新入学児童健康診断

 お子さんの入学の日が近づいてきました。本日は、お子さんの入学に当たりまして、健康診断を実施いたしました。内科、耳鼻科、歯科、聴力、視力検診、それに、簡単な発達検査をいたしました。発達検査は、教員が簡単な質問に答えたり、先生の指示にしたがって行動したりするものです。
 小学校は、保育園や幼稚園と同様に、また、それ以上に集団行動、集団生活をします。集団の中で、友だちとスムーズにコミュニケーションをとったり、みんなと協力して学習したり行動したりする場面が多くなります。
 保育園・幼稚園との一番大きな違いは、1日の日課が決まっていて、45分単位で教科の学習を行うことです。自分の座席が決まっていますので、そこで先生や友だちの話を聞いたり、となりの子や同じ班の子と協力したりして学習します。ノートに字を書くこともします。まず、自分の名前をていねいに書けるようにしておいてください。
 昔に比べて子育ても大変難しくなっています。でも、子どもにとって一番大事なことは、なんと言っても、心も体も休めることができる明るい楽しい家庭だと思います。家族から愛されている、大事にされているという安心感、幸福感がないと、子どもは学習にも運動にも友だちとの遊びにもうまくいきません。では、来年の春、お子さんのご入学をお待ちしています。