おにぎり給食

 1月24日から30日までは「全国学校給食週間」です。学校給食が始まったのはいつかご存知ですか?なんと、明治22年に山形県鶴岡町(現在の鶴岡市)の小学校で、貧しい子どもたちを対象に無償で提供された昼食が、日本で最初の学校給食だといわれています。当時の献立はおにぎり、塩サケ、菜の漬物などが出されていたといわれています。詳しくは、配布しました給食献立表に書かれています。
 さて、今日25日(木)は、おにぎり給食です。献立は、ごはん、のり、しおざけ、うめぼし、こめこのすいとんです。1年生の児童は、ごはんを握るのがやや難しそうでしたが、「おいしい!」と言っていました。ごちそうさまでした!