久しぶりの学校、そしてこの日が最後の日 修了式・離任式行われる

3月25日に、子どもたちが久しぶりに登校しました。教室にランドセルを置いて、すぐに運動場でボールをけったり、走ったりして、遊ぶ子どもたちの姿がありました。

 新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、政府の要請を受けて、亀山市でも3月2日から小中学校等が一斉休校となり、先日の卒業式とこの日の修了式・離任式が子どもたちにとって、今年度最後の登校となりました。

 体育館では、上の窓と下の通気窓を開けて、換気を良くしました。また、児童らはマスクを着用して、1メートルほど間隔をとって座りました。

修了式では、校長先生のお話を聴いた後、生徒指導担当から春休みの生活についてのお話がありました。新型コロナウイルス感染症のことが心配な時期ですが、健康に気をつけて過ごしてほしいというお話がありました。

 修了式後の離任式では、6名の先生方が離任されるということで、先生方一人ひとりからご挨拶をしていただきました。その後、代表の子どもたちが離任される先生に花束を贈りました。最後にピアノ伴奏に合わせて、「ふるさと」を歌いながら、子どもたちのお見送りの中を退場しました。子どもたちの中には涙を流している子もいました。

4月に着任される新しい先生方と力を合わせて、みんなが楽しい亀山南小学校にしていってくれることを期待しています。

 

 

 

 

 

 

卒業式行われる

晴天で、暖かい天気となった3月19日に亀山南小学校の卒業式が行われました。

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、3月2日から学校は休校となっておりましたので、卒業生の皆さんは久しぶりに登校しました。

6年生教室に入った卒業生13名の皆さんは、久しぶりに出会った学級の仲間と、楽しそうに会話していました。担任は、卒業生の皆さんの様子を見て、「会話したり、卒業アルバムにサインを書きあったりする姿を見て、この13人の6年生の仲間で過ごせることが本当に楽しいんだなと感じました。」と感想を述べていました。

卒業式は、卒業生、卒業生の保護者、PTA会長と教職員の参加で行われました。

卒業生の皆さんは、卒業証書を受け取る前に、自分のこれからの目標や夢などを宣言してから、卒業証書を受け取っていました。

教育委員会告示やお祝いメッセージは体育館内掲示板に掲示され、来賓祝辞や来賓紹介はありませんでした。在校生による別れのことばもなかったので、職員合唱「ふるさと」をサプライズで披露しました。卒業生の皆さんもよかったら一緒に歌ってくださいとよびかけたら、卒業生の皆さんも一緒に歌ってくれました。笑顔で歌っている卒業生もいて、うれしく思いました。

最後の卒業生合唱は、ずっと練習していなかったのに、とても素敵なハーモニーの合唱でした。職員の方々が「卒業生合唱とてもよかったですね。」と式後に職員室で会話していました。

4月からは中学校に進学するみなさんのこれからのご活躍を期待しています。

ご卒業、おめでとうございます。