校庭に春が・・・

 3月31日、本日をもって平成28年度が終了となり、いよいよ明日からは、平成29年度の始まりです。学校では4月がすべての始まりですので、この時期が来ると、心の緊張感が高まり、新たな出会いに喜びと期待を感じます。職員は、年度末からずっと新年度の準備をしております。そして、人事異動によって、明日からは新しく着任した職員と共に、平成29年度のスタートを迎えます。
 今月27日に発生した栃木県那須町での雪崩事故について、毎日、新聞やテレビ等で、雪崩事故が起こった経緯や原因が報道されています。犠牲となった生徒さん、先生に心よりご冥福をお祈りいたします。
 雪崩事故が発生し、身動きできない状態の中でも、機転を利かせて生徒さんがたくさんいて、互いに協力し救助し合ったと新聞記事に書かれたありました。スコップで雪を掘り返し、風よけに雪の壁を作って救助隊を待ったり、口を手で覆って空間を作り、呼吸を確保したりした生徒もいたということです。さすが、普段から山岳登山や自然災害の危険性について知識や技術を磨いてきたからこそできたのでしょう。新聞に、那須町で起こったこの悲しい雪崩事故についてのコラム記事を紹介します。 

 <空を見たらば/ながれる雲が/ふわり ふわりと/あたたかい/春がきたなと/思うたせいか/流れ雲さえ/あたたかい/遠い山には/まだ雪アあるが/雲は ふわりと/あたたかい>▼これは、栃木の塩原温泉で室町時代から続く老舗旅館の十四代目で、詩人でもあった泉漾太郎(いずみようたろう)さんの詩。描かれているのは、早春を迎えた那須野ケ原の、のびやかな情景である▼<…春がきたなと/木の芽を見たら/えくぼ みたいに/やわらかい/…春は空から/野良から春は/うんにゃ みんなの気持から>▼本当はもうそろそろ、そういう季節だろうに、那須にどさっと雪が降った。その雪が、こんな悲劇につながるとは。栃木県内の高校生たちが那須のスキー場での登山の訓練中、雪崩に巻き込まれ、大田原高校の生徒ら八人の命が奪われてしまった▼警鐘は、鳴らされていたという。宇都宮地方気象台は、表層雪崩の危険があるとして注意報を出していた。なのに、なぜ、雪中訓練が行われていたのか。ご家族は、固く凍り付いてしまった心で「なぜ、どうして、わが子が…」と、問いを繰り返していることだろう▼春の訪れをやさしくうたった泉さんは、母校・大田原高校の後輩のため、校歌も作詞している。<♪若き生命(いのち)の感激は…/那須の峰々仰ぐとき/面(おも)に瞳に湧き上がる…>。あまりにも悔しく、悲しい、那須の早春だ。(3月28日 中日新聞朝刊より)

 さて、今朝も校庭の桜の写真を撮影しました。昨年の今日なら、桜は5分咲き以上でしたが、今年はどうでしょうか?やはり、今朝もまだか。桜の木の下から見上げましたら、なんと、一つだけですが、寒さの中で震えるように咲いているではありませんか!いや、驚きました。写真では、はっきり見ることはできないかもしれませんが・・・。