トウモロコシの皮をむいたよ

7月10日(水)に生活科の食の学習で、給食に使うトウモロコシの皮むきをしました。みんなで44本のトウモロコシの皮をむきました。

トウモロコシのひげにびっくり。ひげの数とトウモロコシの数が同じだと教わりました。トウモロコシの花も教えてもらいました。

虫が出て来て「キャー」とさけぶ子もいますが、虫好きの友だちがパッと取ってくれました。虫も食べないようなトウモロコシは食べたくありません。

はい、できあがり! おうちでやったことのある友だちは、さすがに早く終わって、むいた皮やひげを袋に集めてくれました。トウモロコシは、次の日の給食で美味しく食べました。トウモロコシが嫌いだった子も、全部食べることができました。

 

アサガオがさきました。

6月19日(水)にアサガオの間引きをしました。鉢に5~7本のアサガオが育っていたので、大きいのを2本にして、あとは畑のうねに植え直しました。

上手に根からアサガオを抜き、うねに穴をほって、アサガオを植えました。

うねにもたっぷり水をあげました。それから、びっくりするぐらい毎日毎日、たくさんの子が水をあげてくれました。

7月に入っていよいよアサガオの花が咲き始めました。7月12日(金)に花をスケッチしました。夏休みは家で世話や観察をします。たくさん花がさいてほしいです。

みなみ保育園と交流をしました。

6月13日(木)に、みなみ保育園の年長さんが小学校に来てくれました。去年教えてもらった先生も来てくださったので、みなみ保育園の卒園生は大喜びでした。

年長さんに国語の授業を見てもらいました。みんな張り切って発表ができました。

業間から一緒に遊びました。年長さんは広い運動場に大喜び。遊具で遊んでいる子には1年生がお手伝いをしました。1年生はいろいろな幼稚園や保育園から来ているので初めて会った子も多かったですが、みんな楽しく遊べました。

 

最後にみんなで記念撮影。これからも交流をして、どんどん仲良くなっていきたいです。

私たちも、交流でみなみ保育園に行くのが楽しみです。

マットのスーパー先生

 6月10日(月)に体育のスーパー先生が来てくださいました。伊藤先生です。

1年生と2年生はマットを教えてもらいました。その前の走るトレーニングも楽しく、後ろ向きに走ったり、両足とびをしたり、グーチョキパーでとんだり、カエルや4本足で行ったりしました。

 いよいよマットです。マットの上でいろいろな運動をしました。「ペンギンさん」はひざで歩きます。「ペンギンさんジャンプ」はひざでジャンプして進みます。「にんじゃジャンプ」はひざで立ったままジャンプして立つので、できるとかっこよかったです。前回りの後はブリッジ。手のつき方と、手をしっかり伸ばすことを教わりました。

ブリッジが上手になると後ろ回りも上手になります。手のつき方が同じだからです。みんなでたくさん練習をしました。

マットを1回した後もダッシュをして自分の場所にもどるので、たくさん汗をかきました。

伊藤先生、ありがとうございました。次も楽しみです。

けんばんハーモニカのスーパー先生

 6月11日(火)に名古屋から来てくださった中野先生は、けんばんハーモニカのスーパー先生です。「うたくち用意」「うたくち休め」「うたくち長い休め」を覚えました。「休め」の時はうたくちをおヘソに、「長い休め」はハーモニカにはさみます。そうすると音が出ません。

「うたくちは黒い所を持って出します」「うたくちは伸ばしません。伸びると長く音を出しにくくなります」「うたくちは噛まずに唇ではさみます」。

息の強さで大きい音も小さい音も出せることがわかりました。自動車やバスのクラクションの音も出せました。けんばんを押さえたままでも、息を止めれば音を切れることもわかりました。

 後かたづけも大事です。うたくちのつばはハンカチでふきます。けんばんハーモニカに入っている布はけん盤をふくものなので、うたくちには使いません。ハンカチやタオルで写真のように、うたくちをトントンとしてからゴシゴシキュッキュとします。けんばんハーモニカの中のつばも、ふとももにタオルを置いてトントンとして、円い穴をゴシゴシキュッキュとします。落とした時などにうたくちを洗う時は、うたくちの黒い方を下にして水を少し出して洗います。うたくちの白い所に水を入れないようにします。うたくちからけんばんハーモニカに水が入ると、音が出なくなることがあるので注意です。

おうちでも、ちゃんとかたずけられるといいですね。中野先生ありがとうございました。