土曜授業にご参加ありがとうございました

 昨日の土曜授業に多くの保護者の皆様に参観していただきましてありがとうございました。3時限には、昨年に引き続き、亀山高校吹奏楽部の皆さんに演奏会をしていただきました。土曜授業日を活用して実現することができました。今年で5年目になります。
 体育館に入場すると、いつもの雰囲気とは全く違います。吹奏楽部の部員さんがステージ前にいて、様々な楽器が光に反射してピカピカ輝いています。まさに、芸術の秋にふさわしい演奏会の雰囲気となりました。
「夢をかなえてドラえもん」「子象の行進曲」「おどるポンポコリン」「ラジオ体操第一」「恋」などの演奏と、楽器紹介やイントロクイズなどをしていただきました。演奏に合わせて子どもたちは、口ずさみながら、体でリズムをとりながら聴く子がいました。ラジオ体操の演奏が始まると、その場で体操を始めるなど、楽しい光景が見られました。
 演奏の間に、各楽器の音色と名前を教えていただきました。クラリネット、フルート、サックス、ホルン、トロンボーン、トランペット、チューバ・・・などなど。楽器にふさわしい曲で楽器の紹介をしていただきました。小学校にはない楽器がたくさんあり、子どもたちは興味津々でした。その後、曲のイントロ当てクイズもありました。子どもたちの知っている曲だったので、最初の音を聞いた途端、一斉に手が挙がりました。
 土曜授業日を活用して、演奏会が実現できたことに対して、亀山高校の校長先生をはじめ、吹奏楽部顧問の先生、及び、部員の皆さんに深く感謝申し上げます。子どもたちにとって、ただ単なる演奏会ということでなく、このように立派に活躍、活動している身近な高校生(先輩)に出会えたことは、これからの学校生活や将来の夢にとっても意義あることです。5年前に、当時6年生だった東小学校の二人の子が、この吹奏楽部の1年生としてステージにいました。きっといい音楽との出会いがあったのでしょう。
 指揮者のもと、心を一つにして力を合わせて創り上げていく部員さんの気持ちが伝わってきました。この演奏会のために、前日、授業が終わった後、吹奏楽部の生徒さんが、すべての楽器を本校の体育館に搬入しました。そして、暗くなってからも、リハーサルをしておりました。さらには、今朝も早くから本番前の練習をしておりました。たぶん、この演奏会のために、何時間も何十時間も、練習や準備に時間をかけていただいたにちがいありません。今日は休日にもかかわらず、私たち亀山東小学校の児童のために、演奏会を開いていただきまして誠にありがとうございました。