6年生を送る会

2月26日(水)に6年生を送る会がありました。今まで在校生が6年生のためにこつこつと準備して今日を迎えました。会場には壁画や似顔絵が飾られ、準備が整いました。

1年生は6年生にいろいろなことで挑戦しました。といっても、普通に勝負したら勝てませんので、偶然で勝てる可能性のあるじゃんけん勝負(おちゃらかほい)、なわとび勝負(6年生はハンデで後ろとび)などです。最後はけん玉勝負でこちらは真っ向から勝負を挑み、何と勝利してしまいました。まさか1年生に負けるとは思っていなかったかもしれませんが、きっと練習を積んで本気で挑んだのでしょう。たくましい1年生に脱帽でした。

2年生は「なべなべそこぬけ」や「パプリカ」の発表です。オリジナルの工夫も入っていましたが非常によく練習してありました。よく見ると、6年生も身振り手振りでおどっていました。

3年生は「お菓子の好きなまほうつかい」の替え歌でした。はっきりとした声でユニークな歌と演奏の組み合わせでした。6年生も笑顔で聞き入っていました。

4年生は、なわとびやとび箱、パフォーマンスの組み合わせでした。これらのかっこよさは6年生だけでなく低学年にも大うけでした。運動会では組体操にかわる種目を模索中ですが、これは1つのヒントになるような演技でした。

5年生は全校で楽しめるクイズと、6年生を送る会そのものを盛り上げる役割で活躍しました。一人ひとりの分担をきちんと自覚して、立派に運営をすることができました。もう一つの主役と言えるような働きぶりでした。

最後は真の主役の6年生です。今までの学校生活を振り返る発表と、「ラバーズコンチェルト」の合奏で締めくくりました。

保護者の皆様もたくさん参観いただきましてありがとうございました。感染症対策で記名や消毒など入場に時間がかかってしまいましたが、ご協力ありがとうございました。

 

 

土曜授業の様子

2月15日(土)には土曜授業がありました。当日は多数の皆様にご来校いただき誠にありがとうございました。

1時間目は「なわとび集会」があり、1年生から6年生まで縦割り班で大なわとびを楽しみました。低学年は高学年に優しく教えてもらい、そのこと自体が楽しかったようです。また、中学年になると、とても上手に跳べるものだと関心をしました。

1年生は収穫した大根をみそ汁に入れてみんなで味わいました。秋の種まきの時期に耕運機が故障し、植え付け時期が大幅に遅れてしまいましたが、今年は暖冬で何とか収穫をすることができました。といってもミニチュアサイズのダイコンで、見た目がとてもかわいらしいものでした。

   

4年生は体育館で二分の一成人式を行いました。日ごろの運動の成果で、できるようになったことの披露や、歌、感謝の言葉などを、大切な人に送ることができました。感極まって涙が止まらなくなった子、それを見る保護者の優しいまなざし。見ていてこちらも感激してしまいました。ここまで立派に育った子どもたち、みんなで成長を祝うすてきな式となりました。

 

今日の英語の授業

亀山高校と連携した英語の授業も、今日で2学期の最終日となりました。

小中連携の授業は全国で行われていますが、小高連携の授業は大変珍しい取り組みです。特に、英語が専門の先生と高校生が小学校の英語をアシストするのはあまり例がないと思います。

今日の5年生の授業では高校の先生と高校生2名、学級担任、小学校の英語専科、ALT(Assistant Language Teacher)、地域の授業ボランティアさん、に私(校長)も加わって、小グループに1人の先生がついて進める授業です。会話の練習でもすぐに順番が回ってきます。忙しいですが英語にどっぷりつかることができます。

  

また、今日は英語の筆記も学習内容に含まれていましたが、ていねいに教えようと思ったら、担任ひとりではおそらく不可能でしょう。

高学年の英語は今週でひとまず2学期分を終了しますが、来週は1年生がお楽しみ勉強で英語の学習を行います。「Fruit」をたくさん覚えて、それを並べて「Cake」にする勉強を予定しておりますが、盛り上がりそうです。

※今日の4年生の英語は「What do you want  Christmas?」でした。

 

12月13日(金)追加更新

本日、5年生の2クラスが学級閉鎖解除となりましたが、6年生がインフルエンザ流行により学年閉鎖となりました。他の学年にも徐々に広がりつつありますので、感染症予防に努めていただきますようお願いいたします。

 

花しょうぶ苑との交流

4年生は総合的な学習の時間で取り組んできた福祉に関する授業のまとめとして、花しょうぶ苑を訪問して交流を行いました。(4年生全体だと人数が多いので、今日は41組の日でした)

音楽で勉強した「ビリーブ」の2部合唱に、総合的な学習の時間で学んだ手話をつけて発表すると、花しょうぶ苑の皆様から大きな拍手を頂きました。

その後、図工で作った「クリスマスドーム」を一緒に作る活動を行いました。

花しょうぶ苑には、デイサービスで利用している方や、グループホームで生活している方などたくさんの入所者がいますが、少人数のグループに分かれ、子どもの数と大人の数がだいたい同じぐらいになるようにしたため、説明だけでなくいろいろな話もできたようです。

本校では、交流活動を行う場合、「自分が楽しかった」ということと、さらに上にある「相手が喜んでくれてうれしかった」という目標に到達できるよう取り組んでいます。今日も、たくさんの方と交流して、4年生はそのことを感じ取ることができたようです。

 

4年生社会見学 答志島の暮らし

11月15日金曜日、4年生は社会見学で答志島を訪れました。

社会科の地理的単元では、3年生は主に亀山市内の様子、4年生は主に三重県内の様子、5年生になると主に日本国内の様子を勉強します。亀山市は海のない内陸に位置しているため、日常生活の中では海を意識することはあまりありません。そこで、亀山市と異なる環境について体験を通じて学ぶため、社会見学の目的地を答志島にしました。

船を使って移動するため一番の心配は天候でしたが、みんなの思いが通じたのか、行いが良かったのか、当日は朝から快晴でした。

学校からバスに乗り、鳥羽の佐田浜港からチャーター船に乗ります。船に乗るのが初めてという子も少なくありませんでしたが、大型バスよりもたくさんの人数が乗れる船で、波も穏やかで快適でした。

   

約30分のちょっとした船旅で答志島に到着。島内では島のまちおこしを行っている住民の方の案内でスタンプラリーやシーグラスを使ったキーホルダーづくりを行いました。

島の中には漁業関係の自動車が通る道がメイン部分を貫いていて、あとはとても狭い路地が入り組んでいます。島全体が大きな迷路のような感じです。車が通れないような狭い路地に商店があったり、床屋さんがあったり、飲食店があったりと、子どもたちは自分たちが暮らす町の様子とは大きく異なることにびっくりしていました。生活の移動手段は徒歩に「じんじろ車」。これも、不思議な光景です。

スタンプラリーはそのような路地を歩き、課題を解決していくものでした。しかし、これがなかなか迷路のような道なので、「似たような道がいっぱいあって目的地に着けない」「同じところに何度も戻ってきた」と混乱気味。でも、歩いている島の人に教えてもらったり、案内してもらったりして課題を解決することができました。

※至る所に謎のマルハチ

ちなみに、課題の中には「じんじろ車の絵を描きましょう」などの難問がありましたが、道を歩いていると「じんじろ車」は至る所にあって、なくてはならない存在であることに気が付きました。ちなみに、「じんじろ車」とは、手押しの荷車で、自動車が入れない路地の暮らしには必需品です。じんじろうさんという鍛冶屋さんが、お客さんのニーズに応じてオーダーメイドで作った荷車だそうで、名前もそこからきているそうです。みんな納得顔でした。

※答志島名物「じんじろ車」

シーグラスのキーホルダーは、海岸にあるガラスの破片をキーホルダーにするものです。これは危ないように思えますが、長年波にもまれて丸くなり、まるで宝石のようになったものです。これらを再利用するという点では環境にやさしい手作りのお土産づくりとなりました。

※シーグラス

午後にはセリの様子も見せていただきました。水揚げされた魚がセリにかけられ、あっという間に値段が決まります。あまりの速さに子どもたちはびっくり。魚種も「ヒラメ」「スズキ」「ハマチ(ワラサやツバスも含む)」「ボラ」「クロダイ」「コショウダイ」「メバル」「アジ」「ガシラ」「イセエビ」「アオリイカ」・・・など大変多くの種類がありました。豊かな海の恵みで暮らす島の人々の生活にも触れました。

※セリの様子 好奇心旺盛な子どもたちが仕事をしている人の間に入り込んでいて邪魔になっていないかひやひやものでしたが、島の方々は笑顔で説明までしてくれました。

次に、島のメインの道を歩いて隣の和具まで行き、そこでは答志島ブランドで高級な「トロ鰆(サワラ)」を見たり、ちりめんじゃこの加工場の前で、工場の人が「食べていいよ」と言ってくれて、おやつ代わりに頂いたり、砂浜で貝殻を拾ったりととても有意義な時間を過ごしました。

※島のおやつは豪華で豪快

名産「トロサワラ」

思い出いっぱいの社会見学。子どもたちはみんな「島の人はやさしくて親切だった」と言っていました。よろしければ家族で島に遊びに行ってみてはいかがでしょうか。おいしい食べ物がいっぱいで、近くでありながら遠くに来たように思える旅行気分が味わえますよ。

もちろん道案内は子どもがするということで。

※この景色を見に行くだけでも価値があります。

 

4年生福祉体験学習

先週は各学年で様々な行事があり、お伝えするのが一部週明けになってしまいました。

11月8日(金)、4年生は亀山市社会福祉協議会の協力で、福祉体験学習を行いました。

社会福祉協議会は全国の市町村にあり、地域福祉の拠点として、また、非常災害時にはボランティアの受け入れ先としての調整等についても行っていて、地域社会においてなくてはならない存在になっています。亀山市社会福祉協議会は「あいあい」の1階西側にあり、亀山市民の福祉に関する支援事業や相談業務にあたっています。

4年生は2学期に地域に暮らす視覚障がいの方のお話を聞く授業を行いました。また、12月にはお年寄りとの交流活動を行います。視野が狭くなることや見えにくくなること、体が自由に動きにくくなることを実際に体験することで、相手を理解し、思いやりの気持ちで相手に接することができるようになることが目的です。社会福祉協議会の職員の方からお話を聞き、その後、実際に体験することになりました。お年寄りの方の動作がゆっくりな理由など、子どもからすると「なぜなんだろう」と思うことがあるようです。視野が狭くなったり、体が重く感じたり、「こういう状態だったら動作がゆっくりで、しんちょうになるのもよくわかる。」という感想もありました。今回の体験を生かし、交流活動や身の回りのお年寄りの方に対して思いやりの心をもって接することができればいいですね。

 

教育懇談会

今日は、教育懇談会があり、法務局・人権擁護委員・NTTドコモの皆さんによるスマホ・ケータイ安全教室が行われました。出席いただけなかった方のために、校長あいさつの概要を掲載いたしましたのでご一読ください。

(校長あいさつ)

最近、友だち付き合いに疲れたと答える中高生が増加しているそうです。友だちと接するのが一番楽しい世代なのに、いったい何が起こっているのでしょうか。みなさんもしばらくしたら中高生なので自分のこととして聞いてください。

友だち付き合いに疲れたと答える子どもの増加はSNSが急速に広まってからのことらしいのです。それまでは、学校から帰ると、家庭でゆっくりする時間となり、明確に区切りが存在しました。まれに電話がかかってくることなどもあったでしょうが、それはよほどのことや大事な連絡に限られていました。

子どもたちは家に帰ってもSNSなどで友だちのやり取りが続いており、きりがつけられません。学校では授業や部活があるので、かえって家に帰ってからの方がやり取りの時間が長いぐらいです。そうなると友だち付き合いが苦になることも増えてくるでしょう。

少し話題はそれますが、近年子どもたちが巻き込まれる事件や事故が増加しているように思えますが、実際には事件、事故とも年々減少しているそうです。子どもが巻き込まれる事件事故などに社会の関心が向かい、報道される機会が増えているのでそのように感じるのかもしれません。しかし、子どもが巻き込まれる事件のうち、確実に増えているジャンルがあるのですが、それはSNSに起因する事件なのだそうです。しかも、警察が把握しているのはその中のごく一部であって、全体像はつかみ切れていないのが現状です。具体的には、ネット上の誹謗中傷などの人権侵害や、未成年者略取誘拐や性犯罪などの凶悪犯罪などがあります。これらはSNSならではの事件です。少し前までは見ず知らずの人と出会う機会は限られていましたが、今は非常に簡単に連絡を取り合うことができます。年齢などもいくらでもごまかせます。そのような危険性についても今日は勉強します。

そのような理由から教育懇談会では、スマホやSNSを使う上で気をつけたいことにテーマを設定し、お話を聞くことになりました。どうか親子でSNSの利用について共に考え、ルール作りなどに役立ててほしいと思います。

 

1部では、子ども向けプログラムを4年生、5年生、6年生と保護者の皆様に聞いてもらいました。事例の紹介動画なども交えて大変説明がわかりやすく、なぜルールが必要なのか子どもでも十分理解できる内容でした。

また、人権擁護委員さんからは困ったときの対処法として信頼できるところに相談することの大切さについての話がありました。

2部は主に保護者向けでしたが、大人や中高生をターゲットにしたプログラムで、こちらもささいなことからいじめに発展した事例、ゲーム依存やネット依存の事例、スマホなどを持たせるうえで、保護者として必要な心構えなど、大変考えさせられる内容でした。

どちらのプログラムも大変よく考えられているすばらしい内容でした。できればもっとたくさんの方に参加いただけるとよかったと思います。

詳しくはPTAで内容をまとめてから紙面で各会員にお伝えすることになっています。後日届きましたらぜひご一読ください。

 

鉄道を支える仕事

今日、4年生は総合的な学習の時間にJRの運転士さんの仕事を中心に、鉄道を支える仕事について勉強しました。

亀山は鉄道とともに栄え、鉄道の町とも言われてきました。現在も関西本線、紀勢本線など名古屋方面や三重県南部、そして関西方面に向かう鉄道の路線が集まっています。かつては旅客だけでなく、貨物輸送も鉄道が中心で、国鉄バスの営業所などもありました。線路の保守点検の人なども含め、今では想像ができないほど多くの方が鉄道にかかわる仕事をしていました。今でもJR東海とJR西日本の接続駅として、駅員さんや運転士さん、車掌さんなど列車の運行には欠かせない仕事を行っています。

今日はとてもたくさんの職員の皆様や、安全啓発キャラクターの「ストッピー」君に来校していただき、安全に列車を運行するための工夫などを分かりやすく教えて頂きました。

 

鉄道の仕事は始発が早く、終電は遅いので駅が閉まっている時間は3時間ほどしかありません。その間ももちろん仕事をしている職員さんがいて、36524時間休まず仕事をしています。なので、多くの職員さんで交代勤務になるそうです。

時間通りに安全に運行するにはいくつもの工夫があります。例えば起床する時、確実に起きることができるよう、起きなければいけない時間に大きな風船が膨らんで、布団が強制的に持ち上がる起床装置があるそうです。今日は実際に実演及び体験をさせていただきました。

「わーすごい」「こんなんが家にもあれば寝坊しなくて済みそう」などという感想も聞かれました。その後、点呼や打ち合わせを行い、アルコールチェックなども実施され、列車の運転を行うそうです。

 

その他にもスライド教材、非常ボタンがついている踏切の模型、関西線(加茂方面 形式キハ120)の車両の顔はめ模型など手作りの教材をたくさん用意して下さいました。これらの準備にはさぞかし時間も手間もかかったと思います。

今日の勉強で、列車の安全運行は多くの人の努力で支えられていること、列車に乗る時のマナーの大切さなど多くのことを学びました。本当にありがとうございました。

4年生 亀山市消防本部の見学

本日、4年生は校外学習で亀山市消防本部の見学に行きました。

4年生では社会科で私たちの生活を守る仕事や、それにかかわる人々の思いなどを学んでいます。その中でも暮らしの安心安全を守る消防の仕事は、身近であっても実生活の中で直接関わることはめったにありません。実際に消防署を見学して、消防士さんの話を聞くことはとても大切な学習です。

市の消防にかかわる職員のみなさんは78名で、本部や各消防分署などに分かれて役割を分担しながら市民の安全を守っています。また、火事や救急の現場の仕事以外にも災害の未然防止の取り組みや、実践的な訓練を日常から行うなど色々なお話を聞くことができました。消防の仕事は男性の仕事というイメージがありますが、最近は女性の職員もおり、それぞれの良さを生かして活躍をしていることもわかりました。

子どもたちは救急車の内部を見学したり、大きな消防車を間近に見たり貴重な体験をすることができました。

お知らせ

10月13日(日)には「消防フェスタ2019」が消防署北東分署で行われるそうです。地震体験や各種展示、災害救助犬の活動など盛りだくさんの内容なので、そちらにも参加できればさらに理解が深まりそうです。(台風が少し心配ですが)

 

 

心のバリアフリー

今日、4年生は総合的な学習の時間に地域の先生を迎え、思いやりの心について学習をしました。9月は国語で点字の勉強もしています。視覚障がいについて、もっと知ろうということで50歳を過ぎてから緑内障を患い、視力をほとんど失ったゲストティーチャーの話を聞きました。もともと見えるものが見えなくなってくる。そのつらさと、それを補うための訓練は想像以上に厳しかったことでしょう。それでもとても前向きで、「学校で子どもたちに話をすることが楽しみ。」「地域でも子どもから声をかけられると元気をもらえる。」と話をされていました。

また、盲導犬のお話や、視力をカバーするためのソフト面、ハード面の工夫や技術の話もわかりやすく説明してくださいました。子どもたちはやさしい思いやりの気持ちは持っていても、自分にできることについては学習をしなくてはわかりません。今回はそれぞれが自分にできることは何なのか、どうすべきかについて考えるきっかけと考えています。

先日のことです。私が名古屋駅で白杖をついた人を見かけて、「よろしかったらご一緒しましょうか?」と声を掛けたら、「助かります。ありがとうございます。」という答えが返ってきました。ひじあたりを持ってもらい、色々な話をしながら地下鉄の入り口まで歩きました。別れ際にもう一度ていねいに「ありがとうございました。いい1日になりました。」という言葉を頂き、こちらの方がうれしくて、ほんわかした気持ちになって、私の方こそいい1日になりました。声をかけるのに少しだけ勇気がいりましたが、声をかけて本当によかったと思いました。