4年 社会見学

 今日、4年生は、市のマイクロバスを使って、社会見学に出かけました。最初は、亀山市総合環境センターへ行きました。最初に、ようゆうろからゴミが溶けて真っ赤に燃えて流れてくる【しゅっとう】作業を見ることができました。子どもたちは、興味津々で真っ赤に燃えたゴミのゆくえを見ていました。
 その後、ビデオで施設の概要を視聴する組と、施設内を見学する組に分かれて学習を行いました。施設内は、とにかくきれいに清掃されて、一つのゴミも落ちていませんでした。(さすがです!)パッカー車がやってきては、大きなゴミをためておくピットの中にゴミを放りこんでいきます。そして、そのゴミの山から、これまた巨大なクレーン(UFOキャッチャーのようなもの)がゴミをつかんで、【ようゆうろ】のなかに運んでいきます。1回のUFOキャッチャーで500kgのゴミをつかむそうです。
 次に、関小学校の裏山(丸山公園)へ行きました。ここでみんなが楽しみにしているお弁当の時間です。食べ終わってから、関宿を歩きました。江戸時代に誕生した東海道53次の関宿です。昔の町並みが長く続く街道を東から西に歩きました。
 最後に、亀山市第二水源地に行きました。鈴鹿川の伏流水は水量が豊富だそうです。川の水量は、昔に比べて決して多くないのですが、雨が降らない天候が続いても、断水することなく、私たちの暮らしに大変役立ち、ありがたく思います。これからも、限りある資源を無駄なく使うように気を付けたものです。