3学期を迎えました

本日、新春の柔らかな光がさす中、子どもたちが登校し、3学期の始業式を行いました。始業式ではこのような話をしました。
『2018年、平成30年が始まりました。冬休み中は、学校は大変静かでしたが、今日からみなさんの元気な姿が学校に戻ってきましてうれしく思います。交通事故や事件などなく、健康で安全に過ごすことができてよかったです。きっと冬休みの約束を守ったおかげだと思います。冬休みは、楽しい思い出が作れましたか。親戚のおうちへいったり、家族で旅行したり、初詣で神社に出かけたり、地区行事に参加したり・・・・。 ただ、冬休みの間は、普段のように早寝早起きができなかったり、朝ごはんを決まった時間に食べなかったりということがあったかもしれません。今日からは、早寝早起きをして、忘れものなどないように規則正しい生活を心がけましょう。
さて、皆さんは新年のめあてを立てましたか?新年の決意や目標などを立てた子は手をあげてください!まだの子はこれから立ててください。その際、目標は、あまり大きすぎないものにしたほうがいいです。小さくてもいいので、毎日コツコツ続けることができるもの。努力すれば実現できるものをいくつか(できれば多く)立てるといいと思います。 毎日、漢字30個を書く。毎日ハンカチとティッシュをポケットに入れる。そうすると守りやすいし、できたことがはっきりする。できたことを自分で評価したり、また、家族で認め合ったりすることで、さらにやる気が出てきます。
3学期は寒い日が多くなります。寒さに負けず、一生懸命勉強や運動に頑張ってください。そして、それぞれの次の学年の進級に向けて準備もしてください。最後に、6年生のみなさん、いよいよ、卒業という言葉が近づいてきました。小学校生活もあと2か月余りとなりました。今後も、下級生、後輩のみなさんのよき模範をいっぱい見せてください。宝物を残していってください。【写真は、本日の始業式と、今朝の自治会長さんのあいさつ運動です】