1年 どうぶつの赤ちゃん

 今朝早く、西の空に大きな満月が輝いていました。西の山に沈む直前です。とても美しいです。天体ショーが見られるとのことですが、さすがにこの時期、夜中に外へ出て空を見上げるには辛いものがあります。
 さて、昨日、1年2組の国語の授業を他の教職員や外部講師(亀山市教育委員会や三重県教育委員会の各指導主事)の先生方で参観し研修をしました。教科書の教材「どうぶつの赤ちゃん」を読んだ後で、子どもたちが自分の紹介したい動物を図鑑などで調べて、生まれたときの様子や大きくなっていく様子を中心にまとめました。となりの子同士で交流する場面がありました。ゾウを調べた子がいて、生まれたときに、人間の大人2人分の体重があると伝えると、みんなびっくりしていました。このように、教科書を読むだけでなく、いろいろな図書や図鑑などを自分から手に取り、知りたいことを調べたり、まとめたり、伝えたりする力を1年生から身に付けていきます。