学校保健委員会開催

 本日、学校保健委員会を開催しました。この会議は、年に一度の開催ではありますが、学校における健康問題を研究協議し、児童の健康づくりを推進するものです。委員として、学校医の豊田先生、学校歯科医の岡本先生、学校薬剤師の上荷先生にご参加いただきました。また、地域代表として、まちづくり協議会の各会長さん、そして、保護者代表として、PTA本部役員さんにもご出席いただきました。
 委員の皆様から貴重なご意見をいただきました。先月、インフルエンザによる学年閉鎖、学級閉鎖を行いました。予防することを徹底することから、マスクの着用はもちろんのこと、1日でも早く医師の受診をして拡大感染させないことが大事であること。また、冬季のインフルエンザがはやる時期は、積極的にお茶うがいをすることや、のどを乾燥させたいためにも、毎時間お茶などを口に含むような習慣をつけてはどうか。
 もうすぐ立春になりますが、あと2週間くらいは寒い日が続くようです。これからも、健康管理をよろしくお願いします。(写真は、その会議の様子と、校内に掲示されている「書初め展示」です)