亀山市内小中学校特別支援学級児童の作品展

 3日(土)~5日(月)にかけて、亀山エコー店の展示ロビーにおいて、亀山市内小中学校特別支援学級作品展が開催されました。市内の小中学校特別支援学級に在籍する児童生徒が学校で取り組んだ作品が展示されました。土日にエコーへ行かれた方は、ひょっとして鑑賞された方もみえるかもしれません。そして、今日、特別支援学級の児童がエコーへ作品の鑑賞のため訪れました。鑑賞の後は店内へ入り、予め計画していた雑貨を買いました。
さて、話は変わりまして、
1月から2月はかんきつ類の豊富な時期です。かんきつ類の種類を覚え、親しみ、また自分で選ぶことで、食を楽しみながら食べることができます。みかんの仲間には、ビタミンCやクエン酸がたくさん含まれています。ビタミンCにはカゼにかかりにくくしたり、はだをきれいにしたりする働きがあります。みかんの薄皮には食物せんいがあり、白い筋にはビタミンがたくさん入っています。うんしゅうみかん3個で1日に必要なビタミンCをとることができます。子どもたちに、実際のみかんを観察してもらうため、中央廊下に8種類ほどのみかんを並べています。
明日、2月6日(火)は『みかんバイキング』給食です。うんしゅうみかん、いよかん、ネーブルオレンジ、ぽんかん、はっさく、グレープフルーツ、きんかん、デコポンの8種類のみかん類から3~4個選んでもらいます。