『ジャムおじさんのクッキー工場』

 今日は、3年生児童が亀山高校総合生活科の3年の生徒さんとクッキーづくりをしました。以前から総合生活科の先生方に、総合学習や家庭科の分野でぜひとも交流をしたいとお願いしておりました。昨年度より実現していただけるようになりまして、今年で2年目になります。今日は3年生がクッキーづくりを行います。そして、3学期には、6年生が行うことになっています。
  3年生の児童たちは、朝からワクワクしていました。高校の玄関に入ると、生徒さんが迎えてくれました。亀山高校には二つの大きな調理室があり、1組と2組に分かれて調理室の前まで行きました。調理室の前には、『ジャムおじさんのクッキー工場』という看板が立っていました。廊下でエプロン、三角巾、マスクを着用しました。三角巾を着けるのに苦労している子がいましたが、近くにいた生徒さんが手伝ってくれました。
 子どもたちは、大きなお姉さんに楽しそうに話しかけたり、教えてもらったりしてお気に入りのクッキーを作りました。小学校の中だけでは絶対に経験できない貴重な温かい交流ができました。校長先生、教頭先生をはじめ、総合生活科の先生方、そして、生徒のみなさんにお礼を申し上げます。ありがとうございました。
【伊勢新聞さんと中日新聞さんが取材にきてみえましたので、明日に各朝刊に掲載される予定です。また、三重テレビさんも取材されていました。放映は、三重テレビで、本日午後5:40~6:00か、午後9:55~10:15の予定です。】