第3回PTA奉仕作業

 本日、第3回目の奉仕作業をしていただきました。今回の奉仕作業は、以前からなかなか実施できなかった子どもたちの傘立てのペンキ塗りやプール倉庫の整頓、子どもたちでは手の届かない窓ふき、卒業式前ということもあり体育館のワックスがけを行っていただきました。早く終わった部員さんで家庭科室の清掃までしていただきました。これまで気になっていたところがすっかりきれいになりました。
 朝早くから準備に来ていただいた環境安全部員の皆様ありがとうございまいた。また、保護者の皆様に3回の奉仕作業を通して学校をきれいにしていただき大変感謝しております。今後ともよろしくお願いします。

節分こんだて

 今日は2月3日(金)で節分です。節分という季節にふさわしい陽気となりました。節分は季節の変わり目に、病気などの災いを追い払う行事です。節分に豆まきを行うのは、大豆をまくことで鬼を追い払う(病気や災いなどを追い出す)という意味があります。昔は、豆には霊力があるといわれていたからです。節分にちなんで、今日の給食の献立は、牛乳、大豆ご飯、いわしの丸干し揚げ、けんちんじる、あまずあえです。
 さて、節分の次の日、2月4日(土)は、二十四節季の『立春』。こよみの上で、春が始まる日。まだ寒さはきびしいが、だんだん日がのび、木々がめぶいてくる。【6年国語教科書より】この時期になると、『早春賦』という日本の有名な歌曲が思い出されます。「春は名のみの 風の寒さや・・・」

 

教育アシスタントさん

 今日から今月末まで、大学生教育アシスタントとして、櫻井優衣(ゆい)さんに学校へ来ていただいています。学校の授業や活動の中で担任を補助したり、困っている児童を支援・補助したりするためです。
 櫻井さんは大学の2年生で、今月から学年末休業に入りましたので、その期間を利用して、母校である亀山東小学校へボランティアとして教育アシスタントに志願してくれました。将来、学校の教員をめざして大学で学んでみえます。主に中学年の学級を中心に活動していただきます。
教育アシスタントとは、学級担任の指示のもと、国語や算数の授業で、ノートやプリントのまる付けを手伝ったり、家庭学習のチェックをしたりしています。また、授業中、分からなくて困っている子がいたら、そっと寄り添っていっしょに考えたり、ヒントを出したりします。
 授業だけでなく、休み時間には校庭へ出て、子どもたちと一緒に行って遊んでいます。掃除時間や給食の時間も、子どもたちといっしょに活動しています。子どもたちにとっても、大学生のお姉さんということで、気軽に遊びに誘ったり、相談したりできるのかもしれません。2月は、どの学年も「6年生を送る会」の準備や練習にも取り組む時期なので、いっしょに準備をしたり練習したりする機会があるかもしれません。


みかんバイキング

 1月から2月はかんきつ類の豊富な時期です。かんきつ類の種類を覚え、親しみ、また自分で選ぶことで、食を楽しみながら食べることができます。
 みかんの仲間には、ビタミンCやクエン酸がたくさん含まれています。ビタミンCにはカゼにかかりにくくしたり、はだをきれいにしたりする働きがあります。みかんの薄皮には食物せんいがあり、白い筋にはビタミンがたくさん入っています。うんしゅうみかん3個で1日に必要なビタミンCをとることができます。子どもたちに、実際のみかんを観察してもらうため、中央廊下に8種類ほどのみかんを並べています。
 2月7日(火)は『みかんバイキング』です。本校では、うんしゅうみかん、いよかん、ネーブルオレンジ、ぽんかん、はっさく、グレープフルーツ、きんかんの7種類のみかん類が出ます。