上半期を振り返って!

 今日で6月が終わります。1年の半分が終わり、折り返しになります。平成29年の新年を迎えてから今日まで過ごしてきて、順調に物事が進んできましたでしょうか?いやあ、なかなか思い描いていたようにはいかないのが実情ではないでしょうか。でも、できたこともあるはずです。後戻りするのではなく、あと半年さらに前へ前へ進めていければいいですね。
 たびたびお伝えしていますが、6年国語教科書には二十四節季が紹介されています。夏至から数えて15日目の7月7日頃を【小暑】と言います。教科書には、「梅雨が終わりに近づく。この日から『暑中』に入り、暑さが増してくる」と書かれています。暑さがどんどん強くなっていくという意味があり、この頃から暑さが本格的になってきますが、日本各地で集中豪雨が多く発生する時季でもあります。実際、西日本を中心に大雨洪水の被害が出ています。自然や農作物の生長には雨が大切ですが、最近の豪雨にはちょっと困ります。【写真は、昨日の5年のプール水泳です。】