川へ行きました(なかよしくらぶ) 7月4日

 7月4日にきぼう教室の「なかよしくらぶ」で、学校の近くの鈴鹿川に行きました。川で魚をつかまえたり、水遊びをしたりしました。

 川のことを教えてくださったのは校区の浅田さん。昨年も教わったのでなかよしです。KIFA(亀山市国際交流の会)の桜井さんも来てくださいました。

 川下にあみをかまえて、川上の草の中を足でかきまぜると、中にいる魚が出てきてあみに入ります。あみは円いのではなく、先がまっすぐになっているのを使います。

 オイカワやシマドジョウなど、たくさんの魚がとれました。左の方にいる大きな魚はナマズです。

「もんどり」というしかけにも、たくさんの魚が入っていました。えさは、かいことお米を使います。ペットボトルでも作れるそうです。

 川遊びもたっぷりしました。川の流れに乗ると体がよく浮きました。とても楽しかった川遊び、来年もまた行きたいです。浅田さん、桜井さん、どうもありがとうございました。