3年スーパーマーケット見学

 11月27日(月)、3年生が社会科の学習で、校区内のスーパーへ見学に出かけました。スーパーに売っているたくさんの商品が、どんな人たちの手でどのように売られているのか、どんな工夫があるのか等、実際に自分の目で学習してきました。
 店長さんについてもらって、丁寧に説明していただきながら、店のバックヤードを見学しました。野菜や果物、肉や魚、ジュース、酒、文房具など、たくさんの種類の商品はすべてパソコンで管理されていることや生鮮食品の鮮度を保つために品物ごとに冷蔵庫や冷凍庫を使って保存していることなど教えていただきました。
 スーパーでは、段ボールや野菜くずなどのゴミが出ますが、すべて再利用できるように工夫しているそうです。
 バックヤードの見学の後、店内を見学しました。レジで働いている人や少なくなった品物を補充したり、買いやすいように品物を並べたりしている人もいました。また、生鮮食品を並べる棚をきれいに掃除していました。お客さんが気持ちよく買い物ができるようにいろいろな工夫があることが分かりました。
 子どもたちは、店長さんや店内で働いている方にたくさんの質問をして、回答を一生懸命にメモする様子がみられました。お忙しい中ご協力いただきましたマックスバリュー亀山店(亀山市北町)様には、大変感謝申し上げます。また、一人ひとりの子どもに、ノートと蛍光ペンをおみやげにいただきました。