5年2組の俳句会

 5年生が国語で俳句を学習しました。子どもらしい句もあれば、大人顔負けの句もありました。今日の5年2組の学級たよりにそれらの句が紹介されていました。勝手ながら、私流に鑑賞しまして、今日のたよりの俳句の中から『俳句大賞』を選びました。また、今回たよりにのらなかった俳句については、たよりの次号で紹介されるそうです。
 掲載された俳句の一部を紹介します。
お祭りで 花火ドッカン 夜の花
夏まつり おさななじみと 夜すごす
秋になり プールのにおい なつかしい
プールでの あせる気持ちを 水しぶき
琵琶湖見え 寒風ヒューヒュー 山の上
星の空 打ち上げ花火 空に散る
クロールで 魚のような 新記録
夜空には きらきらひかる 花火星
ピカピカと 月が輝く えがおだな
【特別賞】夕焼けに 「私を染めて」と ヒガンバナ
 まさに今咲いています。ヒガンバナは1本で咲いていても目立ちます。作者はたくさんのヒガンバナを見たのでしょう。ちょうど夕焼けをバックに生き生きとした濃い赤が目に飛び込んできます。よく観察していますし、なかなか技巧的な句です。技あり!
【俳句大賞】幸せだ いとこと食べた かき氷
 作者の幸せな気持ちがとても伝わります。こちらまで幸せにさせてくれる句です。夏休みに久しぶりに会った仲のいいいとこと過ごした思い出は一生忘れられませんね。その時食べたかき氷、どんな味だったんでしょうか?平易な言葉ですが、気持ちが伝わります。1本!

毛虫退治

 2学期が始まってから、校庭にある桜の木の葉に毛虫が付き始めました。教育委員会の担当の方に害虫退治の散布をしていただき、一時はいなくなったのですが、また、大量発生して、今日は桜の木から校舎下の地階までやってきました。再度、教育委員会の担当の方に来ていただきまして、薬の散布を行っていただきました。子どもたちには、近づかないよう、触らないように注意しています。そういえば、うちの家の近くの公民館にも、桜の木が1本あるのですが、なんと、毛虫がすべての葉を食べ尽して丸坊主になっていました。
5年2組の俳句会の作品を紹介する予定でしたが、毛虫の話題になりました。明日紹介しますので、楽しみにしていてください!

アイパッドが導入!

 台風18号が九州南部に上陸しました。九州地方はかなりの雨が降っていますが、このあたりは、今のところ思ったほどの大雨にはなっていないのでよかったです。大雨になると鈴鹿川の水位が上がり、亀山東小学校が避難所となります。台風が早く去ってくれることを祈るばかりです。
 昨日は、亀山市内の3中学校で体育祭が予定されていましたが、台風の影響で18日に延期になりました。明日は台風も去り、晴天の下実施されることと思います。中学生の皆さんのご活躍を期待しています。(写真は、2学期から学校に導入された「アイパッド」で授業をしている様子です)

 

台風に備えを!

 今朝は、テレビの画面が急に変わったので驚きました。「Jアラート」による緊急情報が発信されたのです。テレビをご覧になっていたご家庭でも、きっと驚かれたことでしょう。今回は、三重県は該当していなかったのでよかったものの、今後のことが心配です。亀山市や教育委員会でも、児童生徒の避難誘導等の安全確保について検討していた矢先のことでした。今朝のように、登校途中の場合だと対応が大変です。緊急情報については、学校からの配信メールにも注意してください。
 明日から、台風18号の影響で、天候が悪くなりそうです。中学校は体育祭を予定しています。台風が早く過ぎ去って、天候が良くなることをお祈りします。
 写真は、大学生の教育アシスタントとして学習の支援をしていただいた森川あさひさんが、今日で終わりになりました。2年生なので、今後ともお世話になることもあるかと思います。ありがとうございました。
 また、1年生が図書館司書の松尾先生から、絵本の読み聞かせをしていただきました。絵本も読み方次第で、こんなにも想像の世界は広がるものかと驚きました。子どもたちも集中して聴いていました。

 

6年写生会 浄源寺へ

 今日は6年生が、本町の浄源寺さんに写生に出かけました。初めてここへ来たという子もいます。本堂の屋根やかわら、屋根の下の複雑な木組み、本堂全体のどっしりとした形などを表現していました。細かい描写に苦労している子がいましたが、外へ出て絵を描く体験はあまりありませんので、いい学習になったのではないかと思います。ご協力をいただいたお寺の住職さんに感謝いたします。
 話は全く変わりますが、このところの異常気象といいますか、急な大雨、雷が発生することが最近増えてきました。先日の朝も、児童の登校前の時間帯と重なりましたので、お車での送りがたくさんありました。学校前の道路や駐車場が大変渋滞、混雑しますので、運転にはくれぐれもご注意ください。また、天候の状況によっては、おうちでの待機を考慮していただくこともあろうかと思います。安全第一で適切に対応をお願いします。
 台風18号の日本への接近にともないまして、今後の天候が心配されます。天気予報などご覧いただくとともに、必要に応じて亀山市の安心メールや学校からのメールにも留意してください。

FBC中央審査

 今日は、FBC学校秋花壇の中央審査がありました。以前に、8月末に地区審査があり、中央審査に進んだことをお伝えしました。9月末ごろに審査結果が出まして、新聞紙上にも掲載されると思います。これまで、栽培委員会の子どもたちとともに、花壇のお世話やご指導をしていただいている地域の花ボランティアさんのおかげで立派な花壇になりました。まさに、地域の方々と共につくるFBC花壇であります。日頃のご協力に感謝申し上げます。
 学校内の花壇だけでなく、本町ひだまり公園の花壇も中央審査の対象となっています。2年生の子どもたちが、毎年春と秋に植え替えをしています。また、亀山高校、郵便局、お世話になっている近隣の商店さんなどにプランターの寄せ植えもプレゼントしています。これからも、きれいな花を咲かせて環境の整備に努めたいと思います。

 

新入学児童健康診断

 お子さんの入学の日が近づいてきました。本日は、お子さんの入学に当たりまして、健康診断を実施いたしました。内科、耳鼻科、歯科、聴力、視力検診、それに、簡単な発達検査をいたしました。発達検査は、教員が簡単な質問に答えたり、先生の指示にしたがって行動したりするものです。
 小学校は、保育園や幼稚園と同様に、また、それ以上に集団行動、集団生活をします。集団の中で、友だちとスムーズにコミュニケーションをとったり、みんなと協力して学習したり行動したりする場面が多くなります。
 保育園・幼稚園との一番大きな違いは、1日の日課が決まっていて、45分単位で教科の学習を行うことです。自分の座席が決まっていますので、そこで先生や友だちの話を聞いたり、となりの子や同じ班の子と協力したりして学習します。ノートに字を書くこともします。まず、自分の名前をていねいに書けるようにしておいてください。
 昔に比べて子育ても大変難しくなっています。でも、子どもにとって一番大事なことは、なんと言っても、心も体も休めることができる明るい楽しい家庭だと思います。家族から愛されている、大事にされているという安心感、幸福感がないと、子どもは学習にも運動にも友だちとの遊びにもうまくいきません。では、来年の春、お子さんのご入学をお待ちしています。

 

4年鈴鹿川自然体験に!

 昨年の今日のHPの記事を見てみました。すると、昨年の昨日、プロ野球セ・リーグで、広島が25年ぶりの優勝をしました。今年も、広島の優勝はあと数日に決まるのでしょうね。広島は選手の多くが、入団当初からチームの中で育てられ、鍛えられてきた、いわゆる広島生え抜きの選手がチーム一丸となってつかんだ連勝だからこそ、中日ファンの一人ではありますが、心から応援したくなる球団です。
 そして、今年はといえば、昨日の朝刊の第1面を飾ったのは、『桐生9秒98』でした。陸上男子の桐生選手が100メートル決勝で9秒98の日本新記録を樹立し、日本人で初めて「10秒の壁」を破りました。言うまでもなく歴史的快挙です。おめでとうございます!本人自身の努力、大学関係者、コーチをはじめ、家族やライバルたちの存在も大きいと思います。この4年間、ケガもあったし、挫折もあったことでしょう。五輪で金メダルを取ったある柔道選手の言葉を想い出しました。「私は3つの【あ】をいつも心に刻んでいた。あせらない!あわてない!あきらめない!」今後の活躍を期待します。
 さて、今日は4年生が鈴鹿川自然体験に行きました。社会科、総合的な学習の時間に環境について学んでいます。身近な地域を流れる鈴鹿川の生き物を調べることで、環境に興味関心を持ち、環境を守るために自分たちができることを考えるきっかけになればと思います。川の先生として活躍されている浅田さんと尾崎さん、そして、亀山市環境保全室の松村さんが現地へ来てくださいました。
 昔、30年ほど前になりますが、子どもたちを鈴鹿川へ連れて行ったことがあります。あの頃は、鹿島橋下の鈴鹿川に簡単に降りられました。今日は、少し上流になりますが、天神の亀山製糸工場沿いの鈴鹿川に行きました。ほぼ全員の児童が、よしのぼり、おいかわ、かわむつ、もくずガニなどの子どもを採集しました。学校に帰る前に、おうちで飼えない子は、すべて川に放しました。ふだん経験できない自然をあいてに生きた学習をしました。

第2回PTA奉仕作業お疲れ様です!

 本日は、第2回PTA奉仕作業を行いました。2.3.6年生の保護者の皆様と、第1回にご都合が悪かった方にご出席いただきました。今回は、校舎内の清掃を中心に、窓、流し場、トイレの清掃、体育館周辺の清掃・整理整頓などを行っていただきました。子どもではできない箇所を重点的にやっていただき大変きれいになりました。さすが、大人の力、保護者さんの力はすごいなと感じました。早朝より本当にお疲れ様でした。また、この後、地区委員会も予定されていますので、地区委員さんにはお世話になります。

大学生の教育アシスタントさん活躍しています!

 今週から2週間にわたり、大学生教育アシスタントとして、森川あさひさんに亀山東学校へ来ていただいています。大学生教育アシスタントとは、学校の授業や活動の中で担任を補助したり、困っている児童を支援・補助したりするためです。
 森川さんは名古屋女子大学の2年生です。将来、学校の教員をめざして大学で学んでみえます。大学の夏休みの期間を利用して、限られた日程ですが、いろいろな学年の児童に接していただいています。昨日と今日は6年生の教室で過ごしました。
 アシスタントとは、学級担任の指示のもと、国語や算数の授業で、ノートやプリントのまる付けを手伝ったり、家庭学習のチェックをしたりしています。また、授業中、分からなくて困っている子がいたら、そっと寄り添っていっしょに考えたり、ヒントを出したりします。
 授業だけでなく、休み時間には校庭へ出て、子どもたちと一緒に行って遊んでいます。子どもたちにとっても、大学生のお姉さんということで、気軽に遊びに誘ったり、相談したりできるのかもしれません。