学校にもお化けが・・・

年間を通じて児童の生活の中にはいろいろな行事があります。今日はその一つ「ハロウィン」です。そのことを児童たちに伝えるため、図書館ボランティアさん達が作ってくださいました。少し前まではあまりなじみのなかった行事でしたが、仮装やカボチャの「ジャック・オー・ランタン」と共に広がってきました。図書館にも「ハロウィン」を取り上げた本もあります。また、外国語の時間にALTから「トリック・オア・トリート」の発音・意味やアメリカでの行事の様子を教えていただきました。(ちなみに「ハロウィンとは」毎年10月31日に行われる、古代ケルト人が起源と考えられている祭りのこと。もともとは秋の収穫を祝い、悪霊などを追い出す宗教的な意味合いのある行事であったが、現代では特にアメリカで民間行事として定着し、祝祭本来の宗教的な意味合いはほとんどなくなっている。(Wikipediaより))

4年生全員そろって出発!

出発式を終え、全員そろって伊勢志摩方面(鳥羽水族館・おかげ横丁・おはらいまち)への社会見学に出発しました。少し天気が気にはなりますが、鳥羽水族館・おかげ横丁・おはらいまちいずれも、児童自身が考えて行動することが多く計画されています。きっと、児童自身得るものの多い体験となることでしょう。

公開デー ありがとうございました

公開デー2日目を行いました。今日も40名弱の家族の方が、児童の学校での様子を見に来てくださいました。その一部を紹介させていただきます。子どもたちも、この2日間いつもとは違う心持ちで学校生活を御くっちたことと思いますので、今日の様子などを聞いてあげてください。

2日間 教育懇談会・公開デーありがとうございました

好評な教育懇談会

中部学院大学短期大学准教授 堀 建治先生に演題「子どもの『上手な』ほめ方、叱り方~どんな子どもに育ってほしいですか?~」 でお話しいただきました。実は先週の24日(金)には、神辺保育園でも同じ題名で講演いただいたようですが、内容は小学生の保護者の方向けに変更していただいたようです。終了後のアンケートにも「とても良かった」「自分の子育ての反省すること、自信を持っていいこといろいろ気付かせていただきました」「まず、子どもの話を聞くということの大切さがわかりました」「ほめ方、叱り方について具体的な例をあげて話していただけて、内容がとてもよくわかった」「子ども一人を一人の人間として認めてあげて、たくさんほめてあげたいと思います」など、たくさんの感想をいただきました。ご参加ありがとうございました。

公開デーありがとうございました

授業の様子を参観いただきありがとうございました。明日も公開デーですので違う学習の様子もご覧ください。

教育懇談会にご参加ください

明日、5限目の授業参観の後教育懇談会を行います。(14:00~16:30)

日程は
開会の挨拶、亀山市への予算要望

公演会 演題「子どもの『上手な』ほめ方、叱り方」
~どんな子どもに育ってほしいですか?~
講師 中部学院大学短期大学部 准教授 堀 建治先生

まとめ等、閉会の挨拶

ふるってご参加ください。
※ 駐車場は、体育館北側サブグラウンドと運動場の校舎側をご利用ください。

芸術の秋 美術編2

亀山市児童生徒美術展に向けて各学年の作品できあがってきました。1年生は「はなさかじいさん~おくらのスタンプではなをさかせたよ~」、5年生は「静物画 おもちゃかぼちゃ」を紹介します。

うまくなってきました

給食終了時の言葉かけや代表委員会での説明など、後期児童会役員も仕事に慣れ、全体の進行や会の運営がうまくなってきました。これからは一層、児童会で考えたことが全児童にうまく伝へ、全児童が心を一つにして活動できるように頑張りましょう。

雨上がりを利用して

掃除の時間に、1~6年生の教室掃除以外の児童で、しばらく行っていなかった運動場の草抜きを行いました。あまり大きな草はありませんでしたが、頑張って抜くと一学年でバケツ一杯になりました。

今日のお話は

「へんしんとびばこ」「すてきなすてきなアップルパイ」を給食後に図書館で、ボランティアの方に読み聞かせをしていただきました。低学年を中心に図書館へ通っていました。