしてもらうことになるかもしれません。

 私は以前、脚を痛めて松葉杖をついていたとき、コンビニエンスストアの店内に入ったとたん、店員さんがカゴをもって走ってきてくれて、隣について一緒に歩いてくれたことが、忘れられません。あの店員さんの行動は、単なる、店の売り上げアップのためじゃなかったと思います。