明日から読書週間!

 10月27日(金)から11月9日(木)まで読書週間です。学校では、11月に「秋の図書館まつり」も予定しています。市内の学校では、学校全体で読書指導、図書館活用を積極的に推進しています。今日の毎日新聞に読書世論調査の記事を見つけました。「読書率」が減少というショッキングな結果です。
 読書率というには、普段、本を読むと答えた人の割合ですが、書籍が45%(前年比4%減)、雑誌は46%(前年比6%減)、書籍か雑誌のいずれかを読む「総合読書率」は65%(前年比5%減)という結果でした。1日の平均読書時間も短くなり、書籍は23分(前年比2分減)、雑誌は18分(前年比5分減)、両方を合わせた平均読書時間は40分(前年比8分減)でした。
 また、普段の生活で新聞を「読む」人は前年に比べ5%減の58%、「読まない」人は6%増の39%でした。新聞を「読む」人は、1989年の93%をピークに長期低落傾向が続います。10代後半では8割超が「読まない」でした。メールやソーシャル・ネットワーキング・サービスなどの発達が大きな要因の一つかもしれません。
 朝起きたら郵便ポストに新聞がある。雨の日もある。台風の日もある。夜が明けぬ暗いうちにポストの中にある。これってすごいことだと思います。1か月およそ3000円で毎日新聞が届くこと。やっぱりこれってすごいこと。学校では、新聞を活用した授業にも積極的に取り組んでいるところです。これからも、読書を通して想像力や思考力、そして書く力などをつけていきたいと考えています。
(写真は、2年 国語の音読劇練習です。1枚だけおまけ、今日の給食のみそ焼きうどん)