5年生新聞特別講義がありました(1月26日)

1月26日(火)5限目に、新聞の記者の方に講義をしていただきました。

内容として、

1.新聞記者になったきっかけ

2.仕事内容

3.伊勢志摩サミット

以上の3つのことを学びました。

記者の方からのメッセージとして、

「自分の目で見て、考えること」

「情報は、すべて正しいということはない」

「想像力をもち、相手の気持ちに寄り添うこと」

「信頼関係を大切にすること」

を子どもたちに伝えていただきました。

 

これからの時代、多くの情報にあふれた中で子どもたちは大人になっていきます。今日の講義を忘れずに、正しく情報と向かい合ってほしいと思います。

 

「おはなし隊」キャラバンカーが来ました(1月19日)

1月19日(火)に、講談社の「おはなし隊」キャラバンカーが来て、子どもたちは読書を楽しみました。

思い思いの本を選び、子どもたちは夢中になって読んでいる姿が見られました。

また、読み聞かせを楽しみ、みんなが1つの絵本の世界に入りました。同じ絵本を見ても、1人ひとり感じているものは違うことでしょう。

今日を境に、より本に親しみを持ち、自分の世界をひろげていってほしいなと思います。

なわとび集会をしました(1月16日)

1月16日(土)に、児童会によるなわとび集会を開催しました。

司会進行を児童会がつとめ、縦割り班で団結して楽しむことができました。

1位の班は、7分間で

398回もとぶことができました。

また、ミスをした友達を責めることなく、

「大丈夫だよ」

とやさしく伝えていたり、大きな声で回数を言ったり、高学年が入るタイミングをつかむことが難しい低学年の背中をやさしく押したりしている姿が見られました。普段の授業では、見ることのできない子どもの姿を見ることができました。

でか書道に取り組みました。(3年生)

1月13日(水)、地域にお住まいの書家を招いて「でか書道」に取り組みました。

あらかじめ家族と相談して文字や言葉を決め、3種類の中から子どもたちが選んだ書体で書きました。

一人ずつていねいに指導してもらい、ときには手を取って助けられながら作品を書き上げることができました。

作品を仕上げたあと、先生に印を押してもらい、でき上がりました。