6年情報モラルを学ぶ

 6年生は22日(水)と24日(金)の両日にわたり、亀山高校システムメディア科3年の生徒さん10人と先生をゲストティーチャーに招いて、友だちとのコミュニケーションや情報モラルに関することを学びました。最初に、10問の問題を各自で○か×か答えました。その中の問題を少し紹介します。
○ラインやメールは、相手が好きなタイミングで読むので、けっこう遅い時間に送っても大丈夫だし便利なものだ。
○友だちと遊びに行ったときに、みんなの自然体の様子を写真に撮りたくて、そっと撮影しておいて良かった。
○好きなアイドルのコンサートの告知ポスターを見かけたとき、貴重なのでカメラで撮影しておいた方が良い。
 解答したあと、亀山高校の先生や生徒さんから、詳しく理由も教えていただき、子どもたちも納得しました。これから気を付けてほしい事柄ばかりでした。10問すべて×と考えたほうがいいということでした!
 先生役になっているのは、全員3年生の生徒さんです。亀山高校の生徒さんにとっては、キャリア教育の一環として、自分たちが教える立場に立って、いろいろな環境や施設でPCの指導や支援をしているそうです。身近な高校の生徒さんが、先輩として熱心に教えてくれる姿勢や態度に接することは、本校の子どもたちにとっても大変意義あるものだと思っています。
 多くの生徒さんが進学先、就職先が決まっているとのことです。将来のご活躍をお祈りいたします。これからも、様々な学習の機会をとらえて、亀山高校の先生や生徒さんと授業や体験活動を通して交流を続けさせていただきたいと考えています。
 なお、本日、24日(金)の6年1組の学習の様子について、中日新聞とZTVの取材がありました。ZTVの放送は、27日(月)18:00、20:00、22:00、23:00
28日(火)6:00、8:00、11:00、12:00、14:00です。中日新聞は、明日の記事になるそうです。