一番プール!

 昨日、プール開きをしました。およそ1ヶ月にわたり、水遊びや水泳に取り組みます。梅雨に入っていますが、幸い好天が続いていますので、水泳の授業ができそうです。今後、学校でも児童の健康面や安全面において配慮して指導してまいりますが、ご家庭におかれましても、プール水泳のある日は、朝の登校時により一層の健康管理をして頂きますようお願いします。なお、プールカードを忘れた場合や、押印がない場合は、プールへの入水はできません。
 体育のプール水泳として、水に親しみ一人ひとりが初歩的泳法の技能を習得することを目指します。また、プールでのきまりを守ることや保健・安全衛生面に注意することなど水泳の心得を理解することをねらいとします。
 低学年では、体育科の指導領域の「水遊び」にあたります。水につかって水に慣れる遊びや、壁や補助具につかまって水に浮いて遊んだり、水にもぐっていろいろな遊びをしたりします。
 中学年では、体育科の指導領域の「浮く・泳ぐ運動」にあたります。いろいろな浮き方やけ伸びをすることや、補助具を使ってのキックやストローク、呼吸をしながらの初歩的な泳ぎをすることです。
 高学年では、体育科の指導領域の「水泳」にあたります。クロールや平泳ぎで続けて長く泳ぐことです。どちらも、目安として25~50mとなります。【写真は、新しい水を張ってきれいになった今年のプールに、初めて入水した5年の様子です。】