トウモロコシの皮をむいたよ

7月10日(水)に生活科の食の学習で、給食に使うトウモロコシの皮むきをしました。みんなで44本のトウモロコシの皮をむきました。

トウモロコシのひげにびっくり。ひげの数とトウモロコシの数が同じだと教わりました。トウモロコシの花も教えてもらいました。

虫が出て来て「キャー」とさけぶ子もいますが、虫好きの友だちがパッと取ってくれました。虫も食べないようなトウモロコシは食べたくありません。

はい、できあがり! おうちでやったことのある友だちは、さすがに早く終わって、むいた皮やひげを袋に集めてくれました。トウモロコシは、次の日の給食で美味しく食べました。トウモロコシが嫌いだった子も、全部食べることができました。

 

アサガオがさきました。

6月19日(水)にアサガオの間引きをしました。鉢に5~7本のアサガオが育っていたので、大きいのを2本にして、あとは畑のうねに植え直しました。

上手に根からアサガオを抜き、うねに穴をほって、アサガオを植えました。

うねにもたっぷり水をあげました。それから、びっくりするぐらい毎日毎日、たくさんの子が水をあげてくれました。

7月に入っていよいよアサガオの花が咲き始めました。7月12日(金)に花をスケッチしました。夏休みは家で世話や観察をします。たくさん花がさいてほしいです。

4年生 市総合環境センター見学

26日(水)、亀山市総合環境センターを見学しました。子どもたちは、社会科でごみの処理について、調べ学習を行ってきました。3R(リデュース、リユース、リサイクル)の大切さを知り、ごみ処理方法や、今と昔のごみ処理のちがいなど、いくつもの項目について調べました。これらの知識をもとに、亀山市では、現在どのようにごみが処理されているのかその実態を目で見て学んできました。

3名の職員の方からのお話に、子どもたちも興味深々でした。

みなみ保育園と交流をしました。

6月13日(木)に、みなみ保育園の年長さんが小学校に来てくれました。去年教えてもらった先生も来てくださったので、みなみ保育園の卒園生は大喜びでした。

年長さんに国語の授業を見てもらいました。みんな張り切って発表ができました。

業間から一緒に遊びました。年長さんは広い運動場に大喜び。遊具で遊んでいる子には1年生がお手伝いをしました。1年生はいろいろな幼稚園や保育園から来ているので初めて会った子も多かったですが、みんな楽しく遊べました。

 

最後にみんなで記念撮影。これからも交流をして、どんどん仲良くなっていきたいです。

私たちも、交流でみなみ保育園に行くのが楽しみです。