入学式 4月9日

2019(平成31)年度の入学式が行われました。

19名の新入生が亀山南小学校に仲間入りです。

中西佐智子校長先生から

「あいさつをしっかりしましょう。」

「仲間を大切にしましょう。」

「コミュニティスクールとして、今まで以上に保護者・地域とのつながりを深めていきま しょう。」

とのお話がありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

3月11日(月)3年生 総合

かめやまっ子給食などの野菜作りをされている方を学校に招いて、出前授業をしていただきました。いろいろな種類の野菜を作る大変さややりがい、地産地消で安心、安全な食材を届けることを心掛けていることなど、たくさんのお話を聞くことができました。子どもたちのもとに給食として届くまでにたくさんの人の頑張りがあります。子どもたちは食材だけでなく、給食に携わるたくさんの人へ感謝の気持ちをもって「いただきます」「ごちそうさま」をすることが大切なのだと感じていました。

2月7日(木) 防災教室

3・4限目の時間に防災教室を行いました。低学年、中学年、高学年に分かれて、順番に「防災講話」「地震体験」「液状化実験」の三つの活動を行いました。それぞれの活動の中で、地震のメカニズムや地震が起こった時の対応などを講師の方から教えて頂きました。身近な災害である地震の学習に子どもたちは真剣に取り組んでいました。

2月5日(火) 6年生 租税教室

鈴鹿法人会の方に来ていただき、租税について学習しました。お話を聞いたり、映像を見たりしながら、税の種類や税の使われ方などについて教えてもらいました。一億円のレプリカを見せてもらった時には、子どもたちから驚きの声が上がっていました。

1月23日(水) 体力向上支援事業

1学期、2学期に続いて3学期も体育のスーパー先生に来て頂きました。今回はそれぞれの学年に合わせてボールを使った運動を行いました。手や足でのドリブルには苦戦する子もたくさんいましたが、みんな一生懸命活動に取り組んでいました。終わってみれば笑顔の子がたくさん。これを機にもっと運動に親しんでいってもらいたいものです。