『ジャムおじさんのクッキー工場』

 今日は、3年生児童が亀山高校総合生活科の3年の生徒さんとクッキーづくりをしました。以前から総合生活科の先生方に、総合学習や家庭科の分野でぜひとも交流をしたいとお願いしておりました。昨年度より実現していただけるようになりまして、今年で2年目になります。今日は3年生がクッキーづくりを行います。そして、3学期には、6年生が行うことになっています。
  3年生の児童たちは、朝からワクワクしていました。高校の玄関に入ると、生徒さんが迎えてくれました。亀山高校には二つの大きな調理室があり、1組と2組に分かれて調理室の前まで行きました。調理室の前には、『ジャムおじさんのクッキー工場』という看板が立っていました。廊下でエプロン、三角巾、マスクを着用しました。三角巾を着けるのに苦労している子がいましたが、近くにいた生徒さんが手伝ってくれました。
 子どもたちは、大きなお姉さんに楽しそうに話しかけたり、教えてもらったりしてお気に入りのクッキーを作りました。小学校の中だけでは絶対に経験できない貴重な温かい交流ができました。校長先生、教頭先生をはじめ、総合生活科の先生方、そして、生徒のみなさんにお礼を申し上げます。ありがとうございました。
【伊勢新聞さんと中日新聞さんが取材にきてみえましたので、明日に各朝刊に掲載される予定です。また、三重テレビさんも取材されていました。放映は、三重テレビで、本日午後5:40~6:00か、午後9:55~10:15の予定です。】

2年おもちゃランドで1年を招待

 12月1日(金)、2年が「おもちゃランド」を開きます。朝から、少しずつ準備をしてきました。1年生を招待するために、招待状をつくりました。今日は、それぞれの班のリハーサル練習です。昨年の今頃は、2年の皆さんから招待されて遊んだことを想い出していることでしょう。今度は自分たちが招待する番です。『早く1年のみなさんを招待して楽しませたい』という気持ちがあふれています。

4年花しょうぶ苑交流終了

 4年生では、「総合的な学習の時間」に、『だれもがよりよく関わり合うために』をテーマに福祉に関する学習をしています。福祉学習の一環として、学校西隣にある「花しょうぶ苑」さんと交流する時間を持っています。昨日は、2組さんが、花しょうぶ苑さんを訪問し、これで3つの学級すべて終わりました。
 秋も終わりを告げる頃となりましたが、今日の5時限に、ディサービスやグループホームで過ごしてみえるお年寄りの方々と交流を深めてきました。最初に、センター長さんから、ここの施設の役割について説明を聞きました。そして、亀山東小学校の児童が訪問することを、お年寄りの方が朝から大変楽しみにしていると教えていただきました。
 はじめに、「校歌」と「さんぽ」を歌唱しました。子どもたちの歌唱に合わせて、お年寄りの方がしっかりと子どもたちを見つめながら聴き入っていました。
 発表のあとは、各班に分かれて様々な遊びをグループに分かれて行いました。○×クイズ、神経衰弱、ばばぬき、ぼうずめくり、ばくだんゲーム、絵しりとりなど、子どもたちが考えたり、作ったりしたゲームでお年寄りの方と一緒に遊びました。センターの方々の手助けをお借りしながら、子どもたちは遊び方を説明したり、遊んだりして、お年寄りと一生懸命に関わろうとしていました。
 グループの交流が終わり、今日のお礼や感想を述べました。お年寄りの方々から、「みなさんに来てもらいうれしかった。また、来てくださいね。」とのお言葉をいただきました。子どもたちも、ふだんとは違った環境での発表、交流でしたので、やや難しかったことと思います。でも、いろいろな方と交流を持って、コミュニケーションの力を育むことは、これからの社会を生きる子どもたちにとって大変貴重な体験になったことでしょう。

3年スーパーマーケット見学

 11月27日(月)、3年生が社会科の学習で、校区内のスーパーへ見学に出かけました。スーパーに売っているたくさんの商品が、どんな人たちの手でどのように売られているのか、どんな工夫があるのか等、実際に自分の目で学習してきました。
 店長さんについてもらって、丁寧に説明していただきながら、店のバックヤードを見学しました。野菜や果物、肉や魚、ジュース、酒、文房具など、たくさんの種類の商品はすべてパソコンで管理されていることや生鮮食品の鮮度を保つために品物ごとに冷蔵庫や冷凍庫を使って保存していることなど教えていただきました。
 スーパーでは、段ボールや野菜くずなどのゴミが出ますが、すべて再利用できるように工夫しているそうです。
 バックヤードの見学の後、店内を見学しました。レジで働いている人や少なくなった品物を補充したり、買いやすいように品物を並べたりしている人もいました。また、生鮮食品を並べる棚をきれいに掃除していました。お客さんが気持ちよく買い物ができるようにいろいろな工夫があることが分かりました。
 子どもたちは、店長さんや店内で働いている方にたくさんの質問をして、回答を一生懸命にメモする様子がみられました。お忙しい中ご協力いただきましたマックスバリュー亀山店(亀山市北町)様には、大変感謝申し上げます。また、一人ひとりの子どもに、ノートと蛍光ペンをおみやげにいただきました。

まだまだ読書する時間は十分に

 2週間にわたって、『としょかんまつり』を行ってきまして、24日(金)が最終日となりました。この間の図書館利用者や貸出冊数は、これまで以上に多いのではないでしょうか。図書委員さんは、毎日たいへん忙しかったですね。お疲れ様でした。
 朝の読書タイムに始まって、先生や司書さんによる読み聞かせ、折り紙教室、ビンゴカードによるファーストパス券の発行などいろいろな催しがありました。「先生の推薦(すいせん)する本」というコーナーを見て本を手にとってくれた子もたくさんいました。としょかんまつりは終わりましたが、これからも、本に親しむ習慣を続けていきましょう。

6年情報モラルを学ぶ

 6年生は22日(水)と24日(金)の両日にわたり、亀山高校システムメディア科3年の生徒さん10人と先生をゲストティーチャーに招いて、友だちとのコミュニケーションや情報モラルに関することを学びました。最初に、10問の問題を各自で○か×か答えました。その中の問題を少し紹介します。
○ラインやメールは、相手が好きなタイミングで読むので、けっこう遅い時間に送っても大丈夫だし便利なものだ。
○友だちと遊びに行ったときに、みんなの自然体の様子を写真に撮りたくて、そっと撮影しておいて良かった。
○好きなアイドルのコンサートの告知ポスターを見かけたとき、貴重なのでカメラで撮影しておいた方が良い。
 解答したあと、亀山高校の先生や生徒さんから、詳しく理由も教えていただき、子どもたちも納得しました。これから気を付けてほしい事柄ばかりでした。10問すべて×と考えたほうがいいということでした!
 先生役になっているのは、全員3年生の生徒さんです。亀山高校の生徒さんにとっては、キャリア教育の一環として、自分たちが教える立場に立って、いろいろな環境や施設でPCの指導や支援をしているそうです。身近な高校の生徒さんが、先輩として熱心に教えてくれる姿勢や態度に接することは、本校の子どもたちにとっても大変意義あるものだと思っています。
 多くの生徒さんが進学先、就職先が決まっているとのことです。将来のご活躍をお祈りいたします。これからも、様々な学習の機会をとらえて、亀山高校の先生や生徒さんと授業や体験活動を通して交流を続けさせていただきたいと考えています。
 なお、本日、24日(金)の6年1組の学習の様子について、中日新聞とZTVの取材がありました。ZTVの放送は、27日(月)18:00、20:00、22:00、23:00
28日(火)6:00、8:00、11:00、12:00、14:00です。中日新聞は、明日の記事になるそうです。

 

4年1組 花しょうぶえん訪問

 4年生では、「総合的な学習の時間」に、『だれもがよりよく関わり合うために』をテーマに福祉に関する学習をしています。福祉学習の一環として、学校西隣にある「花しょうぶ苑」さんと交流する時間を持っています。
昨日は、1組さんが、花しょうぶ苑さんを訪問しました。
秋晴れ、秋本番となった今日の5時限に、ディサービスやグループホームで過ごしてみえるお年寄りの方々と交流を深めてきました。はじめに、「校歌」と「365日の紙飛行機」を歌唱しました。子どもたちの歌唱に合わせて、たくさんのお年寄りの方が体を左右に揺らしながら聴き入っていました。また、子どもたちの歌声を聞いて「上手やなー」「きれいな声やなー」と感嘆の声があちらこちらで聞こえてきました。
 発表のあとは、各班に分かれて様々な遊びをグループに分かれて行いました。ボウリング、かるた、オセロ、とんとんずもう、福笑い、風船あそびなど、子どもたちが考えてたり、作ったりしたゲームでお年寄りの方と一緒に遊びました。センターの方々の手助けをお借りしながら、子どもたちは遊び方を説明したり、実演して見せたりして、お年寄りと一生懸命に関わろうとする姿がありました。
 すべてのグループの交流が終わり、最後に、お年寄り一人ひとりと握手して、今日のお礼や感想を述べました。お年寄りの方々から、「楽しかったです」、「ありがとう」、「今年も来てもらってうれしかった」などのお言葉をいただき、子どもたちは、ほのぼのとした気持ちを抱きながら帰ってきました。

3年跳び箱運動

 先月、2年、4年、6年の児童に対する体育のインストラクターの村田先生の指導について先日お伝えしましたが、今日は1年、3年、5年の児童に対する指導をお願いしました。体育科における実技指導の参考にさせていただいています。亀山市内の小学校では、市の体力向上の事業として、体育の専門家のインストラクターを招いて、ある単元を中心に授業の支援をしていただいています。(写真は、3年の「跳び箱」です)
 また、6年2組が亀山高校システムメディア科の生徒さんに来ていただきまして、亀山高校の先生と生徒さんから、パソコン室で情報モラルについて教えていただいています。
 さらに、4年が「総合的な学習の時間」で、『だれもがよりよく関わり合うために』をテーマに福祉に関する学習をしており、福祉学習の一環として、学校西隣にある「花しょうぶ苑」さんと交流する時間を持っています。今日は、1組さんが、花しょうぶ苑さんを訪問します。
 最後に、先週の土曜授業で、亀山高校吹奏楽部員さんによる演奏会を開催しました。ZTVさんが、当日取材に来ておりました。その放送日時をお知らせします。
22日(水)18:00、19:30、22:00
23日(木)7:00、9:15、11:00、12:00、14:00、18:00、
19:30、22:00
24日(金)7:00、9:15、11:00、12:00、14:00

心温まる一言

 今朝は、この秋一番の冷え込みになりました。鈴鹿山脈の頂上が真っ白になっていました。初冠雪?でしょうか。朝の登校の様子を見てましても、子どもたちは、とても寒そうでした。手袋をしている子も半分くらいいましたが、これからよりいっそう寒くなりますので、寒さ対策の服装にもご配慮してください。そんな中、ある女の子が「校長先生、寒い中たってもらってありがとうございます。」と感謝のあいさつをしてくれました。たった一言ですが、なんだかうれしかったです。
 今日は、私たち教員の授業研究のため、文部科学省教科調査官の先生や三重県教育委員会の指導主事の先生方が本校に来て、国語の授業を直接みてもらい、指導を受けました。子どもたちが意欲をもって学習や授業に臨むにはどうしたらよいか。それぞれの学年で、各教科できちんと学んでおくべきことは何か。子どもにとって分かりやすい指導をするにはどんなことに気を付けたらよいか。自分たちの授業をふりかえりながら、講師の先生にていねいに教えていただきました。

 

土曜授業にご参加ありがとうございました

 昨日の土曜授業に多くの保護者の皆様に参観していただきましてありがとうございました。3時限には、昨年に引き続き、亀山高校吹奏楽部の皆さんに演奏会をしていただきました。土曜授業日を活用して実現することができました。今年で5年目になります。
 体育館に入場すると、いつもの雰囲気とは全く違います。吹奏楽部の部員さんがステージ前にいて、様々な楽器が光に反射してピカピカ輝いています。まさに、芸術の秋にふさわしい演奏会の雰囲気となりました。
「夢をかなえてドラえもん」「子象の行進曲」「おどるポンポコリン」「ラジオ体操第一」「恋」などの演奏と、楽器紹介やイントロクイズなどをしていただきました。演奏に合わせて子どもたちは、口ずさみながら、体でリズムをとりながら聴く子がいました。ラジオ体操の演奏が始まると、その場で体操を始めるなど、楽しい光景が見られました。
 演奏の間に、各楽器の音色と名前を教えていただきました。クラリネット、フルート、サックス、ホルン、トロンボーン、トランペット、チューバ・・・などなど。楽器にふさわしい曲で楽器の紹介をしていただきました。小学校にはない楽器がたくさんあり、子どもたちは興味津々でした。その後、曲のイントロ当てクイズもありました。子どもたちの知っている曲だったので、最初の音を聞いた途端、一斉に手が挙がりました。
 土曜授業日を活用して、演奏会が実現できたことに対して、亀山高校の校長先生をはじめ、吹奏楽部顧問の先生、及び、部員の皆さんに深く感謝申し上げます。子どもたちにとって、ただ単なる演奏会ということでなく、このように立派に活躍、活動している身近な高校生(先輩)に出会えたことは、これからの学校生活や将来の夢にとっても意義あることです。5年前に、当時6年生だった東小学校の二人の子が、この吹奏楽部の1年生としてステージにいました。きっといい音楽との出会いがあったのでしょう。
 指揮者のもと、心を一つにして力を合わせて創り上げていく部員さんの気持ちが伝わってきました。この演奏会のために、前日、授業が終わった後、吹奏楽部の生徒さんが、すべての楽器を本校の体育館に搬入しました。そして、暗くなってからも、リハーサルをしておりました。さらには、今朝も早くから本番前の練習をしておりました。たぶん、この演奏会のために、何時間も何十時間も、練習や準備に時間をかけていただいたにちがいありません。今日は休日にもかかわらず、私たち亀山東小学校の児童のために、演奏会を開いていただきまして誠にありがとうございました。