ネイチャークラフト(なかよしくらぶ) 11月25日

きぼう教室の「なかよしくらぶ」でネイチャークラフトをしました。今までに作った作品を展示してくださり、自然のものでリアルな作品ができるので、みんなもKIFAの桜井さんもびっくりしました。

教えてくださったのは木下真如さん。東員町から来てくださいました。今日は落花生や枝などを使ってクワガタムシを作ります。

まず、木の実の殻を切って部品を作ります。次に落花生の殻に穴を開けて、木の枝をさしこんで足にします。

木の実で作った部品を落花生の上に貼っていきます。つけるのはホットボンド(グルーガン)がとても便利です。はさみで丸く切ったりして形をととのえていくと、とてもリアルなクワガタムシになります。

「これをね、ほら、こうやって」 木下先生がライターで枝をあぶってちょっと曲げると、クワガタの足らしくなるのでびっくり。どんどんコツがわかってきました。

初めてなかよしくらぶに参加した1年生の子たちもすごく熱中して作れました。あっという間に2時間が過ぎました。

クワガタを板にはりつけて、色をぬります。よく合う色を教えてもらいましたが、一人ひとりの色がちがいました。自分で作るのは、ゲームに遊ばれるより、ずっと楽しいです。

最後にみんなで写真をとりました。木下先生、どうもありがとうございました。