ラジオ体操、地域の方にご協力をいただきました!

 昨日お伝えしました教育協議会の後半の部の内容を紹介します。夏休みの児童の様子や、地区での生活について交流をしました。PTAによる管理外プールの運営は10日間実施し、無事に終了しました。ただし、四日市市の小学校において、夏休み中のPTA管理外プールで発生した事故がありましたので、今後は監視の仕方や運営方法の見直しがあるかもしれません。
 また、ラジオ体操は、地区によって児童の人数、運営の仕方も違いますが、地区委員さんをはじめ、保護者さんや老人会の皆様にも協力を得ながら実施できました。ただ、高学年の児童が主体的に進めている地区もありますが、やや大人に頼りきっている地区もあるようです。本町まちづくり協議会の会長さんからは、ラジオ体操や地域行事にたくさんの児童が積極的に参加してくれてうれしかった。でも、終わったあとで、お礼を言って帰る子が少なかったというご意見をいただきました。次年度に向けて、夏休み前の地区児童会で、事前の指導をしっかり行っていきたいと思います。
 次に、「亀山東小学校学力向上推進計画」と「亀山東小学校いじめ防止対策基本法(改訂)」をお示ししました。「亀山東小学校学力向上推進計画」は、本校児童の学力上の課題を分析して、指導の充実や学習状況の改善に役立てるものです。そして、「亀山東小学校いじめ防止対策基本法(改訂)」は、『いじめは、どの学校・どの学級でも起こりうるものであり、いじめ問題に全く無関係ですむ児童はいない。』という基本認識にたち、全校児童が『いじめのない明るく楽しい学校生活』を送ることができるように策定をしました。どちらも、すでに学校HPには掲載してあるものですが、学力向上も、いじめの防止も、学校や家庭だけでなく、地域の皆様と連携して取り組むことで、効果が上がるものです。
 最後に、森委員さんから、【亀山トリエンナーレ2017】についての案内がありました。9月24日~10月15日の期間に、東町商店街から西町東海道沿いにかけて開催される芸術祭です。三年に一度の開催で、東小学校4年の児童が、バレエダンサーのご指導のもと表現活動に挑戦します。(写真は、3年前の亀山トリエンナーレ2014に参加したときの作品です)