今日は、平成31年度前期児童会役員立候補選挙が行われました。主に5年生の児童が立候補して、選挙で選ばれた児童が6年生になって4月から半年間活動します。立候補者の子やその責任者の子たちは、みんなの前で緊張しながらも、精一杯の気持ちをこめて、堂々と演説をしました。選挙なので、当選する子と残念ながら落選する子がいますが、立候補したどの子も貴重な体験をしましたし、きっと今後の学校生活に活かされることと確信しています。いよいよ、6年生が卒業した後は、5年生の子どもたちの出番です。最高学年としての自覚を持ってもらうよい機会になったと思います。

旅立ちの日に

 6年生にとっては、卒業式まであとわずかとなりました。学校へ来る日も、いよいよ一けたになりました。残った学習と卒業式に向けた準備や練習の日々です。さて、卒業式で6年間の最後の発表となる式歌を紹介します。6年生が卒業式の中で歌うのは、【旅立ちの日に】(小嶋 登 作詞、坂本浩美 作曲)です。
白い光の中に 山並みは萌えて
はるかな空の果てまでも 君は飛び立つ
限りなく青い空に 心ふるわせ
自由をかける鳥よ 振り返ることもせず
勇気を翼に込めて 希望の風に乗り
この広い大空に 夢を託して

懐かしい友の声 ふとよみがえる
意味もないいさかいに 泣いたあの時
心通った嬉しさに 抱き合った日よ
みんな過ぎたけれど 思い出強くだいて
勇気を翼に込めて 希望の風に乗り
この広い大空に 夢を託して

今 別れの時
飛び立とう 未来信じて
はずむ 若い力 信じて
この広い この広い 大空に

亀山中学校卒業式

 今日は、春の暖かい陽射しのもと、亀山中学校の卒業式が行われました。2時間にわたる式でしたが、厳粛な空気の中で卒業生をお祝いしようとする在校生や先生方の気持ちがこもっていたように思います。在校生や卒業生の中には亀山東小学校出身の生徒が多数いますので、成長した姿を見ることができてうれしい気持ちになりました。高校、そして中学校も終わり、いよいよ、今度は小学校の番です。今日も、6年生は、小学校の校庭や陰涼寺山を元気いっぱい走り回る姿がありました。

2学期終業式

冬休みの課題の一つでもある読書のために、図書館にある本を、1人2冊貸し出しをしました。もちろん、このほかに、おうちにある本や、新たに本屋さんで手に取った本などにも挑戦してほしいです。私も、この冬休みに、最近買ったけど、読まずに本棚や机に上に積んである本を読もうと思っています。
今日は2学期終業式。私からはこんな話をしました。
本日2学期の終業式を迎えました。2学期は、まだ暑さが残る9月から、寒さが厳しくなる12月まで長い期間でした。それぞれの学年でたくさんのことを学習しました。国語や算数、理科、社会、図工、音楽や読書などは教室や学校の中で学びました。一方で、幼稚園、保育園の園児さん、高校の生徒さんとの交流、遠足や社会見学、宿泊研修、音楽会、修学旅行など、学校の外へ出て学んだこともあります。また、地域の方や専門の先生を学校へ招いて教えていただくこともたくさんありました。そんな中で、自分は100%力を出し切った。よく頑張った。反対に、諦めてしまった。途中で投げ出した。みなさんはどちらでしょうか?ある学級で2学期の振り返りを書いた子の作文の一部を紹介します。
「2学期が終わり、私は人任せにすることが減ってきて、自分から行動することができるようになりました。まだ、自分にやさしくしてしまうので、きびしくがんばりたいです。」
「私が2学期に成長できたことは、1学期より勉強にやる気を出したことです。1学期は勉強がめんどうくさかったけど、それが楽しくなってきました。」
さて、明日から冬休みです。冬休みの宿題もありますが、ぜひ、冬休みの目標を立てて取り組んでください。冬休みの生活については、担任の先生や、地区担当の先生からも聞いていると思います。このあと、生活指導担当の鈴木先生からもお話を聞きます。1月8日に元気に登校してください。」

 

He can’t play the piano.

5年生は、英語を使って友達のことを紹介する学習をしています。学習内容のゴールとしては、
“This is my friend, Kazuo Sato. He can play tennis. He can ski. But he can’t     play the piano. He can’t run fast.・・・・”
このような英語表現を使って友だちや先生を紹介します。時々、亀山高校の英語が得意な生徒さんにも授業に参加して、模範演技をしてもらっています。子どもたちは、英語を上手に話す生徒さんのように話せたらいいなと思いながら努力しています。この日の授業のことが、中日新聞12月18日(火)の「わが校のイチ押し」で取り上げられる予定です。ご覧になる機会がありましたらありがたいです。

 

「なげのあやか」さんコンサート

朝晩はめっきり寒くなりました。『早起きは三文の徳』という故事があります。今朝、まさにこの通りのことが起こりました。最近、夜明け前の東の空に「しし座流星群」が見られます。今月の18日ごろがそのピークだったそうですが、今朝、早く起きて散歩していましたら、2回も流れ星を見ました!一つ目は北斗七星の真下に、二つ目は金星のすぐ左側あたりに、すーっと輝いて消えました。とても願いごとはできませんでしたが、三文以上得した気分になりました。
今日は、1年生と4年生を対象に「童謡歌手」のなげのあやかさんが、本校でミニコンサートを行いました。これは、亀山文化会館のアウトリーチ活動として行われました。1年生の児童には、いっしょに体を使って歌える曲をたくさん選んでもらい、子どもたちは、なげのさんと楽しい音楽のひと時を持ちました。来週は、2・3年生が鑑賞します。また、12月24日のクリスマスイブには、文化会館に出演されます。

 

処暑

昨晩から今日の未明にかけて台風20号が西日本を縦断していきました。昨日の夕刻より、東小学校が避難所として開設されましたので、私も一晩学校に滞在しました。三重県からは少し離れたところを通過したので、大きな被害はなかったのではないでしょうか。
今年は、8月までに20個の台風が発生しました。また、いくつかの台風が日本に上陸しました。これまでは、台風というと秋風が吹く9月の頃が多いと思っていました。
さて、昨日23日から、二十四節気の【処暑】に入りました。暑さがやむという意味。立秋から15日目に当たる。このころからすずしくなり始める。6年国語教科書「季節の言葉」にはこのように書かれています。しかし、実際のところ、暑さはまだまだおさまりそうにないようです。2学期が始まるころには、処暑にふさわしい季節になってほしいものです。

 

2年風鈴の音色

 2年教室の前を通ると、風鈴のいい音色が聞こえてきます。図工で「風鈴」を作りました。その作品が教室や廊下に掛けられているので、風に吹かれてきれいな心地よい音が流れてきます。少しだけ暑さが和らぐ感じがします。学期末には、おうちへもって帰ると思います。
 それから、今週の月曜日から今日まで、「むきむきチャレンジ」の時間にラジオ体操をしました。夏休みにも、規則正しく早く起きてラジオ体操に親しみましょう。

 

地区集会ご苦労様です!


6月6日(水)からPTA地区集会が開催されています。学校からも地区担当教員と校長もしくは教頭が参加させていただいております。また、自治会長さんや民生委員さんにもご参加いただきましてありがとうございます。
1学期も折り返しを過ぎました。ご家庭、地域の皆さまのお陰をもちまして、児童が、これまで大きな事故や事件等に巻き込まれることなく学校生活を送ることができました。今後とも、学校が安全で安心な場所でありますよう、児童の健康と安全に気をつけて指導していきたいと思います。
地域の危険箇所について、保護者の方や地域の方から心配されている箇所がありましたら、市あるいは県当局に要望していきます。その際、地区委員さんには書類の提出のほうよろしくお願いいたします。今まで参加した地区集会の中でも、交通安全についての話題が一番多かったです。「歩道を歩くこと」「歩道の縁石には乗らないこと」「信号が青になっても、また、横断歩道でも、十分自動車には気をつけること」など、学校でも注意していきます。

読書感想文を書こう!

今日は、6年生を対象に、読書感想文を書くための選書の仕方や書き方について、特別講師を招いて、ワンポイントアドバイスの授業をしました。その講師というのは、一昨年度まで本校教員で図書館教育を担当していました川口元教諭です。現在は、市内の小中学校全体の児童生徒の読書指導、図書館利用指導などに尽力をいただいています。6年生の子どもたちは、本を読むことが好きな子はたくさんいます。でも、読書感想文を書くことについては、嫌いと言う子もかなりいるのではないでしょうか。たぶん、6年生だけでなく、他の学年の児童もそう思っているかもしれません。
私自身も、読書感想文を書くのは正直好きではありませんでした。6年生の子どもたちといっしょに、川口講師から本の選び方や、文章の書き出しや工夫を聞きました。心動かされる本。思いっきり楽しめたり、自分を見つめなおしたり、新しいことを教えられたり、自分の心を突き動かしてくれたりする本が子どもたちのまわりにあるはず。どんな本を選んでいいかわからない時は、担任の先生や図書館の先生、図書館司書の先生に相談してみましょう。