人権標語

 早朝に降雪がありました。気象庁によりますと、このあたりは初雪だそうです。鈴鹿山脈の山々も真っ白に輝いています。本当に冷え込んだ1日となりました。
去る
12月4日~10日の人権週間にちなみまして、本校では、各学年、各学級で人権教育の一環として、全校児童が人権標語をつくっています。この標語をつくることによって、自分の行動や学級目標を見直したり、自分は今、何をしなければいけないのか問い直したりすることができたのではないかと思います。
 私たち大人が、はっと気づかされるような言葉もあり、まず私たち大人から行動しなければならないと感じます。全教職員による入選作品をここに紹介いたします。ここには、金賞受賞者の作品のみ紹介いたします。(写真は、6年のむきむきチャレンジで鬼ごっこをしているところ)
【1年】 あそぼうよ あいての目を見て 自分から
【2年】 わたしから あの子をまもる 手だすけを
【3年】 いじめっ子 あなたはきっと 弱い人
【4年】 笑い声 心の花が 今さいた
【5年】 「ごめんなさい」それって本当に 思ってる?
【6年】 「関係ない」見て見ぬふりも いじめだよ