冬至

 今日、23日(金)は天皇誕生日で祝日です。昼間は穏やかで暖かい日となりました。今年もあとわずかになりました。やり残した仕事や年末の大掃除、新年に向けてのご準備などで、これからお忙しい日々を過ごされるかもしれませんね。12月22日から1月5日までは、24節季の冬至にあたります。6年の国語の教科書にも春からずっと、連載コラムとして、この24節季のことが書かれています。まさに、今、一番昼の時間が短い時期です。これからは、畳の目一つ分、あるいは米粒一つ分ほどですが、日が長くなると言われています。この時期に、かぼちゃ・れんこん・だいこん・ぎんなんなど。「ん」のつく野菜を食べると、「運」を呼ぶそうです。かぼちゃは、なんきんとも言いますから。冬至は、新しい年を向かえる重要な節季なんですね。教科書には、こんな俳句も掲載されています。
『海の日のありありしずむ冬至かな』(久保田 万太郎)
【写真は、4年書初めの練習です】

 

2学期終業式

 冬休みの課題の一つでもある読書のために、図書館にある本を、1人2冊貸し出しをしました。もちろん、このほかに、おうちにある本や、新たに本屋さんで手に取った本などにも挑戦してほしいです。私も、この冬休みに、最近買ったけど、読まずに本棚や机に上に積んである本を読もうと思っています。
 今日は2学期終業式。私からはこんな話をしました。
「本日2学期の終業式を迎えました。2学期は、まだ暑さが残る9月から、寒さが厳しくなる12月まで長い期間でした。それぞれの学年でたくさんのことを学習しました。国語や算数、理科、社会、図工、音楽や読書などは教室や学校の中で学びました。一方で、幼稚園、保育園の園児さん、高校の生徒さんとの交流、遠足や社会見学、宿泊研修、音楽会、修学旅行など、学校の外へ出て学んだこともあります。また、地域の方や専門の先生を学校へ招いて教えていただくこともたくさんありました。
 そんな中で、自分は100%力を出し切った。よく頑張った。反対に、諦めてしまった。途中で投げ出した。みなさんはどちらでしょうか?まだまだ努力が足らなかった、もっとがんばらなあかんだと思っている子は、全然遅くないです。3学期から、冬休みから、いや今日から、頑張ったらいいんです。
 それからもうひとつ、みなさんは友だちと仲良く生活ができたでしょうか?道徳の時間や人権集会などでも学んだと思います。階段の壁にこんなポスターを見つけました。
「自分がされて嫌なことを人にしない。」
「自分が言われて嫌なことを人に言わない。」
もし、ともだちが一人でいたり、困っていたりしたら声をかけてください。
 明日から冬休みです。冬休みの宿題もありますが、ぜひ、冬休みの目標を立てて取り組んでください。冬休みの生活については、担任の先生や、地区担当の先生からも聞いていると思います。このあと、生活指導担当の加藤先生からもお話を聞きます。1月9日に、元気に登校してください。」

 

 

サンタさんのプレゼント!

 今朝は寒い中、サンタさんが、亀山東小学校前の校門で、子どもたちを迎えてくれました。実は、サンタさんは、毎朝、亀山高校前の交差点を登校する児童たちの安全の見守りをしていただいている交通安全ボランティアの渡辺さんです。ありがとうございます。また、渡辺さんは、昨年に引き続き、東小学校全児童にマジックペンをプレゼントしてくれました。明日、子どもたちにお渡しします。
 今年も明日の終業式で学校は休業になります。大きな事件、事故などなく無事に登下校できたのも、保護者さん、地域の様々な方々のおかげと思っています。本当にありがとうございました。

 

スタンプラリー大会

 今日は、6年生が「スタンプラリー大会」を行いました。縦割り班のメンバーで、主に6年生が準備してきました。全部で18か所のスタンプラリーがあります。全部回れるといいのですが・・・。「さがせ なぞときめいろ」「おみくじクイズ」「ゴーストハウス」「ブービーめいろ」「もぐらまとあて」「ゴールをめざして」などなど18か所のブースが開かれました。長い行列のできる人気のブースもありました。
 さて、明日と学期末保護者懇談会です。懇談会でお渡しする「あゆみ」は、子どもさんの学習、生活の成果の一端をお知らせするものです。できたこと、できないことを知る資料ではありますが、頑張っていること、努力していることを認めてやることが大事だと思います。冬休みや今後に向けてのめあてを立てる資料の一つにしてほしいです。また、懇談会は非常に短時間で、ゆっくりと担任と話ができないこともあるかもしれません。もし、懇談の中で、納得がいかないことや、もう少し話がしたいという場合は、遠慮なく担任にその旨をおっしゃってください。

1年 年賀状を投函

 いよいよ、今週で2学期が終わります。二日間にわたり個別懇談会も行いますので、限られた短い時間ではありますが、2学期の学習や生活の様子を懇談していただきます。
 さて、今朝、1年生が学校前の郵便ポストに年賀状を投函しました。これは、1年生が家族や親類の方にあてて、日ごろの感謝の気持ちをこめて年賀状にしたものです。1月1日の配達を楽しみにしてお待ちください。

 

 

1年「読書感想画」を

 みなさんは、「ふたご座流星群」をご覧になりましたか?こんな寒い夜に、星空を見上げているなんて無理?もっともでございます。実は、まさに今朝の5時半くらいの時です。三日月が美しく輝いているなあと見ていたら、やや北よりの東の方向に一筋の光輝く流れ星を見ました。あんなに長く輝いて消える流れ星を見たのは初めてかも。願い事をする暇はありませんでしたが・・・・。「ふたご座流星群」のピークは14日ごろと聞いていましたが、17日ごろまでは、天気さえ良ければ全国的に観察できるそうです。
 さて、今週、1年生が『読書感想画』に取り組んでいましたので、今日はその紹介をします。読書感想画という言葉を聞かれたことはありますか?絵本や本を読んで、その感想文ではなくて、イメージしたこと、考えたことや思いなどを絵に表現するものです。読書感想文はおなじみのコンクールだと思いますが、読書感想画にもコンクールがあります。
 どの学級も、先生から【あなのなかには・・・】(レベッカ・コッブ・作・絵、長友恵子・訳、フレーベル館)という絵本を読み聞かせしてもらいました。男の家の庭に、ふと気づくと穴がありました。なんだか深そうな穴です。穴の中には、何がいると思いますか? 男の子はママやパパ、友だちに聞きますが、みんな違うことを言います。何かわからないって、わくわくしますね。男の子といっしょに、穴の中の「だれか」を想像してみましょう!1年生の子どもたちは想像力を働かせながら、自分が最も描きたい場面や登場人物、動物の様子などを画用紙に描きました。

人権標語

 早朝に降雪がありました。気象庁によりますと、このあたりは初雪だそうです。鈴鹿山脈の山々も真っ白に輝いています。本当に冷え込んだ1日となりました。
去る
12月4日~10日の人権週間にちなみまして、本校では、各学年、各学級で人権教育の一環として、全校児童が人権標語をつくっています。この標語をつくることによって、自分の行動や学級目標を見直したり、自分は今、何をしなければいけないのか問い直したりすることができたのではないかと思います。
 私たち大人が、はっと気づかされるような言葉もあり、まず私たち大人から行動しなければならないと感じます。全教職員による入選作品をここに紹介いたします。ここには、金賞受賞者の作品のみ紹介いたします。(写真は、6年のむきむきチャレンジで鬼ごっこをしているところ)
【1年】 あそぼうよ あいての目を見て 自分から
【2年】 わたしから あの子をまもる 手だすけを
【3年】 いじめっ子 あなたはきっと 弱い人
【4年】 笑い声 心の花が 今さいた
【5年】 「ごめんなさい」それって本当に 思ってる?
【6年】 「関係ない」見て見ぬふりも いじめだよ
 

 

書初め【お正月】

 もうあと半月余りほどで、今年も終わります。いや、これはちょっと早いですね。まだ、二学期も終わっていないのですから。学校では、「書初め」の練習をしている学年もあります。3年は、『お正月』です。正月には、新たな年の神様を迎えるという日本人の特別の気持ちがあります。初詣に始まり、書初め、おせち料理、鏡開き、しめ縄、門松・・・などの行事がありますが、最近では、それらの行事はやや薄れてきていますかね?私事になりますが、先月、初孫を授かりました。久しぶり(30年?ぶり)に、我が家に、手のひらにおさまるくらいの小さな子といっしょに暮らしています。
 さて、「書初め」について紹介します。「書初め」は、日本のほとんどの小学校で取り組まれています。古来は、1月2日に勉強や仕事を始めるということで、2日に書いたそうです。学期末にかけて、学校で練習をしますが、冬休みにもおうちで練習してください。きっと、宿題にもなっていると思います。そして、新年早々に、気持ちを新たにして、それぞれの学年の課題の「書初め」に取り組んでください。

【ALT】英語指導助手の先生が本校に!

 今日は、亀山市内の小中学校に勤務している【ALT】の先生の研修会が本校でありました。【ALT】とは、英語の授業で担任とチームを組んで指導の補助をする先生で、市内には5人ほどみえます。英語が母国語であり、アメリカ、カナダ、ジャマイカのご出身の方々です。
 最初に、6年2組の授業を参観して、そのあと、授業の進め方について話し合いをしました。東小学校の【ALT】は、ローリー先生です。今日の授業は、自分の好きな国とその理由について、4人グループで交流することです。3人のグループが一つありましたので、私もそのグループに参加して交流しました。一番目の子が、こんな発表をしました。
“Let’s go to the USA. You can see 自由の女神. You can see ディズニーランド.
You can eat ステーキ. Nice country!”
 こんな感じで順番に自分の好きな国を紹介していきました。私のおすすめの国は・・・
“Let’s go to Canada. You can see ロッキーマウンテン. You can see ナイヤガラの滝. Beautiful country!”
と話しました。習った英語、理解している英語を使い、相手に言いたいことを伝えることや、聞いている方は、反応しながら付け足しをしたり、やりとりしたりすることが大切です。分からない言葉は、日本語を交えることもありですし、苦労しながら英語に置き換えたり、ジェスチャーを交えたりしてコミュニケーションをはかることもありです。授業の後、子どもたちは、初めて会う、背の高いジャマイカの先生、アメリカの先生に気軽に話しかけている姿がありました。

 

むっきむっきチャレンジで体を動かそう

 先週から【むっきむきチャレンジ!~おにごっこ編~】に取り組んでいます。学年ごとに行っており、今日は5年生です。おには、体育委員さんです。これからますます寒くなり、外遊びが減ってきます。風邪や寒さの負けない体にするためにも、ふだんから運動に意図的に取り組む経験を積み重ねたいと思います。ご家庭においても休日など利用していろいろな運動に取り組ませてください。
 寒さと言えば、12月は例年になく寒い日が続くそうです。実は、先週の金曜日~土曜日にかけて、札幌に滞在しておりました。小学校における英語教育についての研究会に参加するためです。私は、札幌市立大倉山小学校の授業を参観しました。ご存知のように、3~4年生が、3学期から毎週1時間、英語の授業が実施されます。また、5~6年生については、同じく3学期から、朝の会の後15分ずつですが、週3回ほど英語の短時間学習を実施します。私たち教員にとっても初めての経験ですので、事前に研修を積んで、円滑に授業を進められるように準備をしているところです。