6年生を送る会

2月26日(水)に6年生を送る会がありました。今まで在校生が6年生のためにこつこつと準備して今日を迎えました。会場には壁画や似顔絵が飾られ、準備が整いました。

1年生は6年生にいろいろなことで挑戦しました。といっても、普通に勝負したら勝てませんので、偶然で勝てる可能性のあるじゃんけん勝負(おちゃらかほい)、なわとび勝負(6年生はハンデで後ろとび)などです。最後はけん玉勝負でこちらは真っ向から勝負を挑み、何と勝利してしまいました。まさか1年生に負けるとは思っていなかったかもしれませんが、きっと練習を積んで本気で挑んだのでしょう。たくましい1年生に脱帽でした。

2年生は「なべなべそこぬけ」や「パプリカ」の発表です。オリジナルの工夫も入っていましたが非常によく練習してありました。よく見ると、6年生も身振り手振りでおどっていました。

3年生は「お菓子の好きなまほうつかい」の替え歌でした。はっきりとした声でユニークな歌と演奏の組み合わせでした。6年生も笑顔で聞き入っていました。

4年生は、なわとびやとび箱、パフォーマンスの組み合わせでした。これらのかっこよさは6年生だけでなく低学年にも大うけでした。運動会では組体操にかわる種目を模索中ですが、これは1つのヒントになるような演技でした。

5年生は全校で楽しめるクイズと、6年生を送る会そのものを盛り上げる役割で活躍しました。一人ひとりの分担をきちんと自覚して、立派に運営をすることができました。もう一つの主役と言えるような働きぶりでした。

最後は真の主役の6年生です。今までの学校生活を振り返る発表と、「ラバーズコンチェルト」の合奏で締めくくりました。

保護者の皆様もたくさん参観いただきましてありがとうございました。感染症対策で記名や消毒など入場に時間がかかってしまいましたが、ご協力ありがとうございました。

 

 

体力向上の取り組み

今日は雪模様の寒い朝でしたが、「大雪が降る可能性がある」という予報ほど降ることはありませんでした。大人は「やれやれ」ですが、子どもは少し残念だったようです。このまま雪遊びをすることなく冬が終わるとしたら、この仕事を長くやっていますが記憶にありません。やはり記録的な暖冬なのでしょうか。そのような中でも、一部の子が結構大きな雪だるまを作っていたのを目撃しました。いったいどこで集めてきたのかと感心します。

亀山東小学校では、年間を通じて体力向上の取り組みを続けていますが、寒いこの時期もなわとび集会を行ったり、「むっきむきタイム」で体を使った遊びを行ったりしています。今日は、2年生と5年生の「むっきむきタイム」の日で、多くの子どもが参加して「けいどろ」を行いました。これだけたくさんの人数で「けいどろ」を行うと迫力満点です。その中でも「けいさつ」の体育委員の子どもは2年生に気を使って、逃げられるような速さで追いかけるなど優しい場面も見ることができました。

このように、あえて体を使う遊びに取り組む理由は、勉強だけでなく体力も「2極化」が進んでいるという実態があるからです。

毎年行われているスポーツテストの結果では総合判定で優秀な評価の児童が多く、中ぐらいが少なく、運動能力が厳しい層も大変多いという結果になりました。普段の運動習慣でもスポーツ少年団や地域のスポーツ活動に参加している児童と、運動習慣がない児童の間に大きなギャップがあります。それを埋めるためには体育の時間だけでなく、休み時間にも元気に体を使って遊ぶことが大切になります。

 

姿勢の学習

今日はフリー参観日で、午前中から来校されていた方も多数いらっしゃいました。そのような中で、2年生はゲストティーチャーを招いて、姿勢についての勉強をしました。姿勢についての学習ですので、みんなが最初から意識していたのか、すごく姿勢がよいことが写真からもわかります。

 

以前にもこの学年は「姿勢の学習」を行っていましたので、まずは復習から入りました。1年前の話でもよく覚えている子も多く、正しい姿勢は自分の成長にとっても大切なことはすでに理解していました。

姿勢は頭から足まで一直線に、まっすぐピンとしていることがよいと思いがちですが、それはかなり無理があります。そこで、背骨の自然な曲線(生理曲線)を保つことができれば一番よいということを教えて頂きました。確かに教えてもらった姿勢は呼吸も楽で、頭の重みなどもあまり感じません。肩や腰の負担も軽そうです。そのためには腰をまっすぐ立てて、あとはリラックスすれば自然によい姿勢(生理曲線)になるのだそうです。こうやって文章で書くと難しそうに思えますが、ゲストティーチャーさんは模型や身振り手振りを交え、2年生でもわかるように工夫して説明をしてくださいました。

よい姿勢をずっと続けることは大変なので、何かをしようとする前、勉強でも、食べる時でも、一旦腰骨をまっすぐにすること。その積み重ねがよい姿勢につながるそうです。私も意識してやってみようと思いました。

 ※本日、お話を頂いたのは「姿勢調整師」という資格の方です。「理学療法士」や「作業療法士」「言語聴覚士」の方々とお仕事を共に行ったことはあるのですが、「姿勢調整師」の方のお話を聞くのは私自身としては初めてで、興味深い内容でした。

 

スポーツ鬼ごっこ

今日、1年生と2年生はゲストティーチャーさんの指導で、「スポーツ鬼ごっこ」を行いました。「鬼ごっこ」と「スポーツ鬼ごっこ」の違いは、「スポーツ鬼ごっこ」には自分の陣地があり、相手の陣地内のコーンの上にある宝物を狙うところにあります。宝物を奪うには陣地を守る相手に捕まらないよう攻め込まなければなりません。守ってばかりいては勝てないので戦略も必要です。相手の宝物を取ったら勝ちになります。競技の「雪合戦」も国際ルールがありますが、その「雪合戦」にも似ています。

いろいろと作戦をなりながら、運動量が多い「スポーツ鬼ごっこ」は、レクレーションとしても、体育の教材としてもおもしろいと思いました。

 

教育アシスタント

亀山東小学校では、大学生を教育アシスタント(ボランティア)として受け入れています。現在2名の大学生が登録をしていて、学級の人数が多い2年生を中心に子どもたちの学びを支えています。

2名とも市内在住で、1名は本校の卒業生です。2名とも三重大学教育学部の在籍で、将来は教員を目指しており、学校現場で経験を積むことによって、大学では学ぶことができない子どもとの直接的な関りや、教育実践力を身につけようとしています。そういった意味でも学校としても、本人たちにもメリットがある取り組みです。

子どもたちの評判は大変よく、「アシスタントの先生がいると早く〇をつけてもらえる」「すぐにきてくれる」「わからない時に聞きやすい」という声も聞かれました。休み時間も子どもたちと一緒に遊んでいる姿を見かけます。

授業中も、休み時間も子どもたちから大人気の教育アシスタントさん。これからも子どもたちに接しながら力量を高め、卒業後は素敵な先生になれるよう頑張って欲しいと思います。

なお、本校では大学生の教育アシスタントの募集を年間を通じて行っています。大学の授業の負担にならないよう、不定期でも週1時間からでも可能です。関心がある方はぜひ学校までお問い合わせください。

教育アシスタント募集チラシリンク

 

今日の給食

2学期の給食も今日を入れてあと2日となりました。そして、クリスマスデザートが付く特別献立です。

※謎のクリスマスデザートの文字が。子どもたちは朝から気になっている様子でした。

4限目が終わり、給食の準備が始まるころ「ケーキがついてる」「ケーキや!」との声が聞こえてきました。そして、「チキンロールってどんなん?」「銀紙で巻いてあるからわからん」

「めっちゃ唐揚げのにおいがしてる」という反応。

チキンロールは鶏肉の中にチーズが入っているメニューです。そして、スープはミネストローネです。トマトベースの野菜たっぷりのスープですが子どもたちに大人気です。

   

※見た目はこのような感じです。ケーキは箱に入っていて、清潔で配りやすくなっています。

 

※2年生の様子です。チキンロールも器用に食べていました。

低学年はチキンロールに苦戦するかな?と思いましたが、一緒についているキッチンペーパーで指先をふき、食べ終わったらアルミホイルをきちんと小さく丸めて、その後一旦手を洗いに行ってさっぱりしてから続きを食べていました。なかなか器用なものです。このあたりからも成長が見られます。最後はお楽しみのケーキです。小さいので味わって食べていました。

※お楽しみのケーキです。「幸せやー」という感想も。

 

低学年秋の遠足

今日は低学年 秋の遠足がありました。心配された天気ですが、南海上を北上中の台風20号の影響で曇りのち雨、夜は激しく降るとのことです。さらに気象庁や気象関係の専門調査会社のデータを詳しく調べてみると、14:00ぐらいまでは降水確率が低いため、予定通り行うことに決定しました。結論から言うと、道中の歩行は涼しく、風もなく、お弁当を食べている時や遊んでいる時もだいじょうぶでした。亀山駅から学校までの部分では小雨が降ってきましたが、雨量としては観測されない程度で済みました。 

秋の遠足は交通機関を利用して、市外まで行きます。今回の目的地は津市の偕楽公園でした。亀山駅から列車を利用しましたが、亀山駅でも津駅でも駅の担当の方からていねいな説明をして頂いたので、混乱なくスムーズに乗車することができました。他の乗客の方からも「どこの学校?」「どこまで行くの?」と声をかけて頂きました。

 

あっという間に津駅に到着。駅から偕楽公園はすぐ近くなのでお弁当の時間もいつもより早めです。みんなおいしそうなお弁当でした。 

お昼を食べ終わったら遊具などで遊びました。他の学校も数校遠足に来ていましたが、人気の遊具は譲り合ってマナーよく遊んでいました。

偕楽公園は自然もたくさんあり、松ぼっくりやどんぐり拾いなども楽しむことができました。

 

楽しい時間はあっという間に過ぎて、帰りの列車の時刻になりました。亀山駅で小雨が降ってきましたが、涼しかったせいかみんなまだまだ元気いっぱい。学校までは少し距離がありますが、最後まで歩き通すことができました。

   

多くの方に支えられ、無事秋の遠足を終えることができました。

 

登校日と平和学習

今日、8月6日は登校日でした。この日を登校日に定めたのははるか昔のこと。平和学習にふさわしい日として、広島に原子爆弾が落とされた8月6日、その日が土日にあたる年は長崎に原子爆弾が落とされた8月9日を登校日とするようになりました。

 

低学年は絵本館で「いのりの石 ~ヒロシマ・へいわへの いのり~」という本の読み聞かせを行いました。

広島に原子爆弾が落とされ、どのような願いを込めながら女の子たちは「いのりの石」を彫ったかという問いに対しては、「せんそうがくりかえされないように。」「たのしいくらしになったらいいな。」「へいわでくらしたいな。」という感想がありました。

 

中学年は「夏服の少女たち」というビデオの視聴を行いました。

「白いご飯が食べられる今はとても平和であることがわかりました。」「授業ではなく作業だったのにはおどろいた。」「子どもも作業を行う中で命を落としてしまったのは悲しかった。」という感想がありました。子どもも戦争に駆り出され、そして犠牲になった悲しい歴史がありました。

     

高学年は列車銃撃事件など亀山であった戦争の話を、地域の方(元先生で、戦争などの歴史を調べ、後世に残す活動をしている)から聞きました。一般の人がたくさん乗っていた列車が飛行機からの銃撃に遭い、40名ほどの死者(実数は不明)が出たという事件です。「近くの民家に助けを求めた母親が血だらけになった幼児を背負っていて、首から上がない幼児はすでに死んでいた。そのことに母親が気付いていたのかは不明だが、その民家の住人はそのことを伝えられなかった。母親にはうちでは何もできないので亀山駅に行くように伝えた。」「その後、その母親と思われる方が駅の所でずっと泣いていた。」という話の感想としては、「話の中で一番しょうげきてきだったのは、首のない赤ちゃんのことです。その赤ちゃんはかわいそうだし、そのお母さん、首のない赤ちゃんを見た人もかわいそうです。かといって、アメリカ兵も殺したくなかったかもしてないし・・・。」

この事件を風化させないために、天神の中村公民館に列車銃撃事件を伝える説明版が8月2日に設置されました。この事件が起こったのも8月2日のことでした。

 

戦争は残酷です。そして犠牲になるのは一般の人々です。兵士もまた、もとは1人の市民です。戦局がひどくなると兵士と民間人の区別もあいまいになります。

戦争という過去を変えることはできませんが、歴史に学び、これからの未来を変えていく取り組みとして、平和学習は脈々と受け継がれてきたものです。

この時期、平和に関するテレに番組が多く放映されます。ぜひ親子で番組を見て平和の大切さを考える機会にして頂ければと思います。

 

静と動の活動

今日は静と動、2つの対照的な活動の様子をお伝えします。

まず1つ目は図書館活用アドバイザーの外部講師の先生による、「読書感想文の書き方教室」について。4年生のクラスの指導では、文を書くことは好きではないかもしれないが、これから先、入学する際や社会に出る際には小論文など、自分の考えを的確に表現する力が必ず必要になること、社会に出てからでも仕事などで書いてまとめることは必要なことの話がありました。これらの力はすぐにつくわけではなく、自分の考えをまとめることを何回も何回も繰り返し、ようやく身につく力であることも教えてもらいました。そして、読書感想文を書くには本を選ぶことの重要性についてもお話がありました。興味がある本であるだけでなく、感想文に向く本と向かない本があります。課題図書などは感想文に特に向いている本といえそうです。先生が言うには「つまみ読み」も効果的で、いろいろな本を手に取って、自分に合っているか、感想を書きやすそうかを吟味するとよいそうです。そして、何よりも先手必勝。早くから読書をして、あせらずに感想をまとめれば、夏休みの最後は幸せに過ごせます。その話を聞いていた4年生はやる気のスイッチが入ったような表情でした。先手必勝で楽しい夏休みにすることができるでしょうか。期待したいと思います。

次は動の活動です。亀山東小学校では、体育以外でも体を動かす「むっきむき」の活動を行っていますが、7月の「むっきむき」はラジオ体操です。夏休みを控え、各地区で行われるラジオ体操を正しく行うことができるように練習をします。ちなみに、ラジオ体操第1は今から70年ほど前にできて、現在まで脈々と受け継がれており、地域の方から小さな子まで浸透しています。例の音楽が鳴ると自然に体が動くので、まさに日本の「名曲」でもあります。朝の早起きを兼ねて、ラジオ体操に参加して欲しいと思います。

 

 

7月とちの木集会

今日は7月のとちの木集会がありました。

まず初めに今月の表彰です。よい歯のコンクール学校代表と、ポスターコンクールの入賞者の表彰を行いました。よい歯のコンクールは虫歯がないことだけでなく、歯並びもよいことがポイントとなります。ポスターコンクールでは低学年・高学年とも市内の最優秀賞を亀山東小学校が独占しました。

次に、亀山ハンドボールスクールに本校児童が多数所属していますが、全国小学生ハンドボール大会三重県予選で見事優勝して、8月上旬に京都府で行われる全国大会に出場することになりました。スポーツ表彰では今年恒例になりましたパフォーマンス発表で、校長とのキャッチボールを行いました。ぜひ、全国の舞台でも日ごろの練習の成果を発揮し、精一杯プレーすることを願っています。

今月の発表は2年生です。運動会で踊った曲を集会バージョンに変更して発表を行いました。今回、1年生は発表を見る側でしたが、ダンスを体で覚えているので曲に合わせてついつい自分の席で踊っている子もいました。2年生のキレの良い踊りに拍手喝采でした。

続いて保健委員会の発表がありました。暑い時期なので手洗いはいつも以上に欠かせません。そこで、正しい手洗いの仕方と、手を洗った後はきれいなハンカチで拭くことの大切さを伝えてくれました。