おみそしるづくり <5年>

5年生では、家庭科で五大栄養素や日本の食文化である和食について学習しました。そこで、今回はにぼしからだしをとって、だいこん・油あげ・ねぎのおみそしるづくりをしました。

また、こんぶ・かつおぶし・にぼし・こんぶとかつおぶしのあわせだしを飲み比べたり、赤みそ・白みそを食べ比べたりもしました。

さまざまな味にふれたり、調理したりして、食に興味をもってもらえたらうれしいです。

お面づくりに挑戦!

今、5年生の図工では「お面づくり」をしています。

まずは、風船に新聞紙をぺたぺた貼ります。

その上からもう一度新聞紙をぺたぺた・・・

最後に、コピー用紙をぺたぺた・・・

一週間おくと、風船の形をした立派な型ができあがり!

それを半分に切り取ったら、絵の具で色をつけ、

・・・完成です!

近々、掲示予定ですので

「六年生を送る会」に来られたときには、

5年生の掲示板や教室をご覧ください!

 

 

 

 

もちつきをしました

12月9日(水)、亀山西小学校内で

もちつき体験がありました。

今回は3種類の味のもちを食べることが

できました。(きなこ、あんこ、しょうゆです!)

初めてのもちつきに子どもたちは、

「けっこうつくのって大変!」

「もっとつきたい!」

など、しっかりと体験することができました。

また、自分たちで作ったもちを

何回も何回もおかわりする姿も見られました。

(お腹いっぱいになったね!)

お忙しい中、お手伝いいただきました地域の方々

本当にありがとうございました。

そして、準備にご協力いただいた、保護者の皆様

ありがとうございました。

2学期もあと少しですが、よろしくお願いいたします。

とびばこの練習をしました。

今日の2限目、3限目に体力向上アドバイザーの先生に

来ていただきました。5年生はとび箱の練習です。

開脚とびでの手の置き方や

閉脚とびでの足の閉じ方など

いろいろなことを教えていただきました。

とび箱が得意な子も苦手な子も

一生懸命取り組み、楽しんでいました。

 

 

稲刈りに行ってきました!

5月に田植え体験をさせていただいてから、

約5ヶ月が過ぎました。

今日は待ちに待った、稲刈りの日です。

今回は一人二株ずつ刈り取ることが

できました。

初めての「稲刈り」にドキドキしましたが、

どの子も話をよく聞いて、安全に

取り組むことができました。

一部ですが、子どもたちの様子を紹介します。

 

 

 

 

思い出に残る宿泊研修

6月18日、19日は宿泊研修でした。

亀山市と鈴鹿市の農業・畜産業施設を見学したり、

鈴鹿青少年センターで野外炊飯やキャンドルサービスをしたり、

大変密度の濃い2日間となりました。

見学先では、一生懸命メモをとり、質問や体験に挑戦する

意欲的な様子が見られました。

また、野外炊飯やキャンドルサービスでは、子どもたちが

心を一つにして協力している様子が見られ、

大変頼もしく感じることができました。

この宿泊研修のためにいろいろとご準備ご協力いただき

ありがとうございました。

一部ではありますが、子どもたちの写真をご覧ください。

(後日学年通信でもお伝えする予定です。)

<小林農場>

<豊田畜産>

<鈴鹿青少年センター>

<みどりのだいち>

<しそ農家>

5年生 しそジュース作り

 

 

 

 

 

 

 

 

 

6月20日(土)のふれあいの時間にしそジュース作りをしました。

使用するしそは、宿泊研修で見学させていただいた、しそ農家の方からいただきました。

子どもたちは、ゆで汁が、みるみるきれいな赤色に変わっていく様子を楽しそうに見ていました。

調理後はみんなで、なかよくいただきました。

宿泊研修に引き続き、協力して調理に取り組むことができました。

※宿泊研修については後日ホームページに掲載させていただきます。

 

初めての調理実習

今週、5年生は調理実習で「サラダ作り」に挑戦しました。

班別に使う野菜や役割をあらかじめ相談し、計画した上で

みんながんばって取り組みました。

野菜を切ったり、ゆで卵をゆでたり・・・

班で声をかけあい、楽しそうに調理している姿が印象的でした。

次は、宿泊研修でも作る「カレー」に挑戦します。

5-1は6月1日(月)

5-2は6月4日(木)

の予定です。持ち物等、ご準備よろしくお願いします。

(少しですが、子どもたちの様子を紹介します)

5-1

5-2

 

 

 

 

 

5年 落花生を植えました

5月19日(火) 理科の植物の生長と総合の食べ物の学習のために落花生を植えました。
一人に一つ種とポットを用意し、大切に育てていきます。

子どもたちからは「早く芽がでやんかな!」「どんなふうに生長するんやろう。」など様々な声があがっていました。
芽がでるまでは1~2週間かかりますが、日直が水やり当番となって管理していく予定です。
子どもたちは10月の収穫を楽しみにしている様子でした。

     

 

5年生 田植え体験!

 

 

 

 

 

 

5月13日(水) 羽若町の田んぼで、田植え体験を行いました。近隣地域で農家を営まれている方々にお世話になりました。

田植え作業は、裸足で田んぼの中に入っていくのですが、子どもたちは足をつけたときの感触にとても驚いていました。苗を植える際は、しっかり農家の方々の話を聞き真剣な表情で植えることができました。

この体験を通して、子どもたちは田んぼの中で歩くことの大変さや、まっすぐ苗を植える難しさを知りました。

そして普段、食べているお米が、多くの方々の努力によって生産されていることを知りました。

9月には稲刈り体験を予定しています。子どもたちの植えた苗の生長が楽しみですね。