沿革

昭和42年4月 1日 三重大学教育学部附属幼稚園の津市へ統合移転に伴い亀山市立幼 

              稚園として移管発足。

昭和42年4月12日 開園式ならびに入園式挙行。(5歳児2学級、4歳児2学級 計4学級)

昭和45年4月10日 保育室1頭増設竣工。(5歳児2学級、4歳児3学級 計5学級)

昭和46年4月 8日 保育室1棟増設(職員室改造)(5歳児3学級、4歳児3学級 計6学級)

昭和47年4月 8日 仮設保育室1棟増設(臨時)(5歳児3学級、4歳児4学級 計7学級)

昭和48年1月 8日 東幼稚園新築完工のため学区を変更し、園児の異動を行う。

              (5歳児2学級、4歳児3学級 計5学級)

              当園学区(亀山西小、神辺小、白川小、野登小)

昭和48年4月 1日 (5歳児3学級、4歳児2学級 計5学級)

昭和49年4月 1日 鉄骨保育室1室撤去、木造保育室2室増設。

              (5歳児3学級、4歳児3学級 計6学級)

昭和56年4月 1日 園児減少に伴い1学級減 専任園長を置く。

              (5歳児3学級、4歳児2学級 計5学級)

昭和57年4月 1日 園児減少に伴い1学級減。(5歳児2学級、4歳児2学級 計4学級

昭和58年2月26日 改築のため移転。

昭和58年3月 7日 旧園舎閉園式。新園舎竣工開園式。

平成 5年4月 1日 園児減少に伴い1学級減。(5歳児2学級、4歳児1学級 計3学級)

平成 6年4月 1日 園児減少に伴い1学級減。(5歳児1学級、4歳児1学級 計2学級)

平成 7年4月 1日 園児増に伴い1学級増。(5歳児1学級、4歳児2学級 計3学級)

平成 8年4月 1日 3歳児保育実施。

              (5歳児1学級、4歳児1学級、3歳児1学級 計3学級)

平成10年4月 1日 亀山市立幼稚園の園区をはずし、保護者が希望する幼稚園へ入園する

              ことが出来る。

平成13年4月 1日 午後保育時間が午後2時となる。

平成13年6月 1日 子育て支援事業開始。

平成14年4月 1日 3歳児の定数が20人から25人となる。完全学校週5日制実施。

平成17年1月11日 関町との市町村合併により、亀山公立幼稚園5園となる。

平成28年4月1日  関幼稚園が関認定こども園アスレとなり、亀山公立幼稚園  4園となる。