1年「読書感想画」を

 みなさんは、「ふたご座流星群」をご覧になりましたか?こんな寒い夜に、星空を見上げているなんて無理?もっともでございます。実は、まさに今朝の5時半くらいの時です。三日月が美しく輝いているなあと見ていたら、やや北よりの東の方向に一筋の光輝く流れ星を見ました。あんなに長く輝いて消える流れ星を見たのは初めてかも。願い事をする暇はありませんでしたが・・・・。「ふたご座流星群」のピークは14日ごろと聞いていましたが、17日ごろまでは、天気さえ良ければ全国的に観察できるそうです。
 さて、今週、1年生が『読書感想画』に取り組んでいましたので、今日はその紹介をします。読書感想画という言葉を聞かれたことはありますか?絵本や本を読んで、その感想文ではなくて、イメージしたこと、考えたことや思いなどを絵に表現するものです。読書感想文はおなじみのコンクールだと思いますが、読書感想画にもコンクールがあります。
 どの学級も、先生から【あなのなかには・・・】(レベッカ・コッブ・作・絵、長友恵子・訳、フレーベル館)という絵本を読み聞かせしてもらいました。男の家の庭に、ふと気づくと穴がありました。なんだか深そうな穴です。穴の中には、何がいると思いますか? 男の子はママやパパ、友だちに聞きますが、みんな違うことを言います。何かわからないって、わくわくしますね。男の子といっしょに、穴の中の「だれか」を想像してみましょう!1年生の子どもたちは想像力を働かせながら、自分が最も描きたい場面や登場人物、動物の様子などを画用紙に描きました。