本日教育懇談会に童話作家「村上しいこ」さんを迎えて

 3連休の間に、体育館西側から運動場に入る通路を整備しました。これまで、凸凹になっていて、雨が降るとやくさんの水たまりができていました。教育委員会さんも現場をよくご存じでしたので、お願いをしたらさっそく修繕してもらいました。
 さて、今日の午後は、教育懇談会があります。前半の部では、地元三重県の童話作家の「村上しい子」さんから『物語と出合おう』というお話を子どもたちといっしょに聞きます。実は、図書館の中に、給食調理員さんの古市さんが紹介しているですが、「給食室の日曜日」という本があります。作者をみると、なんとなんと、今回講師としてお願いした「村上」さんでした。給食室の中って、窓の外からしか見られませんね。なんか謎めいています。このお話しは、学校の休みの日曜日の給食室。いったい何が起こっているのでしょうか?そんなわくわくするお話しです。図書館には他にも村上さんの本がたくさんありますが、今日も貸し出し中の代本版が置いてありました。今日のお話も大変楽しみです。
 教育懇談会の開催にあたりましては、とりわくPTA会員活動部の方には、ご準備等ご苦労様でした。教育懇談会は、亀山市内14校すべての学校で開催されています。内容はそれぞれ様々でございますが、もともと、この教育懇談会は、子どもたちが一日の多くを過ごす学校の教育環境、学習環境をよりよくしていくための話し合いの場です。これまでも、学校とPTA団体、三重県教職員組合の団体と連携して取り組んできた結果、教育環境が整備されてきました。例えば、その一つとして、今後の3か年で、すべての市内すべての学校の教室にエアコンが設置されます。これからも、学校教育、PTA活動へのご理解とご協力をお願いしたいと存じます。