3年市内見学から帰りました!

 3年生が市内めぐりの社会見学から帰ってきました。見学先の1ヶ所目は、農業(のうぎょう)研究所(けんきゅうしょ)茶業(ちゃぎょう)研究室(けんきゅうしつ)です。亀山市の茶畑で取れたお茶を加工し、「伊勢茶」として出荷している施設です。子どもたちは、お茶のできるまでの工程の見学や、茶畑の見学、お茶についてのお話を聞くという流れで見学をしました。考えてきた質問をし、その答えを真剣に聞いていました。
 2ヶ所目は、三重ローソクです。大きいローソクや小さいローソク、丸いローソクや色とりどりのローソクがありました。実際にローソクを作るところを見学して、子どもたちは目を輝かせていました。
 サンシャインパークでお昼休憩をとった後は、関宿に向かいました。関宿の街並みを歩き、関宿(せきじゅく)(はた)()玉屋(たまや)歴史(れきし)資料館(しりょうかん)とまちなみ資料館を見学しました。建物の造りにびっくりしながら見学していました。
 帰りのバスでは、みんな疲れた様子でした。今日の体験を活かして、明日からも頑張りましょう!

 

「きなこ」の香

 昨日、井尻地区内の歩道橋が破損し、撤去されたことを配信メールでお伝えしました。春休みに、歩道橋の新設工事が始まるものと思います。工事完了まで井尻地区の児童の登下校や、近隣の地域の方々にはご不便が生じます。学校からも、工事関係の担当者の方に、歩行者の安全を優先していただけるようにお願いいたしました。
 さて、今日は3年の白玉だんご(きなこ味)についてお知らせします。3年生が総合的な学習の時間に大豆を栽培しました。その大豆を使ってきなこを作りました。大豆をいると、香ばしいかおりが漂いました。さらに、細かく細かく擦りますと、きれいなきつね色をしたきなこができあがりました。何とも言えないいい香りです。予めゆでてあった白玉だんごに砂糖を混ぜたきなこをつけて食べました。

あと、卒業式まで10日!

 昨日の晩、NHK総合テレビで「津波6年目の真実」というNHKスペシャル番組がありました。ご覧になった方もみえるかもしれません。津波では、海から町へ迫ってくるときよりも、引き波のほうが、その力が強いそうです。その結果、家屋や人命が海へ放り出されてしまったそうです。3月11日で6年がたちますが、まだまだ、多くの方が行方不明になったままで、ご家族の方にとっては、いたたまらないお気持ちでしょう。
 さて、6年は、卒業まで、残り10日となりました。今日は、歌と呼びかけの練習をしました。「前に立ったら体を動かさない」「髪の毛や顔に手がふれない」「歩くとき足音をたてない」「まっすぐ前を見る」など担任から指導がありました。卒業式は集団行動ですので、一糸乱れぬ立ち居振る舞いがあってこそ、学校生活最後を締めくくる授業だと言えます。そんな成長した姿に感動を覚えます。卒業生のみなさん、風邪などひかないよう、体調管理に十分気を付けてください。
 休み時間に、「むっきむき鬼ごっこ(3年参加)」をしました。今日の鬼は、5年体育委員さんです。3年の子どもたちは、鬼につかまらないように必死で逃げました。大変楽しそうに逃げていました。

3年 歴史博物館へ

 もう、2月もあと数日で終わるころとなり、今日は比較的暖かい日になりました。3年が社会科「昔のくらし」の学習のため、亀山市歴史博物館に行きました。行き帰りとも市のバスを利用しました。
 昭和の時代のころまで衣食住にかかわって、家庭生活で利用していた諸々の道具を、実際にながめながら学芸員さんから説明を聞きました。洗濯板、たらいに始まって初期型の電気洗濯機。ちょうど、私の子どものころに使っていた電気洗濯機といっしょでした!懐かしい。
 電気が無い時代の冷蔵庫には驚きました。外側はタンスのような木製で、内側はブリキでおおわれています。上の棚に氷を入れて、下のものを冷やすしくみです。でも、近くで氷を手に入れることができなかったら、ただの箱になってしまいますね。
 また、電気はもとより、ローソクも無い時代の灯りはあんどんを使っていました。油は、菜種油だったそうです。実際に部屋の電灯を消して、真っ暗にしてあんどんを灯してみました。当時と同じ菜種油と芯にいぐさを使っています。人の顔もはっきり見えないくらいうっすらとした灯りでした。でも、芯のいぐさを伸ばすと、明るさが強くなりました。当時の人にとっては、夜はこんな中で暮らしていたのですね。
 冬に身体を温める湯たんぽ、豆炭あんかもありました。実は、我が家では全員が、ふとんの中に湯たんぽを入れて寝ています。朝まで温かいのが不思議です。私が子どもの頃、おばあさんは、いつも火鉢使っていたのを覚えています。炭の上にお餅をのせて焼いてくれたことを想い出します。また、ベンジンカイロをふところにしまいこんで体を温めていました。近くに寄ると、ぷーんとベンジンのにおいが漂っていたのものです。

 

みんなでワクワククッキング

 今日は、3年生児童が亀山高校総合生活科の2、3年生の生徒さんとクッキーづくりをしました。以前から総合生活科の先生方に、家庭科の分野でぜひとも交流をしたいとお願いしておりました。ようやく念願かなって、今日は3年生がクッキーづくりをしました。そして、来週は6年生がチョコレートづくりを行うことになっています。
 亀山高校には二つの大きな調理室があり、1組と2組に分かれて調理室に入りました。主に総合生活科の2年生の生徒さんと3年生に一部の生徒さんが、作り方を説明したり、実演をしてくれたりしました。子どもたちは、少し大きなお姉さん(お兄さんも一人みえました)に楽しそうに話しかけたり、教えてもらったりして温かい交流ができました。
 伊勢新聞さんと読売新聞さんが取材にきてみえて、明日の朝刊に今日の交流記事が掲載されるそうです。

ダンス!ダンス!

 2月28日(金)は、【6年生を送る会】です。6年生の卒業を全校で祝い、楽しい思いでづくりにするため、5年生を中心に練習や準備に取り掛かっています。写真は、3年の演技の練習です。なんと、ダンスを二つ行い、合唱もするとのこと。寒い体育館ですが、熱気に包まれています。ほかの学年も順次お伝えします。