自らの10年を振り返り、将来の自分を見つめよう!

 1月21日(土)の土曜授業日に、4年生が成人の半分の年齢、10歳を迎えたことを記念する行事「2分の1成人式」を行います。4年生の子どもたちが自分のこれまで学校生活や家庭生活を振り返り、友達、親や家族、まわりの方々への感謝の気持ちを表明します。
 また、大人になる二十歳の半分を過ぎた今、将来の目標を立て、自分の目標に向かって歩んでいく機会にしたいと考え、「2分の1成人式」を計画しました。4年の保護者様には、ご準備いただいたり、当日ご参加いただいたりとご無理を申しました。
 式の中で子どもたちが心を込めて歌う曲は「十年雲」です。かつて、神戸市の小学校に勤務する先生がこの曲をつくりました。その後、全国の小学校に広がっていきました。

ぼくが生まれた日
空は高く飛行機雲が飛んでいた
十歳のぼくを見てるようにあの頃のことは 何も覚えていないけれど
アルバムをめくるとわかるんだ
どんなに愛されてたか
いつも肩車をしてくれた 父さん
寝ないで看病してくれた 母さん
十年たって今 少しは分かるから歌声に乗せてとどけます
ありがとう
黒板の上に はられてる
短い言葉に1年のすべてがつまってる
こんなに練習したことはなかった 運動会 音楽会

やりとげた 満足を忘れない
切れては つながり 深まった仲間の絆
そして 今このひな壇に 立っている
あなたの目に映るわたしたちの姿はまぶしいくらいにかがやいていますか

心配かけた 困らせた
やさしい愛情さえも当たり前に思っていたあの日の自分
この歌を この声を この言葉を この思いを心をこめてとどけます
ありがとう
10歳になった日
空は高く飛行機雲が飛んでいた

二十歳の自分を見てるように 未来のことは 何も分かりはしないけれど
夢と希望をむねに 歩んでゆきます
つよく やさしく 歩んでゆきます 歩んでゆきます

 

大市準備

 今月の28日(土)~29日(日)に、亀山市の伝統行事である大市が開かれます。100年以上前から続いているそうです。亀山東小6年生は、毎年ブースの一角でお店を出します。今や、これも伝統になってきています。ただ今、準備真っ最中です。
 でも、毎年やっているからという理由だけで出店するのではなく、大市を通して自分たちが何を学び、どんな思いをもって出店しようとするのかを考える機会にしてもらいたいです。児童が目標(スローガン)を考えました。
『大市に主体的に参加し、行事や地域の人と積極的にかかわろう』
 さて、今年の内容を紹介しますと、ダンス、プラ板、まとあて、スライム、アイロンビーズ、ヘヤゴム、しゃてきです。

 

絵本24冊しょうかい

 全国学校図書館協議会が優れた絵本として24冊の候補を選定しました。その中から、さらに読者が最もすばらしいと思う絵本に投票します。さあ、あなたが、いちばん好きな絵本はどーれ?
 3学期が始まってから、ほぼ1月末まで、候補絵本の説明や読み聞かせを、担任、図書館担当、学校図書館司書や学校図書館協力員が行います。今日は、1年生を様子をお伝えします。図書館担当の教員が、24冊すべての絵本の説明をしたあと、数冊選んで読み聞かせをしました。
ふだん、あまり絵本を読む機会がないのですが、大人も引き込まれる絵本があります。どの絵本も、低学年から高学年まで、それぞれの学年の発達に応じた読みができるすばらしい絵本だなと思いました。
 絵本は、テレビやビデオなどのデジタル映像ではありませんが、読む人と見たり聞いたりする人が一体となれますし、想像力を働かせてゆっくり考えることができます。そのよさを再発見させられました。なるべく、低学年のうちに絵本の読み聞かせをはじめ、様々な本に親しんでおくことが、その後の読書習慣につながり、学びを支えるもとになります。これらの絵本は、中央廊下に展示されていますので、学校にいらした時にご覧ください。24冊のうち、6冊を写真で紹介します。

今季一番の寒波で大雪

 週末から寒波に襲われ、昨日から降り続いた雪で町全体が真っ白になりました。最近にないくらいの大雪になりました。子どもたちは、久しぶりの雪に心躍らせ、雪玉や氷柱を手に持って登校する子がいました。校庭も15cmくらいの積雪がありましたので、雪遊びを楽しむことができました。
 昨日も学校より、登下校時の交通安全に気を付けてもらうようにお願いしましたが、積雪によって、交通事故や交通渋滞がたくさん発生していました。普段から交通ルールを守って交通事故の防止に努めてください。

天地の文

 今朝、外はどうなっているのか気になりましたが、風も雪はなく安心しました。ただ、寒さは厳しいですね。昨日は、学年集会やフリー参観等にお越しいただきましてありがとうございました。
 先日、6年の授業参観をしていたときに、先生の机の上に子どもの自主学習ノートが積み重ねられてありました。一番上のノートを何気なく見ましたら、こんな文章が書かれてありました。『天地日月。東西南北。きたを背に、南に向かひて右と左を指させば、ひだりは東、みぎはにし。朝は東より、次第にのぼり、暮れはまたにしに没して、夜くらし。一昼一夜変わりなく、界を分けし、午前午後、前後あわせて二十四時、時をあつめて日を計へ、日かずつもりて、三十の数に満つれば、一ヶ月、大と小にかかはらず、あらまし分けし、四週日、一週日の名目は日月火水木金土、一七日(ひとなぬか)に一新し、一年五十二週日、第一月(だいいちげつ)の一日は年立ち回るときなれど、春のはじめはなお遅く、初めて来(きたる)第三月、春夏秋冬三月づつ、合わせて三百六十日、一年一年又一年、百年三万六千日、人生わづか五十年、おさなきときに怠たらば、老いて悔ゆるも甲斐なかるべし。』
 格調高い文語体の日本語です。一瞬驚きました。実は、6年国語の教科書に教材として掲載されているもので、この子は、授業で学習したものを復習していたのです。【天地の文】という文章です。特に、最後の部分は、少年に向けた心得として印象的な言葉です。おさないときに努力を怠り、年を取ってから後悔してもしかたがない。だから、後悔しないように、今、努力をおしまないようにするのがよい。こんな意味です。
 さらに教科書を見ると、こんな解説があります。明治時代の初めに、思想家の福沢諭吉が子ども用の習字手本として作ったものの一つです。当時日本に入ってきたばかりの、時間、週日など、人々の暮らしの基本となる決め事が、調子のよい言い回しの中で言いつくされています。されど、小学校の教科書ですね【写真は、4年二分の一成人式に向けて

 

 

1年昔の遊びに熱中!

 今日は、「PTA学年集会」、および、フリー参観に多くの保護者様にお越しいただきましてありがとうございます。1年生は、3~4時限に、「昔の遊び集会」を行いました。 保護者様だけでなく、祖父様、祖母様にも参加いただき、いっしょに遊んだり、教えていただいたりしました。お手玉、あやとり、ぶんぶんごま、ふくわらい、ぼうずめくり、はねつき、めんこ、おはじき、けん玉、だるまおとしなどのコーナーを回りながら遊びました。
 私も、けん玉やお手をやってみましたが、なかなかうまくできませんでした。毎日練習すればできるようになるのでしょうか?手先の巧緻性を高めたり、脳の働きを活性化させたりするいい遊びだと思いました。最近のゲームや電子機器では決して身につかないものだと感じました。おうちでも、こんな遊びを是非やってみてください!ご協力をいただきました保護者様、ご家族の皆様、ありがとうございました。
 今、インフルエンザにり患した子が二人ほどいます。そんな季節になってきました。うがい、手洗いをこまめにしてもらい、風邪などひかないように気を付けましょう。土日にかけて寒波、積雪が予想されそうです。学校は休みですが、外出するときは交通事情に配慮してください。

 

明日は「PTA学年集会」・フリー参観

 明日は「PTA学年集会」があり、授業のフリー参観になっています。お越しの際は、お子さんの学習の様子をご参観ください。また、亀山市小中学校図工作品が中央廊下に展示もされていますのでご覧ください。お車でお越しの際は、運動場に駐車されるときに、くれぐれもご注意ください。
 始業式で、図書館担当教員から絵本を紹介したことをお伝えしました。全国学校図書館協議会がこの1年間に出版された絵本の中で、優れた絵本として24冊を「日本絵本賞読者賞」候補に選定したものです。子どもたちが、これらの24冊の候補絵本を読んだり、読み聞かせを聞いたりして、さらに最もすばらしいと思う絵本に投票します。これから、担任や図書館担当教員、図書館司書の教員が機会を見つけて読み聞かせを行います。


第3銀行さんから銀行やお金について学ぶ

 今日は、6年生を対象にした『金融機関の役割とお金の大切さ』について、校区内にある第三銀行の亀山支店長さんをはじめ、たくさんの行員さんに教えていただきました。報道機関(三重テレビ・ZTV、各新聞社)が取材に来ました。放映時刻につきましては、本日の配信メールでお知らせしました。早速、三重テレビは今晩放映予定です。
 日本の銀行の歴史や役割、そして、お金の大切さについて詳しくていねいに説明をしていただきました。銀行員になって、よかったことや苦労なども教えていただきました。どんな職業であっても、人から信頼を得ることが最も大切であることを強く言われました。
 最後に、お金を上手に使うことや、たとえ小額であっても、個人的にお金の貸し借りをしないこと、また、お金では買えない大切なものは何か?など、人間の生き方にふれる深いお話もされました。銀行業務中にも関わらず、本校6年のために時間をつくっていただいたことに感謝申し上げます。
話は変わりますが、3学期初めての給食は、「牛乳、麦ご飯、黒豆の煮豆、だてまき、みそ雑煮」でした。お正月に食べる日本の伝統料理を味わいました。おうちに帰ったら、給食の話題も一つに加えてください!

 

3学期始業式

本日、新春の柔らかな光がさす中、子どもたちが登校し3学期の始業式を行いました。始業式ではこのようなお話をしました。
『冬休み中は、学校は大変静かでしたが、今日からみなさんの元気な姿が学校に戻ってきました。冬休みは、楽しい思い出が作れましたか。親戚のおうちへいったり、家族で旅行したり、初詣で神社に出かけたり、地区行事に参加したり・・・・。
ただ、冬休みの間は、いつもの早寝早起きできなかったり、朝ごはんを決まった時間に食べなかったりということがあったかもしれません。今日からは、規則正しく生活を心がけましょう。
さて、皆さんは新年のめあてを立てたでしょうか?新年の決意や目標などを立てた子どもたちが多くいることと思います。その際、目標は、あまり大きなものや漠然としたことでなく、小さくてもいいので、具体的でちょっと努力すれば実現できるものをいくつか(できれば多く)立てるといいと思います。目標を立ててそれに向かって努力をしてほしいと思います。
6年生は、卒業まで学校へ来る日が50日ほどになりました。1日1日を大切にして学校生活を送ってください。』
また、図書館担当教員から絵本を紹介しました。「日本絵本賞読者賞」に、全国学校図書館協議会が優れた絵本として24冊の候補を選定したものです。子どもたちが24冊の候補絵本の中から、さらに読者が最もすばらしいと思う絵本に投票します。

平成29年亀山市成人式

 今日、1月8日(日)は平成29年亀山市成人式が行われまして、今年も来賓として参加する機会に恵まれました。新成人になられたのは、平成8年~9年に生まれた方で、456人います。今から8年前に、市内各小学校を卒業された皆さんです。
 今年は、暖冬が続いていますので、柔らかな暖かい日和となることを期待しておりましたが、あいにく昼前から雨足が強くなりました。でも、式典は、新成人となる14人の成人式実行委員の皆さんの計画・運営のもと、静寂な中にも心温まる成人式の式典でした。本校のPTA保護者様の中にも、お子様が成人式を迎えられた方がおみえのことでしょうね。誠におめでとうございます。
 亀山市長さんの祝辞、新成人の言葉、親代表の言葉、恩師からのビデオレターなど、会場全体が新成人の皆さんをお祝いする雰囲気が満ち満ちていました。参加した新成人の話を聞く態度も非常によかったと思います。今後とも、亀山市を担う新成人の皆さんのますますのご健勝とご活躍を期待しております。本日は誠におめでとうございます!