3年生を送る会 (2月27日)

会場には、1・2年生が準備をした、掲示物がたくさん貼られ、雰囲気をもり上げています。

いよいよ三送会のはじまりです。

3年生、入場!!

☆PTA会長と校長先生から各記念品が卒業生にわたされ、お祝いのことばをいただきました。

☆続いて、亀山中学校同窓会長からメッセージをいただきました。

☆次に 元熊野市立木本中学校長の長島先生に「卒業生に向けて」と題した講演(すてきな音楽も含めて)をいただきました。「長島りょうがん先生」からは次のようなメッセージを熱く語ってもらいました。本当にありがとうございました。

   みんなはひとりじゃない! ひとりぼっちだと、ふんばれない!とにかく、ひとりにならないで!ひとりにならない力をつける! 必ずあなたのそばには誰かがいてひとりぼっちにはしない!                             どんなものにも、やさしさをもって接してほしいと。

 

☆第2部では、「お楽しみタイム」は3年生の先生からのメッセージと「3年間の想い出ビデオ」がながれ、3年間の生徒の成長とともに担当した先生方の深い愛情を感じました。

☆3年生3名から、3年間の思い出とこれからの夢を語ってもらいました。

☆もうすぐ卒業式です。3年生にとってこれまでの振り返りと気分を一新に、残りの中学校生活の充実にむけての気持ちを強くした一日でした。

生徒集会・認証式 (2月6日)

各表彰式がおこなわれました。

 

生徒会新役員認証式

新しい生徒会長からのあいさつがありました。

 

保健安全委員会・福祉委員会・広報委員会からの発表

(1)保健安全委員会・・・「食」についての○×クイズ

(2)福祉委員会・・・エコキャップ・ベルマーク収集・ボランティア活動などの委員会の活動内容について

(3)広報委員会・・・・昼の放送(卒業に関する曲・リクエスト曲)に関する調査のお願いについて

 

後期生徒会役員から、一人ひとりの退任のあいさつがありました。

会長の退任の言葉

最初、会長として何をすべきかわかりませんでした。でも会長をしてとてもいい経験になったと思います。まず、夏休みに高梁中学校の交流があり、そこで知らない人とも話すことができたし、特に体育祭、文化祭ではとても大きな仕事をさせていただきました。全校の前であまり話すことがなかったので、はじめはとても緊張しましたが、次第に慣れていきいい経験ができたと思います。演説で言った「明るい学校」にできたかどうかはわからないですが、自分の中ではあいさつがとてもできる学校だと思います。半年間ありがとうございました。

 

「命の日」講演会  1月13日(5・6限)

亀山中学校では、8年前の生徒の痛ましい事故を受け、毎年1月13日を命の大切さを考える「命の日」の取組を継続しています。今年度は、生徒のボランティア活動の実践報告と講演会をPTAの協力のもと実施しました。

①夏休みに宮城県でのボランティア活動の体験報告を3年生の伴彩加さんにしてもらいました。

②その後、石巻赤十字病院災害医療研修センター長補佐 高橋 邦治氏による「3.11で失った命から学ぶべきもの」という演題で講演をしていただきました。

防災意識を持たなければいけないということを強く感じる講演でした。また、ビデオ等で津波の恐ろしさ・災害の大変さを改めて思い知る講演となりました。

3学期 始業式 (1月 10日)

始業式に先立って、去る1月2日にお亡くなりになられた校長先生に対して全校生徒と職員で黙とうを捧げました。

中原校長先生からは、「さすが中学生です。大勢の人数が集まっても静かな行動ができますね。」とほめていただきました。そして、一人ひとりはきちんとしていても、集団になるとはめをはずしすぎて暴走するとこがあります。一人ひとりが中学生らしい行動をとることをこころがけていきましょう、そして充実した3学期にしていきましょう、と言われました。

また、新年を迎えて悲しいこともありましたが、そのことを乗り越えて頑張っていきましょう。命は戻らない大切なものということを実感し、みなさんも命の大切さ・重要さをわかってほしいと訴えられました。

ネットにおける表現には、「言葉は凶器、言葉は弾丸」ということを理解したうえで、活字に十分意識をもつことが必要です。言葉・活字で人の心を傷つけてしまうことに改めて気をつけてほしいと述べられました。

楽しい充実した3学期を送れるよう楽しいクラス、楽しい学級にしていきましょう、と話されました。

村田先生からは、2学期の終業式で約束した、3学期に全員がこの場に集まれることが出来てうれしいと言われ、先日 新聞でみた記事のことを話されました。

皆さんも、自分に問いかけをして自分の行動を見直すということを、中学生として見習うべき行動ととらえて、3学期をすごしましょうと言われました。

 

2学期 終業式 (12月 22日)

校長先生より

亀山中学校の生徒はあいさつがとてもよい、といわれました。あいさつをやさしく言えばやさしく、きつく言えばきつく返ってくるものなので、3学期にむけては、あいさつのをあげていきましょう と話しがありました。

まず、今年の1年間をスライドで振り返りました。

そして、新しい年に向けて、

3学期は、質のよいあいさつがこだまする、元気な亀山中学校にしていきましょう!

との校長先生からの話でした。

生活指導 村田先生より

冬休みにむけての7つ ①規則正しい生活習慣 ②学習(地道な努力をしていこう)③健康 ④安全な生活(交通安全)⑤外出(トラブルにまきこまれない)⑥部活動(真面目に取り組もう)⑦その他(携帯電話の使い方など 書き込み等)

最後に 3学期に ひとりもかけることなく全員がこの場所に集まることが一番重  要なことです と話されました。

生徒集会 (12月 22日)

 

  生徒会から

2学期をふりかえって・・・・

(良い面)あいさつをする人が増えた、名札をつけることができるようになってきた  (悪い面)集会での点呼が遅かった、集会での返事が出来ない

生徒会研修会の報告

亀山中学校の報告は、交通安全への取り組みについて発表したそうで、自転車の乗り方、自転車点検」について報告したそうです。
ドライブレコーダーを使った他校の取り組みにとても興味を持ったとのことでした。

午後からは、人権についての研修会があったそうです。現実的なこ課題での話し合いに真剣に取り組んだと報告がありました。

各委員会から 2学期の反省

体育委員会
体育館解放 について
ボールのかたづけが悪い、予鈴までに終われない
図書委員会
貸し出し数の多かったクラス 1年3組 2年2組 3年5組
悪かったこと
図書室であそんでうる
カウンター内にはいる
美化委員会
ピカピカ大作戦 表彰
3年生 6組
2年生 1組
1年生 4組

表彰式

 

全校人権フォーラム 12月1日

SNSやラインなどのへの書き込みについて考えました。先日の「人権講演会」での話を受けて、自分はどの立場で動いているか などについて全校で意見を出し合うことができました。「差別をなくすため行動をする人」に少しでも近づけることが出来る意見をたくさん出すことができたように思います。

 

進路説明会 11月11日(金)

今年度の高校受験についての説明と 各高校からの説明(亀山高等学校 四日市工業高等学校 あけぼの学園高等学校 鈴鹿高等学校 大橋学園高等学校) を聞きました。

避難訓練  11月 4日

地震と火災を想定して 訓練を行いました。

校庭に避難しはじめてから 約2分40秒 その後の点呼に約2分。

避難したからと安心するのではなく、最後の点呼までしっかりと気をひきしめて訓練をおこなうことが重要ですね。

 

文化祭 10月29日

  奏でよう Beautiful  Harmony

~ Together    しようぜ!!~

1年生合唱  最優秀賞 1組  優秀賞  4組

2年生 合唱   最優秀賞 1組  優秀賞 6組

3年合唱    最優秀賞 4組  優秀賞 1組

パソコン部 発表

 

美術部・ものづくり部

PTA 教養講座 作品

  

展示

  

  

PTAコーラス

吹奏楽部

 

軽音学部

特技発表