登校日と平和学習

今日、8月6日は登校日でした。この日を登校日に定めたのははるか昔のこと。平和学習にふさわしい日として、広島に原子爆弾が落とされた8月6日、その日が土日にあたる年は長崎に原子爆弾が落とされた8月9日を登校日とするようになりました。

 

低学年は絵本館で「いのりの石 ~ヒロシマ・へいわへの いのり~」という本の読み聞かせを行いました。

広島に原子爆弾が落とされ、どのような願いを込めながら女の子たちは「いのりの石」を彫ったかという問いに対しては、「せんそうがくりかえされないように。」「たのしいくらしになったらいいな。」「へいわでくらしたいな。」という感想がありました。

 

中学年は「夏服の少女たち」というビデオの視聴を行いました。

「白いご飯が食べられる今はとても平和であることがわかりました。」「授業ではなく作業だったのにはおどろいた。」「子どもも作業を行う中で命を落としてしまったのは悲しかった。」という感想がありました。子どもも戦争に駆り出され、そして犠牲になった悲しい歴史がありました。

     

高学年は列車銃撃事件など亀山であった戦争の話を、地域の方(元先生で、戦争などの歴史を調べ、後世に残す活動をしている)から聞きました。一般の人がたくさん乗っていた列車が飛行機からの銃撃に遭い、40名ほどの死者(実数は不明)が出たという事件です。「近くの民家に助けを求めた母親が血だらけになった幼児を背負っていて、首から上がない幼児はすでに死んでいた。そのことに母親が気付いていたのかは不明だが、その民家の住人はそのことを伝えられなかった。母親にはうちでは何もできないので亀山駅に行くように伝えた。」「その後、その母親と思われる方が駅の所でずっと泣いていた。」という話の感想としては、「話の中で一番しょうげきてきだったのは、首のない赤ちゃんのことです。その赤ちゃんはかわいそうだし、そのお母さん、首のない赤ちゃんを見た人もかわいそうです。かといって、アメリカ兵も殺したくなかったかもしてないし・・・。」

この事件を風化させないために、天神の中村公民館に列車銃撃事件を伝える説明版が8月2日に設置されました。この事件が起こったのも8月2日のことでした。

 

戦争は残酷です。そして犠牲になるのは一般の人々です。兵士もまた、もとは1人の市民です。戦局がひどくなると兵士と民間人の区別もあいまいになります。

戦争という過去を変えることはできませんが、歴史に学び、これからの未来を変えていく取り組みとして、平和学習は脈々と受け継がれてきたものです。

この時期、平和に関するテレに番組が多く放映されます。ぜひ親子で番組を見て平和の大切さを考える機会にして頂ければと思います。

 

デジタル教材とアナログ教材

本校では授業改善や「分かる授業づくり」の一環として、IT機器の積極的活用を進めています。例えばPC及びiPad、大型モニターや実物投影機、デジタルカメラ等の活用など、どの学年も1日に活用しなかった場面はほとんどないほどの頻度でIT機器を使用して授業を行っています。IT機器は教科書では伝えることができないようなコンテンツを提示したり、教育番組のプログラムを定時の放映時間に関係なく写したりすることができて、授業の効率が上がり理解も進みます。

しかし、デジタル教材だけでは魅力ある授業にはなりません。従来のアナログ教材についても大切にしていきたいと考えています。例えば、アナログ教材で最もオーソドックスな手書き教材があります。指導者自身が作成しているので、先生の個性や子どもたちに伝えたい思いがはっきりと出ます。

子どもの側から見てみると、個々にiPadで調べたり、記録に残したりすることは非常に便利なことですが、グループで話し合って大きな紙にまとめていく作業などはアナログ教材ならではの良さでしょう。また、国語の話を実際に追体験してみる活動などもアナログ教材に当たります。写真の場面は1年生の「大きなかぶ」のお話で、みんなで力を合わせてかぶを引っ張っています。人と人が密接に関わる活動はアナログ教材の良いところです。

しかし、よく見ると、その様子を子どもがiPadで撮影して記録に残していますね。このようなデジアナミックスの活動も日常の中で見ることができます。

 

 

栽培活動(前編)

今日と明日は栽培活動についての話題です。

学校では植物を育てる栽培活動に力を入れています。植物は自分から意思表示をしたり、移動したりすることはできません。そのような植物の世話をして、生長を見守ることは思いやりの心や、優しさを育むのに効果があると言われています。また、苦手な野菜を育てることでその野菜に対する思いが芽生え、大切なものに変わり、好き嫌いがなくなるという食育の効果もあります。

以前、エゴマを育てた子どもが、机の上で実をゆすってゴマの収穫をしていた時のことです。床にぱらぱらと10粒ほどゴマが落ちてしまいました。どうするかと思って見守っていたら、当然のように「もったいない、もったいない」と拾って収穫の中に入れていました。「もったいない」を押し付けるのではなく、自ら「もったいない」と思ったことに価値があると思います。栽培活動はこのような教育的価値がたくさんあります。

今日は1年生がアサガオの観察をしていました。じめじめしていやな陽気ですが、アサガオにとっては絶好の天気。つるが毎日ぐんぐん伸びて1年生の背の高さを超えてしまいました。花もたくさん咲き、つぼみもいっぱいです。観察をしていた1年生もいい笑顔でした。

2年生は夏野菜を育てています。ピーマンやミニトマト、ナスなどが食べごろになっていました。でも、これらの野菜はどちらかというと子どもには不人気です。しかし、そこがねらいとなっていて、自分で育てた野菜は子どもにとっては大切な宝物です。家に持って帰った際は子どものお話なども聞きながら、ご家族でスペシャルな野菜を味わってください。

 

鍵盤ハーモニカ講習会

1年生は早く鍵盤ハーモニカを吹きたくてうずうずしていたようですが、今日は待ちに待った鍵盤ハーモニカ講習会。外部講師の先生に指導していただき、基礎の基礎を学びました。まずは先生の演奏を聴きます。知っている曲なのでついつい口ずさんでいるうちに声を合わせて合唱になりました。さすが先生です。自然に拍手が起こりました。そしていよいよ・・・と思いましたが、息を吹く強さの練習で紙を使ってひらひらさせます。これも難なくクリアしました。

鍵盤ハーモニカはほとんどの子が初めてなので、まずは曲でなく車のクラクション。近くの車、中ぐらいの車、遠くの車と息の強さを調節します。そして、音階の始点である「ド」の位置を知るところまで今日は学習しました。早く曲が演奏できるようになりたいですね。

 

運動会の見どころ(その2)

今日で運動会の練習は最終日となりました。

ゴールデンウイーク明けから少しずつ練習を重ねてきましたが、明日はいよいよ本番です。

今日は、運動会の見どころ(その2)ということで、低学年の表現活動「響け!令和へのファンファーレ」の見どころをお伝えします。

まずは1年生。入学してから2月足らずですが、ここまで表現活動ができるようになりました。4月は不安で泣いていた子も、陰涼寺山に響くような大きな声で決め台詞を言っていました。実は、一番の見どころは最後のポーズと決め台詞なのです。そこに注目をしてください。

 

そして2年生、動きもキレがあり表情にも気を付けるなど、さすがです。練習でも先に並んでいて、1年生はそのまねをするようになり行動が早くなりました。私は、上の学年を下の学年が見習う姿を「あるべき姿」と言っていますが、まさに「あるべき姿」になっています。先輩としての動きにも注目してください。